さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 創業の店を一新したもりもと「千歳本店」が12月9日にオープン。森本真司社長の最推しスイーツは?

2019年12月07日

創業の店を一新したもりもと「千歳本店」が12月9日にオープン。森本真司社長の最推しスイーツは?

創業の店を一新したもりもと「千歳本店」が12月9日にオープン。森本真司社長の最推しスイーツは?
新しくなった千歳本店は、同社の“フラグシップ”店という位置付けだ

北海道スイーツの牽引役とも言える製菓製パン大手のもりもと(本社千歳市)は、創業時から地元で親しまれてきた千歳本店を新築リニューアル。12月9日にオープンする。
これに先立つ12月6日には、取引先や行政・報道関係者などを招待したオープンセレモニーを実施。ここで森本真司社長は、数多ある同店こだわりの商品の中で、「特にお薦めしたい」とする3品を紹介した。

創業の店を一新したもりもと「千歳本店」が12月9日にオープン。森本真司社長の最推しスイーツは?
オープンセレモニーで挨拶に立つ森本真司社長

10月に創業70周年という大きな節目を迎え、その年に念願だった千歳本店の一新を図ったもりもと。店内には「本店限定」のポップが立った商品がいくつも見受けられた。
オープンセレモニーで森本社長は、同店の開業にあたって謝意を伝える冒頭挨拶に加え、店のコンセプトやお薦め紹介も担当。
コンセプトは「森」と発表し、「北海道の大地に樹が集まって森ができたように、当社は70年の歴史の中で多くの人が集まり、沢山の商品が産まれてきました。これからもわくわくするような商品を作りだしていくために、素晴らしい食材を手掛ける生産者の方々、技術を磨き続ける職人さんたちといった“美味しい”を作る人々が集まる場所になるよう願いを込めました」と理由を説明した。

商品については「千歳本店にはここだけの限定商品を沢山用意していますが、その一つひとつにお客様に知っていただきたいこだわりやストーリーがあります」と紹介。続けて、「全ての商品について私から紹介したいのですが、それは(沢山すぎて)難しいので、特にお薦めしたい3商品を紹介させていただきます」とした。

その最初に挙げたのは「時のバウムクーヘン」。70年の時を重ねたことで生まれたことや、かつて千歳本店のそばにあり待ち合わせなどに使われていた街路時計を再び店前に復活させたことなどにちなんで、こうネーミングされた。
森本社長は「これまで何度も理想のバウムクーヘン作りに挑戦してきたが、同商品は良質な北海道素材をふんだんに活用し、ついに理想に辿り着いた」と話している。

創業の店を一新したもりもと「千歳本店」が12月9日にオープン。森本真司社長の最推しスイーツは?
「時のバウムクーヘン」

続いて紹介したのは「贅沢生クリーム角食」。1・5斤で1200円と高価だが道外の北海道物産展では飛ぶように売れており、生産が追い付かない状況にあるという。美味しさの秘密はたっぷりの道産食材。森本社長は「道産小麦に道産バター、そして北海道産生クリームを、これでもかと言うくらいたっぷり使うことで、トーストにした時、中のもちもち感と表面のサクサク感の美味しさの調和がベストマッチの食パンになっています」と説明した。千歳本店で同商品は1日10本の限定販売となる。

創業の店を一新したもりもと「千歳本店」が12月9日にオープン。森本真司社長の最推しスイーツは?
「贅沢生クリーム角食」

そして、森本社長に「私の大本命。我々のものづくりの頂点を極めた一品」とまで言わしめた一押しの商品が、「千歳本店手づくりどら焼き 究(きゅう)」だ。
職人の卓越した技術で同店内で焼き上げた出来立て生地(4枚)に、ロングセラーのヒット商品「雪鶴」にも使われているバターとチーズのクリームとこだわりの餡を、好きなようにトッピングできるというどら焼きだ。同店のイートインでしか味わえないという希少性も話題になりそう。
「絶対的な自信を持って楽しんでいただける商品」と森本社長は胸を張る。

創業の店を一新したもりもと「千歳本店」が12月9日にオープン。森本真司社長の最推しスイーツは?
「千歳本店手づくりどら焼き 究(きゅう)」

なお12月14日発売の本誌1月号では、森本社長のインタビュー記事を掲載している。こちらもご一読いただきたい。




同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
北海道を応援するアサヒビール、二つの寄付金贈呈式
東京在住の川柳作家・乱鬼龍さんが札幌などでお正月興行
テーマは「半農半Xな生き方」。北海道有機農業研究会が2月4日、札幌市「かでる2・7」で学習会
ホテルオークラ札幌が館内全体で釧路の魅力を発信する1カ月。令和初の年明け 1月からは「釧路フェア」を盛り上げる
ホクレン創立100年を機にオリジナルアニメ「from North Field」を制作。12月19日よりYouTube配信
豊かなオホーツク海の恵み、牧場や大自然の恵みが盛り沢山。札幌市での「興部町物産展」が大賑わい
 北海道を応援するアサヒビール、二つの寄付金贈呈式 (2020-01-20 16:55)
 東京在住の川柳作家・乱鬼龍さんが札幌などでお正月興行 (2020-01-08 14:07)
 テーマは「半農半Xな生き方」。北海道有機農業研究会が2月4日、札幌市「かでる2・7」で学習会 (2020-01-06 13:06)
 ホテルオークラ札幌が館内全体で釧路の魅力を発信する1カ月。令和初の年明け 1月からは「釧路フェア」を盛り上げる (2019-12-27 18:01)
 ホクレン創立100年を機にオリジナルアニメ「from North Field」を制作。12月19日よりYouTube配信 (2019-12-23 08:40)
 豊かなオホーツク海の恵み、牧場や大自然の恵みが盛り沢山。札幌市での「興部町物産展」が大賑わい (2019-12-19 10:46)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
創業の店を一新したもりもと「千歳本店」が12月9日にオープン。森本真司社長の最推しスイーツは?
    コメント(0)