さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報)

2018年06月20日

さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願


まもなく本格的に動き出すさっぽろ創世スクエア

市内各地で進む札幌再開発を象徴する都心部の新たなランドマーク・さっぽろ創世スクエアが今年5月末に完成。6月20日に同施設の高層棟25階で竣工式が行なわれた。  続きを読む

2018年06月08日

北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演


札幌市の秋元市長から開拓使時代の復刻版ビールを贈られる黒田清揚氏

箱館戦争を戦った旧幕臣榎本武揚と、新政府軍を指揮し北海道開拓使長官から2代目の内閣総理大臣になった黒田清隆の両家の血を引く、黒田家の4代目当主・黒田清揚氏(87歳)=東京都板橋区在住=が5月24日から27日まで札幌、北広島、江差で連続講演会を行なった。道の窪田毅副知事、札幌市の秋元克広市長とも懇談し、北海道の礎を築いた黒田清隆の功績を振り返った。  続きを読む

2018年06月07日

流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」


網走ビールのブースでの商談風景

今や世界でも高い評価を受ける北海道の良質な特産品を求めて、国内外から流通バイヤーが参集し、道内80市町村339のメーカーや生産者が出展した国内でも屈指のマッチングイベント「北海道産品取引商談会」が6月5日・6日にロイトン札幌で催された。主催は道・札幌市・(一社)北海道貿易物産振興会。  続きを読む
タグ :商談会


2018年06月04日

ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力


今回のフェア開催に宮崎社長(左)、秋元市長とも満足げな表情(5月31日、ホテルオークラ札幌の試食会で)

ホテルオークラ札幌(宮崎誠社長)は今年6月15日に迎える開業15周年を記念して、地元・札幌の魅力を食で伝える「さっぽろ食彩フェア」を6月1日から同月末まで実施中だ。これに先立つ5月31日にはフェアメニューの試食会を開催。同ホテルを利用する道外・海外の観光客に向けて札幌の食を広くPRする催しということで、札幌市の秋元克広市長が駆け付けたほか、地元の生産者や食品メーカー幹部、報道陣などおよそ50人が参集した。  続きを読む


2018年06月01日

夕張メロンとステーキ食べ放題!「めろんのテラス」6月9日オープン



夕張メロンとステーキの贅沢なコラボを味わいに夕張に行こう!!

産地直送の瑞々しい夕張メロンとステーキが食べ放題という贅沢なランチバイキングが楽しめる、「めろんのテラス」が夕張市農協銘産センターで6月9日にオープンする。営業期間は8月26日まで。フルーツと牛肉、2つの高級食材を存分に堪能できるまたとない機会だ。  続きを読む
タグ :夕張メロン


2018年05月30日

アサヒスーパードライ・クリアアサヒで北海道150年を応援


今回発売する北海道150年記念商品をそれぞれ手に記念撮影する門田本部長と高橋知事(5月29日、アサヒビール園・はまなす館で)

アサヒビールは5月29日、札幌市白石区のアサヒビール園・はまなす館で、北海道命名150年記念商品の完成発表会を開催。会場には来賓として高橋はるみ北海道知事も駆け付け、アサヒスーパードライ北海道150年記念デザインラベルと、クリアアサヒ 北海道の恵みの2品に関する商品説明が行なわれた。  続きを読む


2018年05月15日

ホクレン女子陸上部、市民ランナーに“楽しい走り方”をレクチャー


片平啓史郎ランニングコーチと共に中島公園内を快走した市民ランナーたち

ホクレン農業協同組合連合会(以下ホクレン)はFMノースウェーブのラジオ番組「Running Paradise Hokkaido」とのコラボイベントを5月13日に中島体育センター(札幌市中央区)や中島公園構内で開催。ホクレン女子陸上競技部の選手・コーチが市民ランナー約100人に直接ランニングやトレーニングのコツをレクチャーした。  続きを読む


2018年05月02日

オークラ札幌、池田町フェア開催。健康美人がテーマのランチも提供


とかち池田町フェアで提供する中国料理 桃花林のメニュー一例

ホテルオークラ札幌(宮崎誠社長)は5月1日から同月末まで、2つのレストランメニュー企画を展開した。
ひとつは池田町の農業生産者が丹念に生育した良質な特産品に焦点を当てた「とかち池田町フェア~池田町ファーマーズが育む大地の恵み~」。もうひとつは、ヘルシーDo(=北海道食品機能性表示制度)を応援する取り組みとして、オリジナルメニューを通じて身体の中から健康美人を目指そうという「美人ピラフプレート」の提供だ。
  続きを読む


2018年05月01日

小樽で日本の伝統文化に親しもう 第10回「和を遊ぶ」6月10日開催


和風テイストな「和を遊ぶ」のパンフレット

 かつて「芸どころ」と謳われた小樽に今も受け継がれる三曲や詩吟、いけばな、日本舞踊などの伝統文化を紹介するイベント「和を遊ぶ」が6月10日に小樽市民会館で開催される。小樽市民会館と小樽伝統文化の会(藤間扇玉会長)が2009年から主催し、今年で通算10回を数える。毎年多くのファンが訪れる恒例行事だ。
  続きを読む


2018年03月31日

故・西村昭男氏「お別れの会」に300人 カレスサッポロに生き続ける理念「愛と信頼の輪」


西村氏の遺影を背に謝辞を述べる大城理事長(3月31日午後、ロイトン札幌2階ハイネスホール)

「医の巨人」「北緯43度のドンキホーテ」。さまざまな形容詞で語られ、医療界に大きな足跡を残した社会医療法人社団カレスサッポロ前理事長・西村昭男氏(享年87)──。同氏の「お別れの会」が3月31日午後、札幌市内のホテルで開かれ、参列した約300人が故人との別れを惜しんだ。
  続きを読む


2018年03月23日

サッカー少年・少女を応援する「YURIKOサッカースタジアム」


写真は道内雑誌に掲載されている「YURIKOサッカースタジアム」の広告

サッカーを愛する少年少女を応援する「YURIKOサッカースタジアム」(札幌市南区常磐)が今年もゴールデンウィーク明け以降に利用が可能になる。

同スタジアムの場所は札幌中心部から車で約30分、「札幌芸術の森」や国営公園「滝野すずらん丘陵公園」の近くに立地。試合や練習用のサッカー場は60m×40mのピッチで、最新人工芝「ロングパイル」を使用。照明を6基備え、駐車スペースは約15台。簡易水洗トイレも3基設置されている。定休日は毎週火曜日、使用時間は平日の月〜金が午前10時から午後7時まで。土日祝日が午前10時から午後5時までとなっている。

使用料は無料だが、試合や練習の後でのトイレ掃除を義務付けている。また施設内にはゴミ箱がないので、ゴミは各自持ち帰ることになっている。なお利用は小学生限定。
  

2018年03月03日

財さつ講演会で森田実氏が課題山積の国政・道政に喝


「来年の統一地方選を機に北海道を再出発させるべき」と語った森田氏(2月26日夕、札幌パークホテルで)

財界さっぽろ(舟本秀男社長)は、政治評論家・森田実氏(85)が昨年末に上梓した「森田実の永田町政治に喝!」の出版を記念して2月26日夕、同氏を講師に招いた講演会を札幌市内のホテルで開催。約350人が詰め掛けた。
講演で森田氏は「北海道政治に喝!~どうする知事選、どうなる道内政界の力学~」と題し、今の国政や道政の課題に喝を入れながら北海道という地域が持つ大きな可能性についても言及した。
   続きを読む


2018年02月19日

クラフトビールに本麒麟、キリン試飲会で注目商品ズラリ


試飲会は昼12時から19時まで催された(2月15日、メルキュールホテル札幌で)

キリンビールやメルシャン、北海道キリンビバレッジなどが出展した2018年のキリングループ総合試飲会が2月15日、メルキュールホテル札幌で催され、飲食店事業者など約340人が詰め掛けた。  続きを読む


2018年02月09日

SATOグループ講演会で土屋HD・土屋公三会長が熱弁


講演する土屋公三会長(2月8日夕、札幌市のキャリアバンクセミナールームで)

【リアルエコノミー提携】キャリアバンクやエコミックなどを展開するSATOグループは8日、土屋ホールディングス(本社・札幌市北区)創業者会長の土屋公三氏(77)を講師に招いたオープンセミナーを札幌市中央区のキャリアバンクセミナールームで開催、約70人が聴講した。  続きを読む


2018年01月11日

制度改正のウラとオモテを解説するOBCセミナー


佐藤賢一社労士は改正労働法の概要や対応方法などを紹介

業向けの基幹業務パッケージソフト「奉行シリーズ」などで知られるOBC(オービックビジネスコンサルタント、本社東京)は、「次の制度改正ではなにが変わる?平成30年のウラとオモテ」と題したセミナーを、2月9日にホテルニューオータニイン札幌で開催する。
労基法をはじめとする労働関連法案の改正や所得税の新制度などに関する情報をいち早く提供し、業務の手間を削減する手法を紹介するというのが、同セミナーの中身だ。
  続きを読む


2017年12月01日

もうすぐ Xmas!! オークラ札幌が「ひろおサンタランドフェア」


同フェアで提供するレストラン コンチネンタルの「広尾町産鹿肉のブレゼ」。鹿もも肉をじっくり煮込んで仕上げた、とろける食感は絶品

クリスマスが間近に迫る12月の始まりと共に、ホテルオークラ札幌(宮崎誠社長)恒例の「ひろおサンタランドフェア」がスタートした。期間は12月1日から同31日まで。
今回で8回目を迎える同フェアは文字通り、国内で唯一認定されている広尾町の“サンタランド”としての魅力や、まちが誇る良質な食の魅力を全面に打ち出した、クリスマスシーズンならではの催事だ。
  続きを読む


2017年11月25日

田下昌明氏による“究極の育児書” 。旭川での出版祝賀会に200人


ステージで謝辞を述べる田下昌明氏(11月20日夕、旭川グランドホテル3階)

本誌12月号のインタビューで紹介した小児科の大家、田下昌明氏(80)による新刊「もう子育てでは悩まない この一冊で育児は完結する」(明成社)の出版を祝う催しが11月20日夕、旭川グランドホテル3階で開かれた。
  続きを読む


2017年10月10日

「第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」11月2日から開催


「第4回 新千歳空港国際アニメーション映画祭」のメインビジュアル

㈱えんれいしゃに事務局を置く新千歳空港国際アニメーション映画祭実行委員会は10月10日、今回で4回目を迎える同映画祭の概要を記者発表した。この中で古川タク名誉実行委員長は、「今回は短編アニメーションコンペティションの応募作品が格段に増え、また現役のアニメ作家や美術系大学の講師、学生など、この映画祭に関心を寄せる人々はとても増えている」と語り、小出正志実行委員長は、「この映画祭の存在が、日本のアニメーションを変えた、と言われる日も来るのではないかと感じている」と期待感をあらわにした。  続きを読む

2017年09月25日

札幌に最も近い道の駅が当別町にオープン


「北欧の風 道の駅とうべつ」の開業にあたり笑顔を浮かべる宮司正毅当別町長と、当別町が選挙区の和田義明衆議。両者は三菱商事OBでもある(9月23日)

道都・札幌市から最も近い道の駅が9月23日、当別町にオープンした。施設名称は「北欧の風 道の駅とうべつ」。効果的な地域活性化の取り組みが期待できる施設として、国交省から2015年1月時点で既に重点「道の駅」に選定されるなど、開業前から大きな注目を集めていた同道の駅だが、ここにはかつて三菱商事で要職を歴任してきた宮司正毅町長のビジネスアイディアがいくつも詰め込まれている。  続きを読む


2017年09月19日

さっぽろオータムフェストを3000円で食べ歩いてみた


9月16日のさっぽろオータムフェスト8丁目会場

9月8日から9月30日まで大通公園などで開催されている「さっぽろオータムフェスト2017」。期間中200万人以上を集客する北海道最大の食イベントとして経済効果も大きいこの催しだが、気になるのが商品の値段。店舗に掲げられている値札を見ると、総じて600円以上。単品の価格がランチ1食分にほぼ相当するとなると、自身の懐事情としては敷居の高さを感じてしまう。オータムフェストは低所得者を置き去り?──。そんな疑問を感じたので、予算3000円という縛りを勝手に設けて、このイベントをどれだけ楽しめるかに挑んでみた。  続きを読む

QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ