さぽろぐ

新聞・ニュース  |札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 4月15日発売の5月号がスタンバイ

2021年04月13日

4月15日発売の5月号がスタンバイ

4月15日発売の5月号がスタンバイ
13日朝に刷り上がった2021年5月号

 4月15日発売予定の北方ジャーナル5月号が刷り上がり13日朝、事務所に到着。発売に先駆けて定期購読者や関係者に発送を終えた。今月も他誌では読めないコンテンツを是非、実物で確認してもらいたい。ちなみに今回の巻頭言で、私は駆け出し記者の頃を思い出し次のように書いた。(く)

ボスの教え

「誰もお前の考えなんか読みたいと思っていないんだよ」こう言われて書いた原稿を目の前で破り捨てられたことがある。

 破った主は、当時勤めていた業界系月刊誌の社長兼編集長。当時の私は入社したばかりのぺーぺー記者だった。屈辱的な思いで佇む私に、彼はこう畳み掛けた。

「いいか、よく覚えておけ。お前が書くべきは、作品なんかじゃなく記事だ。かっこつける暇があったら分かりやすく事実を伝える努力をしろ」

 今ならパワハラ寸前のエピソードかもしれないが(笑)、この仕事を続けるうちに、彼の指摘は、まことに的を射ていたと思えるようになってきた。

 我々の仕事は、後世に残るような作品を生み出す作家とは異なる。書いているのは、読まれたらそれで用済みのテキストがほとんどだ。現在進行形の現実世界に分け入って事実を掘り起こしては、世に送り出す繰り返し。いわば瞬間芸のようなものである。

 だが、その瞬間芸は時にひとの心や世の中を動かす光になることもあるから面白い。

 記者の基本を教えてくれた、かつてのボスに私は今も感謝している。原稿を破り捨てたのは余計だったとしても──。



同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
北方ジャーナル6月号の誌面から 北海道フォトエッセイ72「太平洋に北海道の背骨が沈み込む “なにもない春”の襟裳岬」
5月14日発売の本誌 北方ジャーナル6月号がスタンバイ
北方ジャーナル5月号の誌面から 「公共交通をどうする? 第118回 JR函館本線長万部~札幌間の大きな価値」
北方ジャーナル5月号の誌面から 北海道フォトエッセイ71「純白のタンチョウが舞い踊る 釧路湿原の聖地、鶴居村」
4月15日発売の本誌 北方ジャーナル5月号がスタンバイ
ラーメン百景  函館市「キッチン中華 あじたか」伝統の塩ラーメンを守り、創作メニューにも挑戦する老舗の味
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 北方ジャーナル6月号の誌面から 北海道フォトエッセイ72「太平洋に北海道の背骨が沈み込む “なにもない春”の襟裳岬」 (2022-05-24 23:18)
 5月14日発売の本誌 北方ジャーナル6月号がスタンバイ (2022-05-12 15:14)
 北方ジャーナル5月号の誌面から 「公共交通をどうする? 第118回 JR函館本線長万部~札幌間の大きな価値」 (2022-04-20 00:00)
 北方ジャーナル5月号の誌面から 北海道フォトエッセイ71「純白のタンチョウが舞い踊る 釧路湿原の聖地、鶴居村」 (2022-04-18 00:00)
 4月15日発売の本誌 北方ジャーナル5月号がスタンバイ (2022-04-13 09:11)
 ラーメン百景 函館市「キッチン中華 あじたか」伝統の塩ラーメンを守り、創作メニューにも挑戦する老舗の味 (2022-04-03 14:12)

Posted by 北方ジャーナル at 13:52│Comments(1)編集長日記
この記事へのコメント
4月5月と連載記事の再エネの話 大変興味深く読ませていただきました 風力発電ばかりでなく 太陽光発電 バイオマス発電についても ぜひ教えてください 貴紙の記者の 素晴らしいジャーナリスト魂を感じます 実にきちんと取材して まとめて居られます 事業者の話もぜひ取材してください 当別の三杜の郷という事業者も 実にご都合主義の事業者で 酷いモンです 反対派ばかりでは片手落ちですので ぜひ事業者の言い分も聞いてください
Posted by マロニエ at 2021年04月27日 20:43
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
4月15日発売の5月号がスタンバイ
    コメント(1)