さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


2019年12月27日

ホテルオークラ札幌が館内全体で釧路の魅力を発信する1カ月。令和初の年明け 1月からは「釧路フェア」を盛り上げる


中国料理 桃花林の「広東美食紀行」
阿寒モルト牛、ふかひれ、野菜に苺と多彩な食材を味わえるディナーコースだ(¥8,600)


レストランでの地場産品を使ったアレンジメニューの提供などを通じて、道内各地域の魅力を発信する月替わりの催し「北海道を食べよう」を展開しているホテルオークラ札幌(宮崎誠社長)。元号が令和に改まって初の年明けとなる1月からは「釧路フェア」を開催する。釧路市をテーマにするのは2018年7月以来2回目。今回は食に関連する事柄以外にもさまざまな企画を用意し、ホテル全体で釧路市の魅力をアピールする。

  続きを読む


2019年12月23日

ホクレン創立100年を機にオリジナルアニメ「from North Field」を制作。12月19日よりYouTube配信


ホクレンのオリジナルアニメ「from North Field」のビジュアル

ホクレン農業協同組合連合会(本所札幌、内田和幸代表理事会長、以下ホクレン)は、若いホクレン職員を主人公に生産者との交流や農業に向かう熱い姿勢などを描いたオリジナルアニメーション「from North Field」の動画配信を、12月19日よりYouTubeで開始した。   続きを読む


2019年12月19日

豊かなオホーツク海の恵み、牧場や大自然の恵みが盛り沢山。札幌市での「興部町物産展」が大賑わい


興部町物産展の会場(12月17日、ホテルポールスター札幌入口)。興部町産の醗酵バターといった珍しい商品も並ぶ売り場に、来場客は興味津々だった

(一社)おこっぺ町観光協会は12月17日・18日の2日間、ホテルポールスター札幌入口に特設会場を設置し、興部町物産展を開催した。その初日の昼12時頃には、毛ガニが完売になるなどイベント開始早々から盛況振りを見せ、売り子を務める観光協会職員らは地元の食に対する札幌市民や観光客の関心の高さに、大きな手応えを感じているようだった。
  続きを読む


2019年12月17日

国内最大規模誇る道産牛乳・乳製品催事「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」の説明会がセンチュリーロイヤルホテルで開催


説明会の会場で紹介された「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」の道産乳製品ラインナップ

「ミルクランド北海道」運動などを展開している北海道牛乳普及協会とホクレンは、札幌で34回目、帯広では32回目を数える「ミルク&ナチュラルチーズフェア2020」の開催概要説明会を12月16日、札幌市中央区のセンチュリーロイヤルホテルで実施した。
  続きを読む

2019年12月14日

北方ジャーナル2020年1月号




12月14日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】道警不祥事から考える〈37〉

元警部補、13年後の再犯
性被害訴える女性に二次被害
不起訴処分には「不当」議決



《本件不起訴処分は不当である》。検察の処分を検証する第三者機関がその議決に到ったのは、2019年11月のことだった。審査されていたのは、前年の9月に起きた建造物侵入事件。容疑者の現職警察官(当時)は、別の事件で被害を訴える女性が夫とともに経営する飲食店を訪ね、30分間以上にわたって恫喝まがいの言動を繰り返したという。彼が事件捜査の対象になったのは、その時が初めてではなかった――。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】新ひだか町発・新しい「アイヌの英傑像」に噴き出す批判【その3】

シャクシャイン顕彰会の土肥伸治会長に訊く
彼らは新しい像でアイヌの
英傑を汚し民族を分断した



かつてのアイヌ民族の英傑、シャクシャインを顕彰した像を2018年の秋、新ひだか町(大野克之町長)が解体撤去し、NPO法人新ひだかアイヌ協会(大川勝会長)が新しい像を建立した問題の続報だ。先月号では役場や同協会関係者への取材を通し、長年にわたって主体性を欠いた町の動きが関係者の軋轢を深めたことを主にレポートした。だが、役場や同協会側の釈明にシャクシャイン顕彰会の土肥伸治会長は黙っていない。11月下旬、記者は本人を直撃しインタビューを試みた。問題の本質は果たしてどこにあったのか──。 (本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】首相批判封殺の波紋⑤

「警官の犯罪、責任は警察に」
首相演説野次排除問題、法廷へ
道警「事実確認」6カ月め突入



「何も喋らないんだったら、こっちからはたらきかけるしかない」。参議院議員選挙で首相の応援演説に野次を飛ばした人などが警察に“排除”された問題で12月初旬、当事者の1人が北海道警察に損害賠償を求める裁判を起こし、併せて現場の警察官たちを刑事告訴した。問題発生から5カ月が過ぎる今も道警の「事実確認」が続く中、問題は法廷に持ち込まれ、排除の適正性が司法の場で問われることになる。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】冤罪被害・問われる不当捜査

公然監視、無断撮影、無賃乗車…
冤罪男性、不当捜査に賠償請求
刑事裁判では論告のやり直しも


警察官は、2時間以上にわたってつきまとい続けたという――。まったく身に覚えがない事件で捜査の対象になった男性は、脅迫の容疑者として起訴された。1年あまり続いた裁判では潔白が証明され、捜査機関も矛を収めたが、警察も検察も未だに謝罪の言葉を口にしていない。のちに北海道を相手どり損害賠償を求めることになった男性は、強い憤りとともに訴える。「彼らに事件捜査を手がける資格はない」。(小笠原 淳)


  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)バックナンバー

2019年12月11日

オープンして17年のニュークラブ。色褪せない魅力「クラブ レオーネ 」の藤咲百合嬢を取材


ちょっと天然系の藤咲百合ちゃん

14日発売の本誌、北方ジャーナル1月号「SUSUKINO PICKUP GIRL」にクラブ レオーネの藤咲百合嬢が登場。
入店して2年目の21歳。ご覧の通りの美人さんで性格も素直な女の子でございました。是非、本誌やお店で彼女をチェック!

特別に彼女へのインタビューを公開しちゃいましょう。  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 17:45Comments(0)ススキノ

2019年12月09日

北海道ゆかりの米国クラフトビール「ブルックリン ソラチエース」。12月9日、「タップ・マルシェ」の新ラインナップに


「タップ・マルシェ」での新規展開で、さらなる拡販が期待される「ブルックリン ソラチエース」

キリンビールは12月9日より、飲食店で展開しているクラフトビール専用の商品選択式小型サーバー「タップ・マルシェ」で、米国クラフトブルワリーの草分け的存在であるブルックリン・ブルワリー(本社ニューヨーク)が手掛ける「ブルックリン ソラチエース」を新発売する。同クラフトビールは1984年に北海道空知郡で開発されたホップの品種「ソラチエース」を原料にした、北海道にゆかりの深い商品。同日には札幌都心部のイベントホールで、商品解説や道内でのクラフトビール戦略に関する発表会も行なわれた。  続きを読む


2019年12月07日

創業の店を一新したもりもと「千歳本店」が12月9日にオープン。森本真司社長の最推しスイーツは?


新しくなった千歳本店は、同社の“フラグシップ”店という位置付けだ

北海道スイーツの牽引役とも言える製菓製パン大手のもりもと(本社千歳市)は、創業時から地元で親しまれてきた千歳本店を新築リニューアル。12月9日にオープンする。
これに先立つ12月6日には、取引先や行政・報道関係者などを招待したオープンセレモニーを実施。ここで森本真司社長は、数多ある同店こだわりの商品の中で、「特にお薦めしたい」とする3品を紹介した。
  続きを読む


2019年12月05日

サッポロビール自信作の新ジャンル「サッポロ GOLD STER」

サッポロビールは12月4日、新ジャンルの大型新商品「サッポロ GOLD STER」を2月4日より全国発売することを発表した。
この商品は同社が誇るビールの二大ブランド、「黒ラベル」と「ヱビス」の技術と信念を注ぎ込んで開発したという、まさにサッポロビールの象徴とも言える新ジャンル。キャッチコピーでは「すべてのうまさを、過去にする。」と謳っている。


2月4日より発売する「サッポロ GOLD STER」
  続きを読む


2019年12月04日

クリスマスを控える12月。ホテルオークラ札幌で1日から、広尾町に焦点を当てた「ひろおサンタランドフェア」を開催


左:レストラン コンチネンタルの「ひろおサンタランドランチ」より
〈手前〉ひろおジビエ蝦夷鹿肉の軽いスモーク
〈奥〉広尾町産花豆といなきび入りトマトスープ
右:中国料理 桃花林の「楊貴妃ランチ~広尾町から~」より
〈手前〉広尾前浜産かじかと広尾町産いなきび入りスープ
〈奥〉広尾前浜産ししゃものチリソース仕立て


12月1日から同月末までの1カ月間、ホテルオークラ札幌(宮崎誠社長)では日本で唯一サンタクロースの故郷ノルウェーから認定された「サンタランド」があるまち、広尾町の食の魅力にクローズアップした「ひろおサンタランドフェア」を開催中だ。
同ホテルではかねてより月替わりで、オリジナル料理の提供などを通じ北海道のさまざまな地域が持つ魅力を伝えるフェア「北海道を食べよう」が好評を得ているが、その始まりは2010年9月に実施した「広尾町『十勝港』秋の味覚フェア」から。広尾町をテーマにした同ホテルのフェアは今年で10年目を迎える。
  続きを読む


QRコード
QRCODE