さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2017年05月11日

すすきの観光協会・篠田政一会長、志半ばの急逝


在りし日の篠田政一会長

【リアルエコノミー提携記事】すすきの観光協会会長の故・篠田政一(しのだ・まさかず)氏の通夜が、5月10日午後7時から札幌市中央区の中央霊堂で執り行われた。行政や経済界関係者、すすきの飲食店関係者など約600人が参列して故人を偲んだ。葬儀委員長の三澤聖一すすきの観光協会副会長は、「志半ばの突然の訃報だった。すすきのにとって大きな損失」と挨拶した。  続きを読む
タグ :すすきの


Posted by 北方ジャーナル at 09:51Comments(0)ニュース

2017年01月13日

北欧パンの栄華を伝える「北欧館」が解体・更地に


(写真は、以前に「北欧館」があった琴似発寒川付近。今は雪で覆われている)

【リアルエコノミー提携記事】昨年暮れ、札幌市西区を走る北5条手稲通の発寒橋たもとにぽっかりと空き地が出現した。バブルの象徴のひとつだった北欧パンの工場兼博物館「北欧館」が解体され、更地になったからだ。土地面積は約810坪。土地所有者は、物販や飲食などサービス産業向けに土地を賃貸する意向だ。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 15:08Comments(0)ニュース

2016年12月16日

本誌記者に届いた架空請求ショートメール


“NXSMS”なる送り主からのショートメール

12月16日、本稿記者のスマートフォンに身に覚えのないSMS(ショートメール)が届いた。未開封のままタイトルを見ると、“NXSMS”なる送り主からの「有料動画閲覧履歴があり未納料金が発生しております。本日ご連絡なき場合法的手続きに移行し…」とのメッセージ。
当方、40代男・独身だが、余談ながらそのテの映像に関してはDVD派なので、実際のところスマートフォンで有料動画を観た経験は一度もない。いわゆる架空請求という類のメールのようだ。
だが気がかりなのはSMSで送られてきたという点。これは本来、電話番号が分からなければ届くはずのないものだ。
「もしや、自分の電話番号が良からぬ輩に流出しているのでは…」
一抹の不安を抱きながら、札幌市中央区の札幌市消費者センターへ向かった。
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 17:11Comments(0)ニュース

2016年08月24日

セコマの赤尾昭彦会長が76歳で死去 早すぎる別れに驚き広がる


(写真は赤尾昭彦氏。2016年4月22日午後、セコマグループ東京事務所にて)

【リアルエコノミー提携記事】北海道地場のコンビニ大手として知られるセコマ(本社・札幌市中央区)の赤尾昭彦代表取締役会長が8月19日午後零時48分、病気のため時計台記念病院で死去した。76歳だった。2年ほど前から東京に常駐して自社商品をトップセールスしていたが体調を崩し、6月から札幌に戻っていた。4月下旬に本稿記者が東京事務所(港区新橋)でインタビューした際には、「私に残された時間は後5年。80歳までにはやり残したことはやりきる」と語っていた。早すぎる死に社内外で驚きが広がった。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 09:48Comments(0)ニュース

2016年08月17日

ピーク時から19万頭減少しても、まだ多すぎるエゾシカ


減少傾向にあるエゾシカだが…(写真提供・知床斜里町観光協会)

このほど道は、平成27年度の北海道東部地域(オホーツク、十勝、釧路、根室)と西部地域(空知、石狩、胆振、日高、上川、留萌、宗谷)におけるエゾシカの推定生息数を公表。前年度と比べ4万頭減の47万頭となったことを明らかにし、ピーク時の平成22年度以降6年間右肩下がりで推移していることがわかった。
この結果を受け、道内各地で深刻化しているエゾシカ被害が緩和の方向に向かっているかと思いきや、道エゾシカ対策課の森克彦主幹は次のように語っている。
「減少には転じているが、まだまだ高い水準にあり改善したとは言えない」
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 17:41Comments(0)ニュース

2016年06月13日

政府首脳がエールを送る「北海道経営未来塾」がスタート


長内塾長や林経産相とともに入塾式に臨んだ第1期塾生たち(6月11日午後)

【北海道リアルエコノミー提携記事】北海道から第2のニトリやアインのようなグローバル企業を作っていこうと官民一体となった経営者育成組織「北海道経営未来塾」の第1期生20人の入塾式が6月11日午後、札幌市中央区のホテルさっぽろ芸文館で行なわれた。林幹雄経済産業大臣や高橋はるみ道知事、秋元克広札幌市長、高向巌道商工会議所連合会会頭などが来賓として出席した。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 16:45Comments(0)ニュース

2016年03月28日

未来への架け橋へ──。さまざまな想いを乗せて北海道新幹線が開業


(写真は、北海道新幹線新函館北斗発の3番列車はやぶさ16号に旗を振る子どもたち=北斗市の旗振り歓迎隊会場)

 北海道新幹線が3月26日、開業した。この日の早朝、新函館北斗駅では開業式典と出発式が行なわれ、一番列車の旅立ちを祝った。主催者を代表してJR北海道の島田修社長は、「北海道新幹線実現に関わられた多くの方々への感謝の気持ちを胸に刻んで北海道の新幹線時代のスタートを切って行きたい」と挨拶した。
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 10:07Comments(0)ニュース

2016年03月20日

突然の運賃引き下げ計画に怒りと苦悩のハイヤー協会


札幌ハイヤー協会が事務所を置く北海道ハイヤー会館

3月11日に国交省が突然公表した、札幌交通圏(札幌、江別、北広島、石狩)を含む全国11の交通圏でのタクシー下限運賃の引き下げ計画。その内容によれば、同省は運賃引き下げを今夏に実施する方向で検討段階に入ったという。国のこうした動きについて、札幌交通圏に53社2団体の会員を持つ一般社団法人札幌ハイヤー協会(今井一彦会長)の幹部は「業界を危機的状況に追いやるもの」として憤りを隠さない。  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 18:15Comments(0)ニュース

2016年03月17日

札建協が防災と減災をテーマに「札幌市強靭化セミナー」を開催


『札幌市強靭化セミナー』に集った参加者

一般社団法人札幌建設業協会(以下札建協、岩田圭剛会長)は3月14日午後、同協会100周年記念イベントの一つとして、札幌市の防災、減災に関連したインフラ整備の在り方をテーマにした『札幌市強靭化セミナー』を札幌市の北海道建設会館大ホールで開催。会場は詰めかけた約200人の建設業界関係者らでほぼ満席となった。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:01Comments(0)ニュース

2016年02月06日

育て!グローバル企業。 元ニトリの長内氏が「経営未来塾」を開講へ


若手経営者の育生を目的に「経営未来塾」を開講する長内氏

家具・インテリアの国内最大手、ニトリホールディングス(本社・札幌市北区、本部・東京都北区)の特別顧問を長く務めた長内順一氏(68)が2月初旬、北海道の若手経営者を対象にした「経営未来塾」をこの夏から開講することを明らかにした。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 10:20Comments(0)ニュース

2016年01月17日

札幌市の荒井経済局長がニトリパブリックの北海道代表へ


写真は、札幌市経済局の荒井功局長

ニトリホールディングス(本部・東京都北区、本社・札幌市北区)の100%出資子会社、ニトリパブリック(同・同)は1月15日、同月12日開催した取締役会で札幌市の荒井功経済局長を4月1日付で専務取締役北海道代表に招聘することを決定したと発表した。荒井氏は3月末に市役所を定年退官する。ニトリパブリック現北海道代表の中山裕氏は3月末に退任する。  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 12:02Comments(0)ニュース

2015年10月25日

地域再生の期待を担う「紋別バイオマス発電所」


紋別市新港町で建設が進む木質バイオマス火力発電所(10月下旬撮影)

オフィスビルに匹敵する高さの建屋が紋別市新港町の海浜地区、通称ガリヤゾーンに、その姿を現した。住友林業と住友共同電力が建設を進めている「紋別バイオマス発電所」だ。オホーツクの林地未利用材を燃料として使用する火力発電所。内部には、大小の配管類が幾何学模様を描いているのが確認できる。本格稼働まであと1年、完成が近づくにつれ地元の期待は高まっている。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 23:37Comments(0)ニュース

2015年10月21日

「博物館網走監獄」の重要文化財指定に高まる関係者の期待


リピーターも多い「博物館網走監獄」(写真は正門)


網走市内の国定公園、天都山にある観光施設「博物館網走監獄」(同市呼人)。ここに保存・展示されている旧網走監獄の施設群が近く重要文化財に指定されることになった。道東の道産木材を使った建築物の重文指定は初めて。国内外の観光客の入り込みの追い風になると市や関係者の間で期待が高まっている。  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 09:50Comments(0)ニュース

2015年09月20日

経済人による「丘珠研究会」が地方空港活性化セミナーを開催


挨拶する加森公人・丘珠研究会会長(9月18日午後、京王プラザホテル札幌のエミネンスホール)

札幌都心にある丘珠空港の活性化を図る目的で札幌の経済人ら13人で設立された「丘珠研究会」(加森公人会長=加森観光社長)は9月18日午後、札幌市中央区の京王プラザホテル札幌で『札幌丘珠空港の役割と将来像〜地方創生と地方空港の役割〜』と題したセミナーを開催した。  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 01:03Comments(0)ニュース

2015年09月01日

社会問題化する“空き家対策”で北洋銀行と札幌市が連携協定


空き家対策で連携協定を締結した北洋銀行の関川峰希常務(左)と札幌市の京谷篤都市局長(8月31日、北洋大通センターで)

【リアルエコノミー提携記事】北洋銀行(本店・札幌市中央区)と札幌市は8月31日、空き家の解体や有効活用を促進するための連携協定を結んだ。空き家対策が全国的な課題になる中で、金融機関と自治体が協定を結んで取り組むのは道内初。北洋銀では地方創生の一環として空き家対策を重要施策に挙げる自治体が多いことから、地元信用金庫を含めて空き家対策に支援協力していく。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 09:27Comments(0)ニュース

2015年08月25日

空調・給排水の央幸設備工業が「霊芝栽培」で美唄に進出


“霊芝工場”になる予定の旧西美唄小学校前に立つ尾北社長(8月24日午前)

空調や給排水などに関する自社のノウハウを生かして「霊芝栽培」に挑戦している「央幸設備工業」(本社札幌市白石区・尾北紀靖社長)が美唄に進出する。地元の旧小学校施設(西美唄小学校)を活用して霊芝の栽培工場を整備する計画だ。8月24日、同社の子会社「北海道霊芝」は土地・建物の売買契約を市と締結。この9月にも改修に取り掛かり、来年4月から栽培を始める運びになっている。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 15:20Comments(0)ニュース

2015年08月10日

キャリアバンクが女子サッカー「リラ・コンサ」の選手を就業支援


写真は会見後のフォトセッション。左が佐藤良雄社長、宗像訓子監督、三上大勝代表理事(8月7日、札幌市西区宮の沢のコンサドーレ札幌クラブハウス)

【リアルエコノミー提携記事】一般社団法人コンサドーレ北海道スポーツクラブ(札幌市中央区)とキャリアバンク(本社・同)は8月7日、女子サッカーチーム「北海道リラ・コンサドーレ」選手の就業支援で業務提携した。リラ・コンサには来春以降、学生や社会人も加入する予定で、女子選手が競技と仕事を両立できる環境を作り、将来に向けてキャリア形成できるように支援していく。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 17:19Comments(0)ニュース

2015年07月24日

育て!“北海道のものづくり”。北洋銀行が応援フェアを開催


会場に展示された大田区産業振興協会の「下町ボブスレー」(7月23日午前、アクセスサッポロ)

北洋銀行(本店・札幌市中央区)は7月23日、札幌市白石区のアクセスサッポロで「ものづくりテクノフェア2015」を開催した。道内を中心に東京大田区や愛知県などから優れた技術や製品を有する中小企業、大学、支援機関などが一堂に会し、販路拡大や企業間連携の橋渡しを通じて道内ものづくり産業の振興を図るのが目的。9回目となる今回は過去最大の209社・団体が出展。開会式には来賓として秋庭英人・道経産局長、高橋はるみ知事、秋元克広・札幌市長、成田晋・青森銀行頭取、櫻井透・静岡県産業振興財団理事長らが出席し、エールを送った。
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 09:51Comments(0)ニュース

2015年07月08日

労使は対立、法人内部は混乱 。大揺れの札大に明日はあるのか


労使対立が激化している札幌大学の正門前(札幌市豊平区西岡)

【北海道リアルエコノミー提携記事】夏季一時金の支給をめぐり学校法人札幌大学(札幌市豊平区・太田博理事長)で労使対立が激しさを増している。1・98カ月から1・40カ月へと一方的に引き下げを求める理事者側と「まず経営陣から率先して減俸を」と主張する教職員組合の溝は埋まらず、7月8日現在支給のメドは立っていない。

  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 14:27Comments(0)ニュース

2015年05月02日

道新函館・セクハラ不審死で遺族が刑事告訴へ


 加害者とされる総務担当社員らはその後も支社に出勤し続けているという(函館市五稜郭町)

 本年2月に北海道新聞函館支社(函館市、鶴井亨支社長)嘱託職員の女性(40)が自宅の火災で亡くなり、前後して職場のセクシュアルハラスメント・パワーハラスメントが告発されていた件で、女性の遺族が近く加害者とされる道新社員らを暴行などで刑事告訴することを決めた。連休明けにも地元の警察に告訴状を提出する。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 16:05Comments(0)ニュース