さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ

2019年11月15日

本日発売!北方ジャーナル2019年12月号




11月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】新ひだか町発・新しい「アイヌの英傑像」に噴き出す批判【その2】

シャクシャイン像の喪失を
生んだ行政の「怠慢と責任」

安易にアイヌ協会に傾斜した町役場



かつてのアイヌ民族の英傑、シャクシャインを顕彰した像を昨秋、新ひだか町(大野克之町長)が解体撤去し、新ひだかアイヌ協会(大川勝会長)が新しい像を建立した問題の続報だ。本誌報道後、日刊紙の地方版に「町内のアイヌ民族団体の間でぎくしゃくが続いている」という内容の記事が掲載された。だが問題の根底に見えてきたのは像の所有者である同町の大きな責任、そしてアイヌ協会への安易な傾斜だ。取材に役場とアイヌ協会は、どう答えたのか──。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈36〉

「目立たない奴だった」
下着盗撮の警官に窃盗の余罪
処分は免職、身柄は拘束せず



10月末、北海道警察の男性警察官が懲戒免職となった。7月中旬に下着盗撮の現行犯で逮捕された彼はその後、ほか複数回の盗撮と住居侵入、窃盗の疑いでも捜査されていたという。一連の不祥事は札幌市内と胆振管内で起きていたが、事件は懲戒処分の直後に函館の検察庁へ移送された。警察本部の執行隊に勤める精鋭は、新人のころから「目立たないキャラクター」だったという。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】函館消防・不正手当問題〈5〉

議会説明に矛盾発覚
函館消防、職員2人処分済み
地元紙は『日誌』新疑惑指摘



時間外勤務手当の不正支給について9月までに調査結果をまとめた函館市消防本部が、結果を報告する市議会で事実と異なる説明をしていた疑いがある。同本部は不正などに関係した職員の処分を市総務部に委ねるとしたが、一部の職員については議会招集前に独自に処分していたことがあきらかになった。11月に入ってからは地元紙が不自然な勤務記録を報道するなど、改めて内部調査のあり方に疑いの眼が向けられている。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】首相批判封殺の波紋④

少なくとも9人が――
野次排除、まもなく4カ月
説明求め続ける当事者たち



本誌9月号から報告を続けている、参院選期間中の首相演説野次排除問題。日中の公道で一般市民の表現の自由を侵害した警察は、3度にわたった議会答弁で事実説明を避け続け、各方面からの問い合わせにも未だ明答を返していない。対照的に、排除された当事者らは事後も抗議の声を挙げ続け、10月下旬には札幌市内で市民集会を開催、改めて警察に謝罪などを申し入れた。その日――7月15日の札幌で、少なくとも9人が“被害”に遭っていたという。(小笠原 淳)

  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)お知らせ

2019年11月13日

【北見市発】日本一のタマネギを支える北見通運


北見通運が導入した積載量1.5倍の新トレーラー

北見市の物流老舗・北見通運(舛川誠社長)は、生産量日本一を誇るまちの特産品タマネギの選果場への輸送が活発化する時期に合わせて、従来の1・5倍となる18基のコンテナを積載可能な新トレーラーを2台導入し、10月7日より運用を開始。タマネギ輸送の効率化に寄与するこの取り組みは日刊紙でも大きく紹介されたが、同社は今年春に同市西相内地区でJAきたみらい(本所・北見市、西川孝範組合長)が建設した国内最大規模のタマネギ集出荷選別施設においても運営管理全般を受託。また同社は圃場集荷も行なっていて、畑から選別、箱詰めを経て消費地まで至るタマネギ流通の一連の行程を一手に担うことで、北見産タマネギの商品価値向上に長年にわたり大きく貢献している。  続きを読む
タグ :北見市


Posted by 北方ジャーナル at 08:45Comments(0)

2019年10月15日

北方ジャーナル2019年11月号




10月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】新ひだか町発・新しい「アイヌの英傑像」に噴き出す批判

新シャクシャイン像は
民族分断のシンボルか


浮上した「町とアイヌ協会の二人三脚」



かつてのアイヌ民族の英傑、シャクシャインを顕彰した像を昨秋、所有者である新ひだか町(大野克之町長)が解体撤去し、新ひだかアイヌ協会(大川勝会長)が新しい像を建立した問題が地元でくすぶっている。かつて全道のアイヌ関係者の総意の下で建てられたシャクシャイン像は、なぜ葬られることになったのか。見えてきたのは町役場とアイヌ協会による「二人三脚」の構図だ。マスメディアが触れないこの問題の深層とは──。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】首相批判封殺の波紋3

「事実確認」3カ月――

議会答弁で法的根拠示せず
野次排除、道警の沈黙続く



「事実確認を継続中です」「中立性に疑念が抱かれたことは残念」「今後とも不偏不党かつ公平中正に」――。7月中旬に札幌で起こった、首相演説野次排除問題。その後3度にわたって議会に呼ばれ質問を受けた警察幹部らは、アナログレコードの針が飛んだような答弁をひたすら繰り返すことになる。問題が発生してから、まもなく3カ月。当事者らが声を挙げ続け、また第三者の告発や抗議声明なども続く中、強制排除の法的根拠は今もって示されないままだ。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】函館消防・不正手当問題〈4〉

「組織ぐるみ」飽くまで否定

不正支給額1200万円超
函館消防・夜間勤務の85%で



調査の結果がまとまるまで、不正の告発から半年以上の時間が費やされた。本誌6月号で初めて報じた、函館市消防の時間外手当不正受給問題。同市消防本部は9月末、内部調査の結果を報道発表、翌10月1日には消防長ら幹部職員が議会報告に臨んだ。明かされた金額は、計1200万円あまり。だがそれは飽くまで書類で裏づけられた事実に過ぎず、不正の全貌は確認不能のまま幕引きを迎えることになった。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】迷走する「北8西1市街地再開発事業」

地権者の合意形成ないまま
札幌市が再開発組合を認可


コンサルとゼネコンが主導する暴走開発?



JR札幌駅北口近くの「北8条西1丁目市街地再開発事業」(約2ha)に暗雲が漂っている。当初計画から変更が繰り返され事業収支がはっきりしないまま、しかも待ったをかけた地権者がいる中で準備組合から公的団体として責務を持つ「市街地再開発組合」(田中重明理事長)に移行したからだ。この事態を受け、地権者の関係者は札幌市議会に10月下旬にも再開発事業の見直しを求める陳情書を提出する予定で、受理されれば市議会で事業の妥当性が審議されることになる。合意形成なき再開発事業の暴走──。全国的にも異常な事態が「北8西1」で起こっている。(佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)バックナンバー

2019年10月11日

次号11月号のススキノ企画ではラウンジ・ダリが登場


オープン3周年になるラウンジ・ダリ

本誌のススキノ企画でラウンジ・ダリを取材。
左がママの優木杏那さん、右がホステスの三条美希さん。居心地のいい空間とご覧のような美人さんによる円熟のおもてなし。
面倒見のいい優木ママと新人で初々しい三条さんの仲の良さが印象的。

次号の北方ジャーナルの宣伝だろうって? いえいえ取材した実感でございます。(く)  

Posted by 北方ジャーナル at 12:26Comments(0)ススキノ

2019年09月24日

だて歴史文化ミュージアムで待望の“伊達政宗”特別展


「伊達政宗と伊達成実展 ─ともに駆け抜けた時代─」のパンフレット

縄文文化にアイヌ文化、そして仙台藩亘理伊達家中の移住によりもたらされた武家文化。さまざまな文化が花開いた伊達市の歴史を、貴重な文化財と共に紹介している、今年4月に開業した「だて歴史文化ミュージアム」。同施設で初めて、「独眼竜」の異名を持つ人気戦国武将・伊達政宗に焦点を当てた特別展「伊達政宗と伊達成実展 ─ともに駆け抜けた時代─」を、10月4日から12月1日まで開催する。  続きを読む


2019年09月14日

北方ジャーナル2019年10月号




9月14日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。


【報道】首相批判封殺の波紋2

「事実関係を確認中です」
野次排除、沈黙続ける道警
デモ無断撮影は「適正」主張



本誌前号で報告した、首相演説の野次排除問題。対応の適正性や排除の要件を問われている北海道警察は、その日から1カ月以上が過ぎてなお沈黙を貫き続け、「事実関係を確認中」と繰り返している。当事者らが起こした抗議デモでは、警察官が参加者を無断撮影するという新たな“事件”も発生、さらなる激しい抗議を招いた。もしも「時間が解決する」と高を括っていた警察幹部がいるとしたら、その読みは甘かったと言わざるを得ない。当事者の声が鎮まる兆しはないからだ。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【原発】“核のゴミ”レポートPART10 幌延の研究期間「20年程度」を反故にする原子力機構

「道民は騙されたのか」
「核のゴミ」処分研究施設の
延命図り露骨な協定違反



道民や自治体との約束を守れない組織は信頼を失い、疑念や不安をより深めていく──。道北の幌延町で“核のゴミ”処分研究を進める日本原子力研究開発機構は8月2日、研究期間を「20年程度」としていた約束を反故にして、最低でも10数年ほど延長する方針を固め、関連協定の当事者である北海道と幌延町に提案した。しかし、この町の原子力関連施設問題には約40年におよぶ経緯があるだけに、「研究施設の周辺地域がなし崩し的に最終処分場にされるのでは?」との道民の疑念は今も消えていない。今回の計画案の周辺と深層を探った。(ルポライター・滝川 康治)

----------------------------------------------------------------------

【報道】札幌の宇奈整骨院が保険金詐欺で摘発された理由

「交通事故関係の患者と
グルなら何でもできる」



被保険者が病気やケガ、死亡したと見せかけて多額の保険金を騙し取る詐欺事件が後を絶たない。今回報告する事例は札幌の整骨院を舞台にしたものだ。「交通事故専門」「元警察官」を売り文句にして患者を集めていた柔道整復師が7月下旬、詐欺の疑いで道警に逮捕されている。周辺を取材して浮かび上がってきたのは、患者集めのために違法な看板を林立し、患者とグルになって保険会社を騙していた悪質極まる手口だ。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】互助会最大手で組合潰しの疑い

「正社員」1%未満――
冠婚葬祭大手ベルコで労使問題
雇用契約せず使用者責任逃がれ



会員から事前に掛金を預かって葬儀などを引き受ける冠婚葬祭互助会。その最大手にして創立半世紀を迎えた業界の雄が今、労使問題に揺れている。北海道の従業員が初めて労働組合を立ち上げた直後、関係者らが軒並み“解雇”される事態が起きたのだ。典型的な「組合潰し」と言ってよい対応だが、のちに司法と行政の場で問われた争いで、驚くべき事実が明かされることになる。即ち、社員は「社員」に非ず――。(小笠原 淳)  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)バックナンバー

2019年09月13日

サッポロ、アークスが黒ラベル「花火缶」を通じシマフクロウ保護


寄付金目録贈呈後の記念撮影(左から横内龍三・北海道シマフクロウの会理事長、猫宮一久・ラルズ社長、住吉徳文・サッポロビール博物館館長)

国内ビール大手のサッポロビール(髙島英也社長)と同スーパーマーケット大手のアークス(横山清社長)は連携して、絶滅危惧種に指定されている天然記念物で北海道を象徴する鳥でもあるシマフクロウの保護に寄与する活動を実施。4月22日から6月30日まで北海道及び北東北のアークスグループ330店舗で、1缶販売するごとに1円をNPO法人北海道シマフクロウの会への寄付金に充てる限定商品サッポロ生ビール黒ラベル「花火缶」(350ml)を販売した。
この取り組み終了からおよそ2カ月が経過した9月11日、両社は同NPOが事務局を置く札幌市中央区の北海道二十一世紀総合研究所で、「花火缶」の60万本販売に伴う寄付金60万円の贈呈式を行なった。  続きを読む


2019年09月11日

パチンコ業界団体、すすきの観光協会らがゴミ拾いボランティア


実施に先立つ開会式の様子

パチンコ・パチスロの業界団体と(一社)すすきの観光協会(大島昌充会長)、そして豊水地区連合町内会は共同で9月9日、すすきの地区及び中島公園内のゴミ拾いボランティアを実施した。この活動は今回で7回目。  続きを読む
タグ :すすきの


2019年09月01日

五感で愉しむ大人スペース、ギャラリーカフェ ルーシー


瀟洒な外観が人目を引く「ギャラリーカフェ ルーシー」

 さる5月中旬、札幌市内の西区山の手にオープンしたユニークなカフェが人気を博している。その名は「ギャラリーカフェ ルーシー」。カフェを中心にギャラリー、アパレルショップなどを備えた複合的な店舗で、建物はブラウンを基調にした外観の2階建て。お洒落なうえ飲食メニューも充実していることもあり、地元の女性客などに喜ばれている。

  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 14:45Comments(0)

2019年08月13日

北方ジャーナル2019年9月号




8月13日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】首相批判封殺の波紋

「安倍辞めろ」をやめない
首相への野次を警察が排除
“被害者”らは抗議デモ計画


参議院議員選挙の投開票を1週間後に控えた7月半ば、札幌中心部で“事件”は起きた。与党候補の応援演説に立つ安倍晋三総理大臣に「辞めろ」「帰れ」と投げかけられた声。そこに「増税反対」の叫びが続き、また疑義を綴ったプラカードが掲げられる。日中の公道で言論・表現の自由を行使したその人たちは、たちまち警察官に取り押さえられ、演説の場から遠ざけられた。不意の暴挙に憤り、あるいは恐怖した彼らは、異口同音に訴える。「なぜ声を挙げただけでこんな目に」――。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【政治】2019参院選を総括する

道内は高橋、勝部、岩本で決着
見えない民意。全国投票率は過去2番目の低さ



道知事選や自治体首長選などから続いた選挙イヤーの最終盤、参院選の勝敗が7月21日夜、決した。17日の選挙期間中、選挙区候補は全道で、比例代表の候補は全国を駆け回り舌戦を繰り広げた。(髙橋貴充)

----------------------------------------------------------------------

【報道】釧路発・そこにある不適切捜査

窓外に警官「普通じゃない」
釧路署が私有地に無断侵入
所有者無視して車輌捜査


釧路警察署で本年3月、複数の警察官が無令状で住宅の敷地内に侵入し、住人を無視して駐車中の車輌を無断捜査する“事件”があった。警察を監督する公安委員会に苦情が寄せられたことで問題が発覚したが、釧路署が事実を認めて住人に謝罪したのは、1カ月以上後のこと。その後、複数の知人から同様の体験を聴くことになった住人は「こんなことでは警察に協力する気になれない」と、不信感を顕わにしている。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】医療現場で散った命7

真摯に謝罪し、改善を――
新人看護師の遺族が病院を提訴
国は労災認め、職場は過労否定



新人看護師の過労自殺をめぐり遺族が国を訴えていた裁判で昨年10月、国が当初の労基署決定を撤回し、改めて労災を認める異例の判断に到った(昨年12月号既報)。これを受け、勤務先だった病院に謝罪や再発防止を求めていた遺族は今春、病院側の“ゼロ回答”に直面することになる。「安全配慮義務違反はなかった」――。裁判手続きを仄めかしさえした病院の対応に、遺族は再び立ち上がることを決めた。悲劇からすでに6年以上、闘いはまだ終わっていない。(小笠原 淳)

  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)バックナンバー
QRコード
QRCODE