さぽろぐ

新聞・ニュース  |札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ

2023年01月18日

コロナ禍を乗り越え国際雪合戦が4年ぶりに復活! 壮瞥町の昭和新山山麓で2月25、26日開幕へ


激しい攻防に思わず引き込まれること必至

「第34回昭和新山国際雪合戦」(国際雪合戦連合・NPO法人雪合戦インターナショナル主催)が2月25、26日の両日、壮瞥町の昭和新山山麓特設会場で開催される。新型コロナウイルス感染症を理由に2019年を最後に開催を見合せてきた公式大会が4年ぶりに復活。再び精鋭たちが“聖地”に集結し、戦いの幕が上がる運びだ。(く)  続きを読む


2023年01月14日

本日発売! 北方ジャーナル2023年2月号




1月14日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】白鳳寺・御霊堂元町の“遺骨難民事件”を追う②

転売の果てに起きた巨額詐欺
札幌市に問われる納骨堂許可



永代供養を信じて故人の遺骨を預けていた利用者を不安の底に突き落とし、大きな波紋を呼んだ宗教法人白鳳寺(札幌市東区・太田司代表役員)の経営破綻問題。御霊堂元町に残されていた遺骨は12月中旬から希望する檀家へ引き渡されたが、今なお納骨堂には多くの遺骨が残されたままだ。宗教法人を盾にした“納骨堂ビジネス”はいかにスタートし、頓挫したのか。浮かび上がってきたのは、転売の果てに詐欺事件を起こした宗教法人の“黒歴史”だった──。        (本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】首相批判封殺の波紋㉖

再現映像「高度なセンス」
道警提出の動画に関係者ら爆笑
野次排除・国賠控訴審で初弁論



証言台に着いた警察官は“自爆”し、証拠映像が爆笑を呼ぶ――。師走の札幌で幕を開けた、首相演説野次排除事件をめぐる国家賠償請求訴訟の控訴審。昨年3月の地裁判決で完敗を喫した地元警察は、匿名の「ヤフーコメント」を証拠提出するなどで法廷を笑いに包んだ一審に続き、またしても独特の立証活動で関係者らを抱腹させることになる。3年超の闘いを続ける当事者の1人は、感慨深げに呟いた。「本当にギャグセンスが高い…」(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】性的少数者に法の下の平等を⑤

「遠回り」いつまで
当事者が実名明かし陳述
「結婚の自由」訴訟控訴審



4年前のバレンタインデーに幕を開けた裁判は、一昨年春に意義深い判決を得た後、舞台を上級審に移して現在も続いている。この年末には訴訟当事者の1人が初めて顔と名前を晒し、地元の法廷で思いの丈を述べた。「結婚したい気持ちに、異性愛者か同性愛者かの違いはありません」。地裁判決に「勇気を貰った」という6人の一審原告は、さらに踏み込んだ司法判断を求め続ける。誰にも不都合が生じない筈の法改正が実現する日は、いつ訪れるのか。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【環境】双日が毛無山で計画している巨大風力発電の行方

準備書縦覧を前に小樽市議
会が守る会の要望書を採択

市長と議会が事業者にプレッシャー?



大手総合商社双日(本社東京)が小樽市と余市町にまたがる毛無山付近に建設を予定している風力発電をめぐり新たな動きが出てきた。1月末から始まる準備書の縦覧を前に、住民団体「小樽余市の巨大風力発電から自然と生活を守る会」(平山秀朋代表)が小樽市議会に提出して継続審議となっていた要望書が12月26日に採択されたのだ。これに先立つ同21日には平山代表らが迫俊哉市長とも面談し、双日側の準備書に厳しい意見を示すよう求めた。平山代表は「準備書が出る前に議会が要望書を採択したことで、事業者に一定のプレッシャーを与えることになるのではないか」と話している。(武智敦子)

  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)お知らせ

2023年01月13日

1月14日発売の本誌2月号がスタンバイ。今月のトップ記事は白鳳寺の続報「 “黒歴史”の果てに起きた遺骨詐欺」


12日朝、事務所に届いた2023年2月号

 明日、1月14日発売予定の本誌、北方ジャーナル2023年2月号が刷り上がり、12日朝に事務所へ到着。発売に先駆けて定期購読者や関係者に発送を終えた。今月も他誌では読めないコンテンツを是非、実物で確認してもらいたい。

 今月のトップは全国的に耳目を集めた白鳳寺・御霊堂元町に関する続報だ。永代供養を信じて遺骨を預けていた利用者を不安の底に突き落とし、全国にも波紋を呼んだ宗教法人白鳳寺(札幌市東区・太田司代表役員)の経営破綻問題。御霊堂元町に残されていた遺骨は12月中旬から希望する檀家へ引き渡されたが、今なお納骨堂には多くの遺骨が残されたままだ。宗教法人を盾にした“納骨堂ビジネス”はいかにスタートし、頓挫したのか。浮かび上がってきたのは、転売と漂流の果てに詐欺事件を起こした宗教法人の“黒歴史”だった──。(く)

   続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 17:37Comments(0)編集長日記

2023年01月11日

ニッカ余市蒸溜所内に1月9日、「ニッカミュージアム」全面開業


スコットランド留学に関する“竹鶴イズム”展示ブース

後志管内余市町のニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所内に新施設、「ビジターセンター」と「ニッカミュージアム」が完成。1月9日にグランドオープンした。  続きを読む

2023年01月10日

新年のご挨拶に代えて 2月号の編集長日記から


写真は根室の納沙布岬

 読者の皆様、遅ればせながら、あけましておめでとうございます。本年も本誌、そして公式ブログともども、どうぞよろしくお願いいたします。編集部は年明けならぬ〆切明けをようやく迎え、2月号の刷り上がりを待ちながら、早くも3月号の準備に入っているところです。皆さんも、この連休明けから本格始動しているという方が少なくないのではないでしょうか。

 その2月号の編集長日記で、私は年明けの挨拶をかねて以下のように書きました。どうぞ本年もご愛読のほど。(く)
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 12:19Comments(0)編集長日記

2022年12月29日

【お知らせ】年末年始の本誌購入などについて



 誠に勝手ながら弊社では、12月30日(金)から1月3日(火)までの間、本誌北方ジャーナルの最新号およびバックナンバーの購入受け付けを休ませていただきます。メールなどでお申し込み、問い合わせを頂戴した皆様につきましては、1月4日(水)から、順次対応させていただきますので、よろしくお願いいたします。ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 今年1年の皆様のご愛顧、ご愛読に心から感謝申し上げます。何とぞ来年もよろしくお願い申し上げます。
                       有限会社Re Studio 総務部   


Posted by 北方ジャーナル at 16:15Comments(0)お知らせ

2022年12月25日

冬の北海道でも本格練習が可能な「ジ・イーグル・ゴルフ」開業へ。正栄プロジェクトがゴルフ業界に本格参入


千葉会長によるトラックマン4のデモンストレーション(12月22日の内覧会)

 札幌市中心部の石山通沿いに革新的な次世代型屋内ゴルフ練習場「ジ・イーグル・ゴルフ(THE EAGLE GOLF)」が誕生した。運営するのはパチンコ・パチスロのイーグルグループを展開する正栄プロジェクト(本社札幌・美山正広社長)で、同社はこれを契機にゴルフ事業に新規参入する。

 “世界がまだ見ぬDX GOLF空間”と銘打った「ジ・イーグル・ゴルフ」は最先端技術が盛り沢山の練習場だ。あらゆるショットの軌跡を追跡、表示して着地位置を特定する世界最高峰の弾道計測機「トラックマン4(TRACKMAN4)」を1施設当たりの台数として世界最多の19台設置したほか、先進的なパットのトレーニングシステム「パットビュー(PUTT VIEW)」「キャプト(CAPTO)」の導入は北海道初。同施設の始動は北海道のゴルフ業界及びユーザーに、これから大きなインパクトを与えそうだ。
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 18:16Comments(0)ニュース

2022年12月15日

北方ジャーナル2023年1月号




12月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】白鳳寺・御霊堂元町の“遺骨難民事件”を追う

「家賃は不払い借金は踏み倒す」
太田代表は債務不履行常習犯か



永代供養を信じて遺骨を預けていた利用者を不安の底に突き落とし、全国にも波紋を呼んだ宗教法人白鳳寺(札幌市東区・太田司代表役員)の経営破綻問題。多額の利用料や管理料を集めていたはずの御霊堂元町の納骨堂事業はなぜ頓挫したのか。取材を進めると、そこに浮かび上がってきたのは太田代表の公私にわたる債務不履行の実態だった──。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】地元紙・80年めの迷走〈9〉

「辞めることにします」
道新・若手アンケートの衝撃
「ここで頑張れる」1割届かず



地元ブロック紙・北海道新聞(札幌市中央区、宮口宏夫社長)で、同社労働組合によるアンケート調査の結果が衝撃をもって受け止められている。選択式の問いに「この会社で頑張っていける」と答えた若手社員が、全体の1割にも満たなかったのだ。調査は冬期末手当をめぐる団体交渉をきっかけに行なわれたものだが、寄せられた回答からはこれまでの不祥事対応や幹部人事などへの不満も垣間見える。来たる2023年は道新にとって、さしずめ“会社離れ元年”といえる年になりそうだ。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】告発・絶望の学府㉑

聴取対象6人特定
江差看護パワハラ第三者調査
自殺事案で関係者聴取始まる



未だ公式に認められていない被害が、少しずつ解明に近づいている。北海道立高等看護学院のパワーハラスメント問題で、新たな調査が始まった在学生の自殺事案。遺族への聴取を終えた第三者委員らはその後、事件の背景を知る元学生や教員ら6人の関係者を特定、具体的な証言を集め始めた。調査は年を跨いで続き、場合によっては追加聴取の可能性もあるという。最悪の被害とハラスメントとの因果関係は、どこまで認められることになるのか――。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】首相批判封殺の波紋㉕

「控訴、もってのほか」
野次判決で道警に「意見」相継ぐ
当事者らは各地で講演、関連本も



本誌面で折に触れ報告を続けている首相演説野次排除事件で、直近の1年間に一般市民などから地元警察に寄せられた意見が100件あまりに上ることがわかった。同様の意見は事件発生後の1年間で900件以上寄せられていたのに対し、次の1年間では30件以下にまで急減したが、3年めを迎えてこれが再び増加に転じた形。この秋には当事者らが道内各地で講演に招かれ、また地元メディアが関連書籍を出版するなど、事件は改めて多くの関心を集め始めているようだ。(小笠原 淳)

  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)バックナンバー

2022年12月13日

12月15日発売の本誌1月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「白鳳寺の太田代表は債務不履行の常習犯か」


13日朝、事務所に届いた2023年1月号

 今週の木曜、12月15日発売予定の本誌、北方ジャーナル2023年1月号が刷り上がり、本日朝に事務所へ到着。発売に先駆けて定期購読者や関係者に発送を終えた。今月も他誌では読めないコンテンツを是非、実物で確認してもらいたい。

 今月のトップは、全国的に話題となり大手メディアもこぞって報じた納骨堂の経営破綻問題。宗教法人白鳳寺(札幌市東区・太田司代表役員)が運営していた御霊堂元町で起きた“遺骨難民事件”の独自取材報道だ。

 永代供養を信じて遺骨を預けていた利用者を不安の底に突き落とした今回の事件。多額の利用料や管理料を集めていたはずの御霊堂元町の納骨堂事業はなぜ頓挫したのか。取材を進めると、そこに浮かび上がってきたのは太田代表の公私にわたる債務不履行の実態だった──。(く)  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 10:41Comments(0)編集長日記

2022年12月07日

今日まで1万日強。交通事故死ゼロ更新という、西興部村のもうひとつの側面


「100人街頭啓発」の様子(写真提供・西興部村交通安全推進室)

長時間全らで放置したり、器からこぼれた食事を食べさせるなど、5月から6月にかけて6人の男性職員による38件もの身体的・心理的虐待が、村の障害者支援施設「清流の里」(社会福祉法人・にしおこっぺ福祉会が運営)で行なわれていたことが明るみとなったオホーツク管内の西興部村。
虐待した当事者らが逮捕された静岡県裾野市の「さくら保育園」と同様に、本来弱い立場にいる人々を守り支える側の人間による集団虐待事件が、人口1000人足らずの豊かな森に囲まれた北海道の村で起きてしまった。

その西興部村だが、今日現在(12月7日)までの10,172日間、交通事故死ゼロを更新し続けている交通安全の村、という側面がある。下記は現在の更新状況を伝える村のサイトだ。(高橋貴充)

https://www.vill.nishiokoppe.lg.jp/section/koutsuu/feeuub00000df60a.html

  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 13:32Comments(0)ニュース
QRコード
QRCODE