さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › バックナンバー › 北方ジャーナル2020年1月号

2019年12月14日

北方ジャーナル2020年1月号

北方ジャーナル2020年1月号



12月14日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】道警不祥事から考える〈37〉

元警部補、13年後の再犯
性被害訴える女性に二次被害
不起訴処分には「不当」議決


北方ジャーナル2020年1月号
《本件不起訴処分は不当である》。検察の処分を検証する第三者機関がその議決に到ったのは、2019年11月のことだった。審査されていたのは、前年の9月に起きた建造物侵入事件。容疑者の現職警察官(当時)は、別の事件で被害を訴える女性が夫とともに経営する飲食店を訪ね、30分間以上にわたって恫喝まがいの言動を繰り返したという。彼が事件捜査の対象になったのは、その時が初めてではなかった――。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】新ひだか町発・新しい「アイヌの英傑像」に噴き出す批判【その3】

シャクシャイン顕彰会の土肥伸治会長に訊く
彼らは新しい像でアイヌの
英傑を汚し民族を分断した


北方ジャーナル2020年1月号
かつてのアイヌ民族の英傑、シャクシャインを顕彰した像を2018年の秋、新ひだか町(大野克之町長)が解体撤去し、NPO法人新ひだかアイヌ協会(大川勝会長)が新しい像を建立した問題の続報だ。先月号では役場や同協会関係者への取材を通し、長年にわたって主体性を欠いた町の動きが関係者の軋轢を深めたことを主にレポートした。だが、役場や同協会側の釈明にシャクシャイン顕彰会の土肥伸治会長は黙っていない。11月下旬、記者は本人を直撃しインタビューを試みた。問題の本質は果たしてどこにあったのか──。 (本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】首相批判封殺の波紋⑤

「警官の犯罪、責任は警察に」
首相演説野次排除問題、法廷へ
道警「事実確認」6カ月め突入


北方ジャーナル2020年1月号
「何も喋らないんだったら、こっちからはたらきかけるしかない」。参議院議員選挙で首相の応援演説に野次を飛ばした人などが警察に“排除”された問題で12月初旬、当事者の1人が北海道警察に損害賠償を求める裁判を起こし、併せて現場の警察官たちを刑事告訴した。問題発生から5カ月が過ぎる今も道警の「事実確認」が続く中、問題は法廷に持ち込まれ、排除の適正性が司法の場で問われることになる。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】冤罪被害・問われる不当捜査

公然監視、無断撮影、無賃乗車…
冤罪男性、不当捜査に賠償請求
刑事裁判では論告のやり直しも

北方ジャーナル2020年1月号
警察官は、2時間以上にわたってつきまとい続けたという――。まったく身に覚えがない事件で捜査の対象になった男性は、脅迫の容疑者として起訴された。1年あまり続いた裁判では潔白が証明され、捜査機関も矛を収めたが、警察も検察も未だに謝罪の言葉を口にしていない。のちに北海道を相手どり損害賠償を求めることになった男性は、強い憤りとともに訴える。「彼らに事件捜査を手がける資格はない」。(小笠原 淳)



----------------------------------------------------------------------

【報道】生鮮食品卸道内大手・いずみホールディングスの虚実

水産物の巨額な架空取引を
恩人から訴えられ全面敗訴

司法に断罪された“ベンチャーの星”


北方ジャーナル2020年1月号
「食品流通のOS(オペレーションシステム)を創り新しいインフラで世界中に豊かさを届ける」。こんな社是を掲げるのが、株式会社いずみホールディングス(本社札幌)だ。水産物や農畜産物などの生鮮食品卸にインターネットシステムを取り入れ、独自のビジネスを展開する期待のベンチャー。そんな企業の創業者で社長を務める泉卓真氏が水産物の架空取引で損害賠償訴訟を札幌地裁に提起され、今年7月に全面敗訴していたことが分かった。泉氏の華やかな顔の裏側、そこには不正に手を染めていた別の素顔があったようだ──。(佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------

【報道】迷走する札幌の「北8西1再開発」【2】

見直し陳情不採択で暴走が加速か?
前代未聞「行政代執行」の可能性も


北方ジャーナル2020年1月号
札幌市北区北8条西1丁目エリア約2haで進められている市街地再開発(正式名称:札幌駅北口8・1地区市街地再開発)は、見直しを求める地権者関係者の札幌市議会への陳情が不採択となり、再開発組合は2020年3月着工に向けて次の段階に移ろうとしている。しかし、ここにきて再開発に欠かせない各借地権者へのモデル権利変換計画(※現在の土地・建物の評価額と等価となる再開発ビルの床を取得するためのモデルとなる計画)が示されていなかったことや不動産鑑定評価書の不作成のままなど再開発の根幹を揺るがすような事態が明らかになってきた。このまま進めば札幌市の再開発に汚点を残すことになりそうだ。(佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------

【原発】“核のゴミ”レポートPART13 幌延・研究期間の延長めぐる知事の選択

道は原子力機構の代理人か
蔑ろにされる道民議論を
尽くして受け入れた過去


北方ジャーナル2020年1月号
原子力機構が幌延町での“核のゴミ”処分研究の期間延長を申し入れた問題をめぐり、鈴木直道知事は定例道議会で「今後、機構の幹部と直接会って協定の遵守などについて聞き、議会の議論も踏まえ判断する」旨の方針を示した。道は議会日程を睨んで短期間のうちに「確認会議」を終え、機構側の説明を丸写しした文書をまとめて道内2カ所での説明会に臨むなど拙速な進め方が目立つ。「幌延の周辺地域がなし崩し的に最終処分地にされるのでは」という道民の懸念は依然消えない。その後の動きを紹介し、道の元担当者へのインタビューも交え報告する。(ルポライター・滝川 康治)

----------------------------------------------------------------------

【ニュース】

■道アイヌ協会が幹部不祥事を隠蔽か
 本人の退会を翻意させて理事で温存

 ──苫小牧アイヌ協会会長に浮上した強制性交疑惑

■函館消防の不正で職員大量処分
 市は再発防止に業務改善委設置

 ──8割超の307人対象、多くが懲戒以下の「指導措置」に

■中川町が補助金不正流用の疑いで
 国補助のエゾシカ肉事業を調査へ

 ──停滞する「イノチヲツナグ・プロジェクト」の裏側

■玉城デニー沖縄県知事が来札
 オスプレイ訓練の危険性啓発

 ──焼失した首里城。2022年まで再建計画まとめる考え

----------------------------------------------------------------------

【新春インタビュー】北海道知事 鈴木 直道 氏

東京五輪に沸く2020年を
北海道を売り込む重要な年に


北方ジャーナル2020年1月号
2019年4月の道知事選で、“日本一給料の安い首長”とも呼ばれた夕張市長から、“全国最年少知事”への転身を果たした鈴木直道北海道知事(38)。就任から今日までのおよそ8カ月間、広域自治体の舵取りに中々慣れずにいるのか、さまざまな報道メディアから「何もしない」「決断できない」といった批判が散見されるようになった。だがそんな折、カジノを伴う統合型リゾート・IRの誘致に関して、11月末に自ら先送りを決断。大きな物議を呼ぶ一方で、ある意味予測困難な鈴木道政の独自色も示す格好にもなった。とはいえ道政は課題が山積。今回のインタビューでは、本誌がかねてより報じている幌延問題や道警の首相野次排斥問題などについても鈴木知事本人の見解を訊いた。 (11月27日取材)


----------------------------------------------------------------------

【新春インタビュー】札幌市長 秋元 克広 氏

五輪マラソン・競歩成功に全力
次代に向け札幌をリニューアル


北方ジャーナル2020年1月号
ラグビーワールドカップの札幌開催は大成功を収め、スポーツ観戦を通じた国際交流が地元に新風を吹き込んだ。また、間近に迫った東京五輪のマラソン・競歩の札幌への会場変更も急遽決定、19年はまさにスポーツをめぐる話題が札幌を彩った1年だった。秋元克広市長(63)は、こうした動きを2030年の冬季オリンピック・パラリンピック招致に向けた機運醸成に結び付けたい考えだ。北海道新幹線札幌駅開業に向けた再開発も目白押しで、新年は札幌が大きく変貌する将来に向け本格的な始動の年になりそうだ。2期目に入った秋元市長にこれからの施策展開について訊いた。(11月19日取材)

----------------------------------------------------------------------

【新春インタビュー】
サッポロビール創業の地の顔役を務める
道産子の小野寺哲也北海道本社代表に訊く

“道民と一緒”の思いを共有して
ふるさと北海道を元気にしたい


北方ジャーナル2020年1月号
2年後に創業145年を迎えるサッポロビール。その創業の地で3月、北海道本部長兼北海道本社代表に就任したのが小樽出身の道産子・小野寺哲也氏(57)だ。大学時代に味わったサッポロ樽生ビールの美味しさに感動したのが入社のきっかけだったという。入社後は主に営業に従事。今回の同職就任に関しては、重責と自認する一方で、故郷のために働けることのやりがいを強く実感しているようだ。「ふるさとのために、何ができるだろう?」の企業スローガンは、ふるさとである北海道の顔役となった小野寺氏にとって、一際大きな意味を持つ言葉と思われるが、「北海道を元気にしたい」の一念で地域活性化に尽力していく構えだ。 (11月14日収録)

----------------------------------------------------------------------

【新春インタビュー】
創業70周年を迎えた北海道スイーツの
牽引役もりもとの森本真司社長に訊く

実直に続けた美味しさの追求
その原点のものづくりを貫く


北方ジャーナル2020年1月号
20年ほど前から積極化した多店舗展開で、現在北海道で28店舗。パンにケーキ、和菓子もある充実した品揃えと、その一つひとつの品質の良さ。店舗のおしゃれな雰囲気なども奏功して、今やすっかりお馴染みのスイーツブランドとして定着した感があるもりもと(本社千歳市)。菓子のさまざまなコンテストで優秀な成績を収めるなど、美味しさや技術力の高さは全国の専門家も認めるところだ。その同社が10月に創業70周年という大きな節目を迎え、12月には発祥の店である千歳本店の一新も果たした。今や北海道を代表する菓子製造業の1社として強い存在感を放つ同社だが、森本真司社長(46)は「美味しいものを作りたい、という思いでずっと同じことを続けてきただけ」と、謙虚に今日までの歩みを振り返る。    (11月14日取材)

----------------------------------------------------------------------

【マンガ】
回顧2019 燃えた! 燃えた!! 令和が燃えた!!(作:石川寿彦)

----------------------------------------------------------------------

【医療】
M&Aによって生まれ変わった
「我汝会 きたひろしま整形外科」
地域に必要な診療所を継続し
病診連携で高度な治療を提供


北方ジャーナル2020年1月号
人工関節置換術で全国トップクラスの治療実績を持つ「えにわ病院」(恵庭市・150床)などを運営する医療法人社団 我汝会(以下我汝会・木村正一理事長)。その我汝会がこのほど、北広島市内にあった「あさひ整形外科」の事業を引き継ぎ、同診療所が「きたひろしま整形外科」(19床)として再出発を果たしている。「我汝会の専門性と強みを病診連携で生かしながら、地域に愛され信頼されるクリニックを目指したい」。こう語る原則行院長(56)に、今回の事業引き継ぎの目的と今後の展望を訊いた。(11月26日取材)

----------------------------------------------------------------------

【岩見沢発】共生社会の実現を目指して──
パラスポーツだけでなく文化芸術も支援
“アール・ブリュット”を通じ
多様性を認め、支え合うまちに


北方ジャーナル2020年1月号
25年以上も前から着手したICT基盤整備により、基幹産業である農業や住民の健康管理に至るまで先進技術を活用した、ICTによるまちづくりが成果をあげている岩見沢市。その一方で、全ての市民の多様性を認め合い、互いに支え合って地域社会の構築を目指す共生社会の実現に向けた取り組みにも力を入れている。折しも2020年東京五輪を間近に控え、パラスポーツへの関心が高まっている昨今だが、同市ではスポーツだけではなく障害者の文化芸術活動を盛り上げる取り組みも推し進めている。それを象徴するのが“アール・ブリュット”の振興。同事業の集大成とも言える11月開催の「岩見沢アール・ブリュット芸術祭2019」には、期間中15日間で2617人の来場者が詰め掛けた。

----------------------------------------------------------------------

【原発】検証「泊原発は本当に必要なのか」47

提訴から丸8年、長引く審理
注目される泊廃炉訴訟の行方

北電側に迅速な対応を求めた裁判所


北方ジャーナル2020年1月号
札幌市北区に本部を置く市民団体「泊原発の廃炉をめざす会」(廃炉の会)が泊原発の廃炉を求めて札幌地方裁判所に起こした集団訴訟の第30回口頭弁論が12月3日、行なわれた。提訴から丸8年。長引く裁判に武藤貴明裁判長は北電側に対し「明確な主張をしないのであれば進行を考えなければならない」と、訴訟指揮を示唆する異例の発言も行なった。果たして泊原発を止める判決は出るのだろうか。 (ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【報道】問われる小樽市保健所の職員倫理【2】

組織の劣化が生んだ中傷問題
改善を表明した保健所トップ


北方ジャーナル2020年1月号
小樽市で不登校やひきこもり支援に取り組んできた民間団体(家族会)の主宰者が小樽市保健所(貞本晃一所長)の職員から謂れのない中傷を受けた問題は依然、膠着状態が続いている。保健所側の二転三転する対応が問題をこじらせたことは先月号で既報の通り。その背景に透けて見えるのは、民間任せのひきこもり対策と職員の士気の低下だ。長年に亘りひきこもり問題に尽力してきた市民を巻き込んだ今回のトラブル──。取材を通して背景に浮かび上がってきたのは、前市長によるいびつな管理職人事、そしてそこに起因する組織の劣化だった。    (武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【農業】札幌発・都市型農業の可能性を広げる「とれた小屋ふじい」の挑戦

若い世代が研鑽と就農で活躍
目指すは「農業と観光の融合」


北方ジャーナル2020年1月号
農業者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加──。農業を取り巻く環境は厳しいが、北海道の農業に夢を託し札幌市北区の農場で都市型農業に挑戦する若者たちがいる。宅地化から札幌の農地を守ろうと、農業を基盤にした観光レジャーなど農と観光の融合に取り組んでいる「とれた小屋ふじい」(法人名=北海道・藤井ファーム・ラボ(株))だ。この農場で働く新人ファーマーたちに、都市型農業の魅力や可能性について訊いた。          (武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】ルポ「ひきこもり」52──津別町社協に学ぶ“優しい地域づくり”

事務局長の“やる気”が起こした変革
可能性広げた住民と専門職との協働


北方ジャーナル2020年1月号
人口約4600人、高齢化率44・62%の小さなまちの小さな社会福祉協議会が、ひきこもる人たちの孤立を防ぐ先進的な取り組みで注目されている。オホーツク管内の津別町社会福祉協議会──。数年前までは、どこのまちにもある平凡な社協だったが、事務局長の山田英孝さん(65)を中心に専門職と地域住民が協働しながら優しい地域づくりを目指し、他の自治体からも視察が相次いでいる。社会的孤立が広がるいま、地域が社協に求める役割は大きく、津別社協の実践はヒントになりそうだ。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】戦争遺産をめぐる旅54

戦時下を生きた庶民目線を伝える
愛知・名古屋 戦争に関する資料館

兵士をなぐさめた“銃後の支え”


北方ジャーナル2020年1月号
名古屋市中心部に「愛知・名古屋 戦争に関する資料館」という施設がある。誰にでも分かりやすい名称で、4年前の2015年7月にオープンしたばかりだ。同市が所在する愛知県は、トヨタ自動車の本社があるように国内でも有数の工業エリアでかつては軍需産業の集積地でもあった。そのため、アメリカ軍の空襲も他都市に比べて回数が多く被災面積も広い。今回紹介するこの資料館は、空襲の被害を記録するというより庶民が戦時下でどう生活し、軍隊に対して日常的にどう関わったのかを中心に展示している。(ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【フォトレポート・トピックス】

●SS募金に和菓子業界との交流会 ホクレンが社会・産業貢献に尽力
●厳冬期の網走圏でしか手に入らない「流氷ドラフトプレミアム」が発売
●店主は元検事、店長は出所者 更生支援居酒屋、ススキノで始動
●ススキノ探訪 知られざる大人の隠れ家「バー モダンタイムス」
●オープンして17年のニュークラブ 色褪せない魅力の「クラブ レオーネ」
●スガイディノスが狸小路5丁目で自前の映画館「札幌劇場」を再開へ

----------------------------------------------------------------------

【連載コラムなど】
*北海道フォトエッセイ
*根掛かり人生
*視点 公共交通をどうする?
*風俗嬢のonとoff
*シネマ
*スポーツ筆刀両断
*あなたの知らない老境
*新設企業情報
*人物株価
*よいどれブンガク夜話
*古本屋女房の“古本的日常"
*戦火の女
*デンタルエッセイ
*『永年住宅』の実現に向けて
*砂澤 陣の新・アイヌの誤謬
*このプラモ、凄い!
*北海道妄想紀行
----------------------------------------------------------------------
【今月の表紙】鈴木翁二画
『マレー半島からきたこ』

同じカテゴリー(バックナンバー)の記事画像
北方ジャーナル2020年7月号
北方ジャーナル2020年6月号
北方ジャーナル2020年5月号
北方ジャーナル2020年4月号
北方ジャーナル2020年3月号
北方ジャーナル2020年2月号
同じカテゴリー(バックナンバー)の記事
 北方ジャーナル2020年7月号 (2020-06-15 00:00)
 北方ジャーナル2020年6月号 (2020-05-15 00:00)
 北方ジャーナル2020年5月号 (2020-04-15 00:00)
 北方ジャーナル2020年4月号 (2020-03-14 00:00)
 北方ジャーナル2020年3月号 (2020-02-15 00:01)
 北方ジャーナル2020年2月号 (2020-01-14 00:00)

Posted by 北方ジャーナル at 00:00│Comments(0)バックナンバー
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
北方ジャーナル2020年1月号
    コメント(0)