さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ

2017年10月14日

本日発売! 北方ジャーナル2017年11月号




10月14日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】重症心身障害者施設で起きた医療事故を追う(1)

その死は人間らしかったか
「札幌あゆみの園」に入所していた
50代男性がケアのミスから窒息死



その命はふいに絶たれた──。社会福祉法人北翔会(本部白石区川北・西野千郷理事長)が運営する「医療福祉センター 札幌あゆみの園」(篠原義文園長・184床)に長年入所していた50代の男性が8月12日朝、医療事故により心肺停止に陥り、搬送先の救急病院で息を引き取った。そのあゆみの園では、介護職が「保健師助産師看護師法」(保助看法)に抵触する医療行為を行なっていたとして監督官庁である札幌市から指導も受けている。非常に重い心身障害を抱える人たちを支える最後の砦として知られる施設で、いったい何が起きているのか。9月下旬、取材に応じた北翔会側は非を全面的に認め、遺族と関係機関に対応していることを明らかにした。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈19〉

道警、我が道を行く――
懲戒の一部非公開、今後も
警察特権「発表の指針」死守



「懲戒処分については、先ほど申し上げた考え方で公表して参ります」――。9月下旬、北海道議会の委員会室に響いた声の主は、北海道警察本部の林克徳警務課長。その文言は、1年半前に北村博文本部長が本会議場で口にした言葉とほとんど変わらなかった。自治体としての北海道では現在、不祥事を起こした職員への懲戒処分を原則全件公表している。しかし唯一、警察職員のみはそれを逃がれ、一部非公表に留めることが許された。その特権は、今後も揺らぐことがない。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】恵庭事件第2次再審請求審

これは「王手」だ――
恵庭事件・年内にも“結審”
「再審」へ秒読みか



9月下旬に8度めの「三者協議」を終えた恵庭OL殺人事件の再審請求審が、ここに来て大詰めを迎えた様相だ。本誌前号既報の通り、裁判所は10月下旬から11月下旬にかけて弁護側・検察側双方の証人の“尋問”を行なうことになる。翌12月には最終意見書が提出され、通常の裁判でいう“結審”の段階に。被害者の殺害方法や遺体の焼損方法に関する弁護側証人の鑑定が受け入れられれば、殺人犯とされた女性の犯行が成り立たなくなる――。再審への意を強くする弁護団曰く、「将棋で言えば、もう『王手、詰み』だ」。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】自称「学習・教育コンサルタント」M氏の素顔(4)

離婚を決意した妻が吐露した
暴力・暴言に耐え忍んだ日々



「お母さんが甘やかし、偏った育て方をしたから彼はあのようになったのだと思います」──。被害者が寄せたフェイスブックの「怒りの告発」以降、療育の世界から姿を消したと見られる福島県出身の自称「学習・教育コンサルタント」M氏(43)。放課後デイサービス開業支援などに絡む一連の詐欺疑惑が持たれているこの人物の妻Iさん(40)が、「被害者の会」のメンバーらを前に、夫との生活について赤裸々に告白した。DVに耐えてきた妻の証言から浮かび上がるのは、自立できず、自らを律することもできない男の姿だった。 (武智敦子)
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)お知らせ

2017年10月12日

北方ジャーナル2017年11月号、まもなく発売へ


入所者の死亡事故が起きた「医療福祉センター 札幌あゆみの園」(札幌市白石区川北)

10月14日土曜日発売予定の本誌、北方ジャーナル2017年11月号が本日朝、印刷所から編集部に届いた。今回のトップ記事は「医療福祉センター 札幌あゆみの園」(184床)に長年入所していた50代男性の重症心身障害者が搬送先の救急病院で息を引き取った医療事故の独占レポート。非常に重い心身障害を抱える人たちを支える最後の砦として知られる施設で、いったい何が起きたのか? さらには小笠原淳記者の新刊「見えない不祥事」が全国的に話題を呼ぶ中、本号では道警の「懲戒一部非公開」の姿勢を厳しく追及する記事などを収録。他誌では読めない調査報道が今月号も満載となっている。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 09:00Comments(0)編集長日記

2017年10月10日

「第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」11月2日から開催


「第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」のメインビジュアル

㈱えんれいしゃに事務局を置く新千歳空港国際アニメーション映画祭実行委員会は10月10日、今回で4回目を迎える同映画祭の概要を記者発表した。この中で古川タク名誉実行委員長は、「今回は短編アニメーションコンペティションの応募作品が格段に増え、また現役のアニメ作家や美術系大学の講師、学生など、この映画祭に関心を寄せる人々はとても増えている」と語り、小出正志実行委員長は、「この映画祭の存在が、日本のアニメーションを変えた、と言われる日も来るのではないかと感じている」と期待感をあらわにした。  続きを読む

2017年09月25日

札幌に最も近い道の駅が当別町にオープン


「北欧の風 道の駅とうべつ」の開業にあたり笑顔を浮かべる宮司正毅当別町長と、当別町が選挙区の和田義明衆議。両者は三菱商事OBでもある(9月23日)

道都・札幌市から最も近い道の駅が9月23日、当別町にオープンした。施設名称は「北欧の風 道の駅とうべつ」。効果的な地域活性化の取り組みが期待できる施設として、国交省から2015年1月時点で既に重点「道の駅」に選定されるなど、開業前から大きな注目を集めていた同道の駅だが、ここにはかつて三菱商事で要職を歴任してきた宮司正毅町長のビジネスアイディアがいくつも詰め込まれている。  続きを読む


2017年09月19日

さっぽろオータムフェストを3000円で食べ歩いてみた


9月16日のさっぽろオータムフェスト8丁目会場

9月8日から9月30日まで大通公園などで開催されている「さっぽろオータムフェスト2017」。期間中200万人以上を集客する北海道最大の食イベントとして経済効果も大きいこの催しだが、気になるのが商品の値段。店舗に掲げられている値札を見ると、総じて600円以上。単品の価格がランチ1食分にほぼ相当するとなると、自身の懐事情としては敷居の高さを感じてしまう。オータムフェストは低所得者を置き去り?──。そんな疑問を感じたので、予算3000円という縛りを勝手に設けて、このイベントをどれだけ楽しめるかに挑んでみた。  続きを読む

2017年09月15日

北方ジャーナル2017年10月号




9月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】月寒グリーンドーム跡地売却問題の深層

中身よりカネを選んだ道庁
大和リースが驚きの高値を
つけた「プロポーザル」の怪



この夏、マスコミをはじめ道内一部月刊誌などが相次いで報じた月寒グリーンドーム(豊平区・道立産業共進会場)跡地、約4・4ヘクタールの売却問題。道庁が売り先に選んだのは、最低売却価格7億7750万円の約3倍、22億7150万円を提案した大和リース(本社大阪)だった。提案価格と活用内容との両方が問われる公募型プロポーザル形式で、点数配分は過去10年間例がない50対50。価格で勝負した同社の作戦が功を奏した形だが、疑問もある。道庁の事業者への忖度は果たしてあったのか、なかったのか。そして土地活用で公益性は保たれたのか。道の情報公開のあり方も問われるこの問題の深層に分け入ってみた。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】標津漁協検証(4)──道庁から「請求検査」を受けた漁協本部

危機感を抱く組合員の訴え受けて
総勢8名の検査チームが現地入り

厳しい目が注がれる補助金不正受給疑惑




8月末、標津漁業協同組合(西山良一代表理事組合長・正組合員数195人、以下標津漁協)に検査のメスが入った。水産業協働組合法(水協法)に基づく組合員たちの申請を受けて道庁が動き、現地で「請求検査」を実施したのだ。標津漁協のガバナンスのあり方と今後に危機感を抱いた組合員たちが起こしたアクション。果たして道庁は今回の検査を通してどのような結果を標津漁協に突きつけるのか──。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈18〉

「警察官なら、悪と闘え」
函館西署でパワハラ疑い
“暴行”警部補を刑事告訴


「警察官ならば、本当の悪と闘うべきではないか」。8月上旬、函館西警察署に勤める男性警部補を暴行罪で刑事告訴した40歳代の巡査部長は、代理人弁護士にそう訴えたという。現職警察官が同じ職場の署員を告訴する事態に発展した暴力事件は本年1月、同署の庁舎内で起きたとされる。複数の署員が記憶する筈の事件はしかし、警察の捜査の対象にならず、加害者とされる警部補の処分もなされなかったようだ。不祥事続きの警察署で、何が起きているのか――。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】枝幸発──障害児童が担任教師から虐待?

「数々の暴言、持病の発作も放置」
“行き過ぎた指導”に怒りの保護者

取材拒否の中学校と教師を擁護する町教委



オホーツク海に面した道北のまち、枝幸町。ここの公立中学・特別支援学級に通う1年生の男子生徒(12)が担任教師の虐待とも思える“行き過ぎた指導”を受けていたことが保護者などへの取材で分かった。この女性担任は給食の際に、障害のため箸を落としても拾えない状態にもかかわらず放置したり、話すことが困難な生徒に対して「言葉で言わなければ分かりません」などと発言したという。生徒は6月中旬から不登校に追い込まれ、学校側は謝罪した上で担任を替えたが、保護者は不信を隠さない。8月下旬、現地で関係者を取材し、事実関係を追った。(武智敦子)

  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)バックナンバー

2017年09月14日

北方ジャーナル2017年10月号、まもなく発売へ


大和リースに売却された道立産業共進会場周辺

9月15日発売予定の本誌、北方ジャーナル2017年10月号が編集部に届き、準備が整った。この夏、下馬評を覆してプロポーザルで大和リース(本社大阪)が選ばれた「道立産業共進会場跡地売却問題」の深層を追ったレポートをはじめ、他誌では読めない調査報道が今月号も満載となっている。  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:01Comments(0)編集長日記

2017年09月13日

北海道で実現したビール4社全国初の共同物流


関係者総出のテープカット(9月12日午前、札幌市白石区流通センター内のJR貨物・札幌貨物ターミナル駅で)

アサヒ・キリン・サッポロ・サントリーの国内ビール大手4社は9月12日より、釧路・根室地区を対象にした国内初の共同物流を開始。その出発式がJR貨物の札幌貨物ターミナル駅で催された。  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 09:27Comments(0)政治経済

2017年09月12日

「奉行シリーズ」のOBC、労災対策や経理業務の改善などを講演


9月8日にニューオータニイン札幌で行なわれたセミナーの様子

企業向けの基幹業務パッケージソフト「奉行シリーズ」などで知られるOBC(オービックビジネスコンサルタント、本社東京)は、9月8日にホテルニューオータニイン札幌(札幌市中央区北2条西1丁目)で働き方改革をメインテーマにしたセミナーを開催。約150人が来場し、各講演のほか、労働時間の削減や職場環境の整備、経理業務の改善などに役立つ同社のさまざまソフトにも高い関心を示した。  続きを読む


2017年09月11日

単行本になった小笠原記者の「道警不祥事から考える」


『見えない不祥事――北海道の警察官は、ひき逃げしてもクビにならない』(リーダーズノート出版)は9月23日発売、本体1,500円。Amazon.co.jp などの通販サイトではすでに予約受付が始まっている

本誌「道警不祥事から考える」シリーズを担当する小笠原淳記者(48)が現時点の取材成果などをまとめた書き下ろし単行本が今月下旬、全国主要書店などで発売される運びとなっている。

書籍名は『見えない不祥事──北海道の警察官は、ひき逃げしてもクビにならない』(リーダーズノート社)。北方ジャーナル誌面で紹介しきれなかった情報や取材の裏話などがふんだんに盛り込まれており、巻末には昨年“文庫X”として話題になった『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)の著者でジャーナリストの清水潔さんが解説文を寄せた。地方発の話題を改めて書籍の形で発信することになった小笠原記者は、「扱うのは地味ながら重要なテーマ。ぜひ多くの読者に手にとって貰いたい」と呼びかけている。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 12:49Comments(2)お知らせ