さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ

2019年04月15日

本日発売!北方ジャーナル2019年5月号




4月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【統一地方選】道知事選・札幌市長選に表れた民意を読む

知事選で圧勝の鈴木直道に
問われる「道民目線」の真贋



4月7日夜、今後4年間の道政、札幌市政の行方を占う統一地方選前半の勝敗が決した。16年ぶりの新人対決で全国唯一の与野党一騎打ちとして注目を集めた北海道知事選では、自公などが推す鈴木直道(38)が野党統一候補の石川知裕(45)におよそ66万票差をつける162万1171票を獲得し圧勝。また札幌市長選では与野党から幅広い支持を受けた現職の秋元克広(63)が下馬評通り優勢のまま戦いを進め、共産党推薦の無所属新人・渡辺達生(54)に2倍以上の票差をつける63万4365票を得て再選を果たした。注目候補者の戦いを振り返りつつ、道政・札幌市政の今後を占ってみる──。(髙橋貴充、文中敬称略)

----------------------------------------------------------------------

【提言】新知事への提言

投資を呼び込むリターンを
明確にして先導地域を選べ

北海道大学教授 宮脇淳氏(62)


北海道は前進しているのか、後退しているのか、はたまた足踏みしているのか──。この問いの答えには高橋道政16年間の検証が不可欠だが、新しい知事誕生を機にまずは課題を整理してみたい。国や自治体の財政政策や経済政策、いわゆる公共政策全般に幅広い知見がある北海道大学の宮脇淳教授は、どんな問題意識の中で何を新知事に期待しているのだろうか。 (佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------

【提言】新知事への提言

地理的優位性を踏まえて
いま新しい北方圏政策を

(一社)地域研究工房代表理事 小磯修二氏(70)


北海道経済の研究者として地域の経済政策に深く関わってきた元釧路公立大学学長・地域経済研究センター長で、現在は地域政策プランナーとして一般社団法人地域研究工房(札幌市中央区)代表理事を務める小磯修二氏。元北海道開発庁の官僚から学界に転じた異色の研究者は40数年間に亘って北海道の経済を見つめてきた。その小磯氏が、新知事に求める経済政策とはいったいどんなものだろうか。同氏の提言に耳を傾けてみた。(佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------

【報道】ススキノ貸しビル業大手「桂和商事」が勇み足?

「入居テナントの追い出し」で
老舗が問われた不動産侵奪罪



東北以北最大の歓楽街、ススキノ。この夜の街を支えているのが200棟以上と言われる飲食店ビルとそれらに入居するテナントだ。この両者の関係を考える上で見逃せない事件が起きている。不動産賃貸業大手の桂和商事(本社札幌・武賢樹社長)の貸しビルに入居していた飲食店が司直により退去を命じられたものの、あろうことか大家側が不動産侵奪罪に問われたというのだ。被害を訴えた飲食店関係者によれば、同社は道警による家宅捜索を受け、関係者が札幌地検に書類送致されているという。(本誌編集長・工藤年泰)  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)お知らせ

2019年04月01日

新元号は「令和」。発表直後の札幌市民の反応は?


号外を記念撮影する人々

4月1日、次の元号が「令和」と発表された。これまでの中国古典由来から、今回初めて日本の古典、万葉集由来となった。その意味は「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」。
この新元号を目にした札幌市民の率直な心境は?
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 18:06Comments(0)ニュース

2019年03月27日

アサヒ、北海道限定ハイボールでスポーツ振興


寄付目録贈呈式での記念撮影(門田本部長は右から2番目)

アサヒビール北海道統括本部(札幌、門田高明本部長)は、「ブラックニッカ ハイボール香る夜『世界へ翔け!北海道の未来応援』キャンペーン」を6月1日から8月31日までの3カ月間、道内で展開する。同キャンペーンは、期間中に販売された北海道限定商品「ブラックニッカ ハイボール香る夜」の売り上げ1本につき1円を、道庁が推進している「ほっかいどう未来チャレンジ基金」のスポーツコースに寄付し、世界で活躍するアスリートの育成に注力する若手指導者の支援に充ててもらおうというもの。同様の取り組みはこれまで2回行なっており、2018年11月から2019年1月まで実施した前回の寄付金額は13万6320円となった。  続きを読む


2019年03月25日

【札幌市長選】優勢伝えられる現職秋元にアークス横山社長が忠言


第一声での秋元氏(左)と横山氏

現職で自民・公明・立憲・国民・社民などの支持を受けた秋元克広氏(63)と、共産・自由などが推薦する無所属新人で弁護士の渡辺達生氏(54)との一騎打ちで3月24日、開戦の狼煙があがった札幌市長選。
告示前から優勢が伝えられる秋元氏だが、「勝利間違いなし、というイメージを持たれることで、有権者が投票所に足を運ばなくなり、投票率が下がってしまうということは絶対に避けなければならない」と、連合後援会の共同代表で大手スーパー・アークスの横山清社長(83)は苦言を呈した。
  続きを読む
タグ :札幌市長選


Posted by 北方ジャーナル at 10:50Comments(0)政治経済

2019年03月24日

次号本誌の「SUSUKINO PICKUP GIRL」にガールズバー・チキータのジェシーちゃんが登場予定


帯広出身、21歳のジェシーちゃん

次号5月号の「SUSUKINO PICKUP GIRL」に登場する、ガールズバー「チキータ」のジェシーちゃんを取材してまいりました。

  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 00:30Comments(0)ススキノ

2019年03月21日

【道知事選】胆振東部地震の被災地から声をあげた鈴木・石川両候補


「北海道のピンチをチャンスに変える、その先頭に私を立たせてほしい」と訴えた鈴木候補

3月21日、道知事選挙が告示された。これから広大な北海道を駆け巡る鈴木直道候補(38・無所属新・自公推薦)、石川知裕候補(45・無所属新・野党推薦)の両者が、第一声の場所に選んだのは、昨年9月6日に発生した北海道胆振東部地震で甚大な被害を受けたまちだった。安平町追分本町の「ふれあいセンターい・ぶ・き」前でマイクを握った鈴木、そして厚真町京町の厚真町役場前に立った石川の両候補は、被災地の人々の前で何を訴えたのか。
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 15:58Comments(0)政治経済

2019年03月19日

【道知事選】告示までわずか。鈴木・石川両陣営の集会相次ぐ


3月17日の公開討論会での鈴木(左)、石川両氏

3月21日告示の北海道知事選挙。その戦いの構図は、自公が推す鈴木直道前夕張市長(38)と、革新系野党統一候補の石川知裕元衆議(45)による新人同士の一騎打ちでほぼ固まりそうだ。
告示日を間近に控える3月17日から、知事選関連の集会が相次ぎ行なわれている。両陣営とも遅きに失した感は否めないが、事実上の選挙戦がようやく熱を帯びてきた格好だ。
なお告示日第一声は鈴木氏が安平町、石川氏は厚真町と、いずれも先の北海道胆振東部地震で大きな被害を受けたまちで行なわれる。
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 18:30Comments(0)政治経済

2019年03月15日

北方ジャーナル2019年4月号




3月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】道警不祥事から考える〈33〉

万引き、轢き逃げ、覚醒剤…
懲戒11、監督上の措置127
ʼ18 年道警不祥事、前年比7割増



本誌が定期的に続けている北海道警察への公文書開示請求で2月下旬、昨年“第4四半期”に処分があった不祥事(懲戒処分、監督上の措置)の詳細が開示され、2018年の通年記録が出揃った。処分時点で道警が即時発表したケースは8件に上るが、懲戒処分ではさらに3件の未発表事案があり、懲戒に到らない監督上の措置では全件が未発表だった。万引きや轢き逃げ、覚醒剤事件など深刻なケースが記憶に残る昨年の不祥事を、改めて振り返ってみる。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】性的少数者に法の下の平等を

「結婚の自由、すべての人に」
LGBT当事者が全国一斉提訴
道内3組など、差別解消求めて


全国の同性愛者など性的少数者のカップル13組が2月中旬、婚姻の自由を求めて国を訴える裁判を各地の裁判所に起こした。訴訟を通じ、性的指向による差別の解消や多様な性のあり方への社会的理解を求める目的があり、道内からは3組6人が原告に名を連ねている。憲法が保障する「法の下の平等」に、例外はあるのか――。根源的な問いが、初めて国に突きつけられる。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【特集 2019 統一地方選挙】

未来を誰に託すのか──
問われる候補者の資質と有権者の選択



第19回統一地方選挙がまもなく実施される。地方自治体の首長、議員を選び直す4年に1度の大きな機会だ。北海道では知事選が3月21日(道議選は29日)に、札幌市長選が24日(市議選は29日)に告示され、いずれも4月7日の日曜日に投開票を迎える。そのほかの市町村・議会についても4月14日以降に順次告示され、同21日に投開票となる。全22頁を組んだ今回の特集では、16年ぶりに顔が変わることで注目を集めている道知事選を中心に据え、注目される道議選や首長選をピックアップ。北海道の今後の舵取りについて若手経営者と識者の率直な意見も収載した。昨年に北海道命名150年を迎え、次の時代を展望する段階に入った〝北の大地〟。そんな節目に行なわれる今回の選挙の意義は決して小さなものではない。一票の行方は文字通り地域の行方と言っていい。故郷の未来を誰に託せばいいのか──。本特集が読者の選択の一助になれば幸いだ。

----------------------------------------------------------------------

【統一地方選】“大義ある逆境に挑戦する”真意

鈴木は「官邸の傀儡」か
道民目線のリーダーか



自公の道知事候補予定者・鈴木直道(38)。1999年に高卒で東京都職員となり、働きながら法政大の夜学を卒業。2008年には東京都の行政支援の一環として財政破綻した夕張市に出向し、11年には市長に。だが、まちの舵取りを担うトップの報酬は月額25万円程度。“日本一給料の安い首長”とも呼ばれた中で2期8年を務め、26年度までに悲願の財政再生団体脱却を果たせる見通しも示した。“困難に立ち向かう清貧の若きリーダー”という日本人好みの人物像を地で行く彼が挑む道知事選。はたしてその資質とは──。(髙橋貴充、文中敬称略)

  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)バックナンバー

2019年03月12日

NHKを退職した「森友スクープ記者」相澤冬樹氏が札幌で講演会

講演する相澤冬樹さん(2月26日、札幌エルプラザで)


大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却問題をスクープし、その後NHKを退職したジャーナリスト、相澤冬樹氏(56)。2月末に札幌市内で開かれた相澤氏の「森友問題とNHK報道」と題する講演会を報告しておきたい。「市民自治を創る会」(山口たか代表)などが主催。当日は市民約300人が会場を埋め、関心の高さを伺わせた。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 11:38Comments(0)政治経済

2019年03月11日

雨降って地固まった!? 鈴木直道前夕張市長が知事選に向け事務所開き


今夏参院選の自民候補・岩本剛人道議が音頭を取ったガンバローコール

自公の北海道知事候補・鈴木直道前夕張市長(37)の連合後援会「活力あふれる北海道の未来を実現する会」事務所開きが3月10日午前に行なわれた。地下鉄東西線「西11丁目」駅最寄の南大通ビル東館7階に構えた事務所には、支援者らが大挙して集結。伊達忠一参議、高橋はるみ知事、岩田圭剛道商連会頭といった候補者選考段階のいわゆる和泉派も「決まってしまえばノーサイド」と言わんばかりに鈴木にエールを送り、その彼の傍らには後援会長のニトリHD・似鳥昭雄会長と、擁立のキーマン・吉川貴盛衆議が常に控えていた。

ゴタゴタを経て、形の上ではオール与党結束の体裁を整えた格好の、鈴木陣営事務所開きの様子を写真で紹介する。

  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 10:44Comments(0)政治経済
QRコード
QRCODE