さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ

2018年10月15日

本日発売!北方ジャーナル2018年11月号




10月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】紋別漁協検証──市議選で公選法違反の疑いをかけられた飯田弘明組合長

権威を振りかざす“浜のボス”
議長の座を狙い業者に不当な圧力か



本誌が昨年から今年にかけて“名ばかり組合員”の件を報じてきた紋別漁業協同組合で新たな問題が噴き出した。この春、阿部滋氏から組合長のバトンを受けた飯田弘明氏(67)が今夏の市議選にからんで漁協の取引業者に不当な圧力をかけ、道警の捜査対象となっていたというのだ。紋別の浜でいったい何が起きていたのか──。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈28〉

道警、なおも「全件公表」拒否
轢き逃げ巡査長、認否に矛盾
わいせつ巡査部長は初公判へ



本誌9月号で報告した現職警察官による重傷轢き逃げ事件。初公判で被告人質問に臨んだ元巡査長は起訴事実を認めつつ、同時に「事故に気づかなかった」とも主張、法廷を混乱させることになる。一方、同時期に開かれた北海道議会では、職員の懲戒処分が未だ全件公表に到っていない事実を質された道警本部長が、今後も一部非公表を貫くと答弁する一幕が。前号で報告した公然わいせつ事件の初公判を前に、地元警察の不祥事を巡る最新情報をお届けする。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】優生思想の罪、法廷へ3

「誤った法が人生狂わせた」
優生保護法訴訟、札幌で初弁論
手術強制・小島さんが意見陳述



国は責任を認め、きちんと謝罪して貰いたい――。本誌7月号で報告した旧優生保護法に基づく不妊手術強制問題で9月下旬、手術の被害者が国を訴えた裁判の初弁論があり、札幌の原告男性が意見陳述に臨んだ。被告の国は「救済制度を設ける義務はなかった」と、請求棄却を求めて争う姿勢を見せている。この日のために改修された傍聴席には障碍のある人などが多く足を運び、かつての優生思想が生んだ悲劇と改めて向き合うことになった。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】医療観察法「入院施設」の行方

「医療観察」理念浸透半ば
北大病院に道内初の入院施設
立地めぐる住民説明会は紛糾



心神喪失状態で重大な罪を犯した人に刑罰を与えず、治療を通じて社会復帰を促すことを目的とした、医療観察制度。当事者が入院処遇を受ける医療機関は全国に33カ所あるが、法施行から12年が過ぎた今も北海道の施設はゼロ。そんな中、国は地元の大学病院に運営を委託する形で札幌市内に新施設を設けることを決めた。だが開設予定地で初めて開かれた住民説明会では、事前の説明不足を指摘する声が噴出することに。空白地帯の解消には、なお課題が残されているといえそうだ。(小笠原 淳)  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)お知らせ

2018年10月11日

胆振東部地震を乗り越え、新千歳空港国際アニメーション映画祭11月2日開幕へ


挨拶する名誉委員長古川タク(左端)ら実行委員会のメンバー(10月10日、札幌市内中央区)

【リアルエコノミー提携】第5回新千歳空港国際アニメーション映画祭(実行委員会主催)が11月2日(金)から5日(月)までの4日間開催される。空港ターミナルビルの映画館「ソラシネマちとせ」などを利用した映画祭で、国内外から募集したコンペティション作品や招待作品の上映が行なわれる。北海道胆振東部地震の被害を受けたターミナルビルでの開催は当初危ぶまれたが、10月6日に映画館を含めてビルは完全復旧、予定通り開催されることになった。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 09:13Comments(0)文化(文芸・アート・音楽)

2018年09月25日

北方ジャーナル2018年10月号




9月25日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】北海道胆振東部地震

激甚



「命名150年」の夏は、長く記憶され続けることになるだろう。創刊以来初めて発売が大幅に遅れた本誌は、被災者としてその大災害と向き合い、記録者として被害の一端を発信する立場に置かれた。マグニチュード6・7、最大震度7、震源地は胆振地方中東部。その激甚災害に直面した北海道の姿を、北海道の眼と耳で捉え、伝えよう。震える大地の傷跡は、何を語ったのか――。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】胆振東部地震 道都・札幌の3日間

190万都市、揺れる

2018.09.06. 札幌
「最大6弱」が襲った朝


9月6日未明に胆振地方を襲った大地震では、道都・札幌でも最大震度6弱を記録。本誌編集部のある東区をはじめ、市内各所で多くの市民が未経験の揺れに恐怖した。震源地・厚真町から直線にして50㎞離れた190万都市で、人々はどんな朝を迎え、また夜を過ごしたか。それぞれの声に、耳を傾けてみる。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】「ザイ・コンファーム社」小林健治氏の不法行為を追う

発覚した会社乗っ取り疑惑
狙いはブラックシリカ利権か
被害を訴える「慶宣」の元社長



この春以降、取り上げてきた株式会社ザイ・コンファーム(札幌市)の代表・小林健治氏についての続報だ。これまで本人の貸金業法違反問題などを中心に報じてきたが、ここに来て、不法行為による会社乗っ取り疑惑が新たに浮上した。狙われたと疑われるのは、広告代理店「慶宣」元社長・木村俊嗣氏が立ち上げたブラックシリカ事業を営むウッドプロジェクト(本社札幌)。発覚したのは、創業社長である木村氏の知らぬ間に小林氏が同社の代表取締役に就任するという異例の事態だ。現在、両者の争いは法廷にその場を移している。いったいなぜ、こんなことが起きたのか──。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈27〉

幹部の子弟、道外す
道警巡査部長が公然わいせつで逮捕
父親は異例人事で大規模署長退く



連続わいせつ犯検挙の報に安堵した地域住民は、その容疑者が警察官であることを知るに及んで絶句した。26歳の巡査部長は、同業の父親が住む実家の周辺で少なくとも1年以上前から、小学生など未成年の女性に下半身を露出し続けた。逮捕した北海道警は事件後、幹部職の父親を突然異動させることになる。大地震の話題に隠れて忘れ去られようとしている大不祥事の概要を、改めて伝えておきたい。(小笠原 淳)

  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)バックナンバー

2018年09月20日

すすきのにテレビ塔、賑わいの灯りが戻った札幌


9月19日18時、すすきののネオンに賑わいが戻った

北海道胆振東部地震の発生から2週間を経てようやく、札幌のまちを彩る賑わいの灯りが戻った。
9月19日18時、さっぽろテレビ塔やすすきの交差点のニッカウヰスキー看板、狸小路商店街やさっぽろ地下街など、これまで自主的な節電を続けてきた市主要施設の照明が一斉に点灯した。
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 17:58Comments(0)ニュース

2018年09月15日

北海道胆振東部地震後もたくましく元気な、すすきのの今


2割の節電目標が取りやめられた後も、ランドマーク・ニッカの看板の灯りは消えたまま(9月14日夜)

9月6日に発生した北海道胆振東部地震に伴う電力不足対策として、国が北海道の個人・団体に要請していた一律2割の節電目標。9月14日、世耕弘成経済産業相は需給ひっ迫の危機は脱したとの判断から、前述した数値目標設定を取りやめ、懸念された計画停電も「当面実施する必要がない見通し」と発表した。
地震直後は暗闇に包まれ、その後の節電要請でそれまで煌びやかにまちを彩っていたネオンの灯りが大きく数を減らした、北海道を代表する歓楽街・すすきの。2割の節電目標が取りやめられた日の夜に訪ねたそのまちでは、「ひげのおじさん」の愛称でも知られるランドマーク・ニッカの看板の灯りはまだ消えたままだった。
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 14:17Comments(0)ニュース

2018年09月14日

北方ジャーナル10月号発売日の変更のお知らせ

このたびの北海道胆振東部地震により被害を受けられた皆様に心からお見舞い申し上げます。

小誌10月号は、今回の地震の影響などで発売日が9月15日から同25日に変更となりました。発売が遅れますことを、読者をはじめ関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。

被災地の1日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げ、今後も北海道のメディアとして道民とともに微力を尽くしていく所存です。

平成30年9月14日
月刊北方ジャーナル
有限会社Re Studio 代表取締役社長 工藤年泰  

Posted by 北方ジャーナル at 10:41Comments(0)お知らせ

2018年09月08日

「北海道全域ブラックアウト」は北電による人災ではないか


暗くなったコンビニ店内で食料品を買い求める客ら(9月6日未明の地震直後、札幌市内)

【リアルエコノミー+北方ジャーナル】9月6日未明に起きた最大震度7という「北海道胆振東部地震」は、北海道全域に甚大な被害をもたらし続けている。震源地に近く土砂崩れが起きた厚真町ではこれまでに15人以上の死者が出ており、住民は未だに続く余震の中で不安と悲しみを一層強めていることだろう。一刻も早い行方不明者の救助が望まれる。

震源地に近い北海道電力苫東厚真発電所の停止は、道内全域の295万戸が全停電するという未曽有の事態をもたらした。この「北海道ブラックアウト」は、市民生活に加えて企業活動、交通機関に計り知れない二次被害を与えた。8日朝の段階で293万戸、約99%が復旧したとされるが、早急に全面復旧が求められる。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 10:31Comments(0)

2018年09月03日

ホテルオークラ札幌 9月1日から「いぶり食のフルコース」開催


レストラン コンチネンタルの「いぶりフェアランチ」

こだわりのご当地食材を通じて道内各地域の魅力を伝える、ホテルオークラ札幌(宮崎誠社長)恒例の地域フェア。9月は「いぶり食のフルコース」と題し、胆振管内にクローズアップした。
フェア開始に先立つ8月31日開催のキックオフイベントでは、山口修司胆振総合振興局長をはじめ、村井洋一豊浦町長や戸田安彦白老町長など胆振管内の自治体幹部が多数出席。登別市出身で札幌市の三ツ星フレンチレストラン・モリエールなどを展開する国内屈指のシェフ、ラパンフーヅの中道博社長による地産地消などをテーマにしたミニセミナーなども実施された。
  続きを読む


2018年08月27日

4氏が争った小樽の「出直し市長選」で迫俊哉氏が初当選


初当選し、今後の決意を語る迫俊哉氏(8月26日夜、迫氏の選対事務所で)

現職の辞職に伴う小樽の「出直し市長選」が8月26日投開票され、無所属の新人で元市総務部長の迫(はざま)俊哉氏(60)が前職の森井秀明氏(45)、元最高裁事務官の鳴海一芳氏(63)、元市保健所長の秋野恵美子氏(66)の3氏を退け初当選した。投票率は54.88%と過去最低だった。
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 10:04Comments(0)政治経済

2018年08月23日

ニトリレディスの前夜祭で「ティファニー・ステンドグラス」の点灯式を挙行


点灯式で挨拶する似鳥昭雄氏(8月21日夕)

【リアルエコノミー提携記事】8月23日から26日までの4日間、小樽市の小樽カントリー倶楽部で開催される第9回「ニトリレディスゴルフトーナメント」。このニトリレディスを前にプロアマ大会に出場する女子プロ選手と道内外の経済人らが集う恒例の前夜祭が同月21日、小樽芸術村で開かれた。この前夜祭に華を添えたのが、小樽芸術村の似鳥美術館で新たに公開されるステンドグラスギャラリーの点灯式だ。
  続きを読む

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 32人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ