さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報)

2016年09月24日

オータムフェストを盛り上げたジミー東原ライブ


さっぽろオータムフェストでのライブの様子(9月24日午前、大通公園6丁目内ステージで)

太陽グループ(本社札幌)の東原俊郎社長がトランペット奏者として参加しているブラスロックバンド・ジミー東原オールスターズは9月23日・24日の2日間、さっぽろオータムフェストで賑わう札幌市中央区の大通公園6丁目内ステージでライブを開催。訪れた観客を大いに沸かせた。  続きを読む

2016年09月13日

病棟に響いたクラシックの音色。今年も新和HDによる札医大ロビーコンサートを開催


札医大附属病院ロビーで行なわれた札響弦楽四重奏団の演奏(9月12日夕)

【リアルエコノミー提携記事】病院ロビーが即席のミニコンサート会場に──。パチンコ・パチスロの新和ホールディングス(本社・札幌市中央区)の主催による第6回札幌医科大学アンサンブルコンサートが9月12日夕、札医大附属病院1階ロビーで開かれた。入院患者や医師、看護師など約150人が札幌交響楽団弦楽四重奏のメンバーが奏でる心地良い旋律に聴き入った。
  続きを読む

2016年09月12日

「さっぽろオータムフェスト2016」10月1日まで開幕中。台風被害で出店中止の自治体も


開会式後に歓談する星野委員長(左)と鈴木健雄市議会議長(後列左)、恩村一郎副議長(後列右)、町田隆敏副市長(左)※9月9日午前撮影

 北海道、札幌の秋の味覚が勢揃いする名物イベント、「さっぽろオータムフェスト2016」(実行委員会主催)が9月9日から札幌市中央区の大通公園を主会場として開催中だ。今年で9回目となる同フェストの会期は、10月1日までの23日間。この会期を4つに分けて店舗を入れ替え、来場者により多くの北海道の味覚を味わえるようにした。
  続きを読む

2016年09月03日

札幌東徳洲会病院と札幌市が外国人患者受入協定


協定書を手に取る清水院長(左)と秋元市長(9月2日午後、札幌市役所市長会議室で)

医療法人徳洲会 札幌東徳洲会病院(清水洋三院長)と札幌市(秋元克広市長)は9月2日、外国人患者の受入に関する協定を締結。その締結式が札幌市役所の市長会議室で行なわれた。  続きを読む
タグ :札幌市


2016年08月21日

「さっぽろスイーツカフェ」、惜しまれつつ8月21日閉店


「さっぽろスイーツカフェ」閉店の瞬間(8月21日夜、さっぽろ地下街オーロラタウンで)

「札幌をスイーツのまちにしよう」と2005年から推し進められてきた「スイーツ王国さっぽろ」推進事業の一環として、09年にオープンしたさっぽろ地下街オーロラタウン内の「さっぽろスイーツカフェ」が8月21日閉店した。  続きを読む

2016年08月11日

道の「食育推進優良活動表彰」募集始まる


第2回授賞式の様子(2015年12月12日、道庁赤れんが庁舎で)

道は、今回で3回目となる「北海道食育推進優良活動表彰」の対象者募集を8月5日より開始した。
これは、道民の食育に対する関心を高める趣旨から、2014年度より始めた取り組み。
食を通した健康の維持・増進に関する「健康分野」、地域に根差した食関連産業への理解や支援を求める活動に関わる「産業分野」、環境保全や食文化の継承などに力を入れている「環境・文化分野」など、さまざまな分野で食育の推進に取り組んでいる個人・団体を対象としている。
  続きを読む

2016年07月19日

カレスサッポロ、平成27年度の決算報告会開催


決算内容を解説する大城辰美理事長(7月15日夕、ロイトン札幌で)

北光記念病院や時計台記念病院などを運営する社会医療法人社団カレスサッポロ(大城辰美理事長)は7月15日夕、札幌市内のホテルで平成27年度の決算報告会を開催。法人傘下の病院職員や取引業者など約380名が集まった。  続きを読む


2016年07月08日

道コカ・コーラ、YOSAKOI限定品の一部売上を組織委に寄付


寄付金贈呈式での関係者ら(左から北海道コカ・コーラボトリング・綾部鉄郎取締役、同・佐々木社長、YOSAKOIソーラン祭り組織委・星野会長、同・奥野拓事務局長。7月8日午前、札幌市の北海道経済センター4階で)

北海道コカ・コーラボトリング(本社札幌・佐々木康行社長)は7月8日、札幌市の北海道経済センターで今年発売したコカ・コーラ350ml及びコカ・コーラ ゼロ350mlの「YOSAKOIソーラン祭り応援デザイン缶」の売上の一部、約230万円を同イベントの組織委(星野尚夫会長)に寄付した。

  続きを読む


2016年06月28日

マツオ、サッポロビール、イオンGが共同で「北海道遺産」を発信


(参加企業が一同に揃ってキャンペーンをPR。サッポロビール博物館前で)

【リアルエコノミー提携記事】ジンギスカンやビール工場跡など「北海道遺産」への理解を深めてもらおうと松尾ジンギスカンとサッポロビールは、イオングループと組んで7月1日から共同キャンペーン「北海道ブランド」を始める。イオン北海道やマックスバリュ北海道の各店舗で対象商品1500円以上(税込)のレシートを専用ハガキに貼って応募すると、カンディハウスやソメスサドルの製品などが当たる。キャンペーンは8月10日まで。

  続きを読む

2016年05月24日

ススキノラフィラ「昼宴」を新提案


ラフィラが展開している「昼宴」PRポスター

札幌市すすきのの商業ビル・ラフィラを運営するススキノ十字街ビル(本社札幌・遠山日露史社長)は、5月初旬より7・8階飲食店フロアで「昼宴(ひるうたげ)」PRキャンペーンをスタートした。  続きを読む


2016年05月22日

ライラックまつりで太陽グループ東原社長ライブ参加


東原俊郎社長のソロ演奏(写真左。5月21日、大通公園6丁目ステージで)

札幌市の大通公園で行なわれている初夏の恒例イベント・さっぽろライラックまつりで、太陽グループ(本社札幌)の東原俊郎社長がトランペット奏者として加わったブラスロックバンド・ジミー東原オールスターズのライブが行なわれた。

  続きを読む

2016年05月20日

故加藤信吉・北海道中央バス元社長「お別れの会」を開催


(写真は、遺影に一礼して献花する会葬者)

 北海道中央バス最高顧問・元社長だった故・加藤信吉さんの「お別れの会」が5月19日午後、札幌市中央区の京王プラザホテルで開かれた。加藤さんと親交のあった人たちや経済界などから多くの人が参列、遺影を見上げながら次々に献花して在りし日の加藤さんを偲んだ。
  続きを読む

2016年05月12日

「北海道お菓子フェア2016」6月24日から開催


「北海道お菓子フェア2016」のポスター

今や北海道が誇る食の代名詞のひとつといえる菓子。その道産菓子の魅力を前面に押し出した一大イベント「北海道お菓子フェア2016」が、6月24日から7月3日までの10日間、札幌市中心部の複数会場で開催される。
  続きを読む


2016年04月25日

石川寿彦漫画展、時計台ギャラリーで25日から開催


漫画展会場内の石川寿彦氏

本誌の巻頭漫画を担当している札幌市在住の漫画家・石川寿彦氏(63)の作品展が、4月25日から同30日までの6日間、札幌時計台ギャラリー2階で開催中だ。開催時間は25日から同29日までが10時から18時まで。最終日の30日は10時から17時までとなっている。同氏の真骨頂といえる時事問題を題材にした作品を中心に、40点以上が展示されている。  続きを読む

2016年04月15日

コカ・コーラ 2016年度「北海道e-水プロジェクト」始動


今回助成を受けた団体の活動報告の様子(4月15日午後、本社2階講堂)

北海道コカ・コーラボトリング(本社札幌市清田区・佐々木康行社長)が、2010年から道、公益財団法人北海道環境財団との協働で取り組んでいる「北海道e-水(イーミズ)プロジェクト」。この2016年度キックオフミーティングが、4月15日午後に同社2階講堂で開催され、今年度にこの事業の支援を受ける8つの自然保護活動団体の発表と、その活動内容報告が行われた。
  続きを読む


2016年04月04日

世相を斬る漫画家、石川寿彦氏が4月25日から作品展を開催


今回の漫画展の出展作品を掲げる石川氏(豊平区西岡の自宅兼仕事場で)

 本誌の巻頭漫画を担当している札幌市在住の漫画家・石川寿彦氏(63)が、4月25日から同30日までの6日間、札幌時計台ギャラリーで作品展を開催する。同氏は自身の漫画展を約5年に1回のサイクルで行なっており、今回で6回目。同氏の真骨頂ともいえる政治・社会問題を取り上げた風刺漫画やオリジナルイラストなど約60作品を展示する。

  続きを読む


2016年04月03日

アンテナショップ、どさんこプラザ札幌店の売上げが過去最高を更新


北海道どさんこプラザ札幌店(JR札幌駅西通り北口)

 道の委託を受け一般社団法人北海道貿易物産振興会(本部札幌・滝沢靖六会長)が運営する道産品のアンテナショップ「北海道どさんこプラザ札幌店」の平成27年度(平成27年4月〜28年3月)売上速報値がこの程まとまった。

  続きを読む


2016年03月17日

北菓楼 創業25年来の悲願「札幌本館」を3月18日オープン


3月18日にオープンする北菓楼札幌本館

菓子製造大手ホリ(本社砂川・堀昭社長)グループの中核を担い、ヒット商品「北海道開拓おかき」などを手掛ける北菓楼(同)は3月18日、札幌市中央区の旧道立文書館別館跡に「北菓楼札幌本館」をオープンする。それに先立つ14日夕、メディア向けの内覧会が行なわれた。同社にとって札幌での路面店開業は、創業以来25年越しの悲願だった。
  続きを読む

2016年03月10日

不二屋本店見本市、森町「阿部商店」のレトルト版いかめしに注目


不二屋本店の見本市会場内

函館に本社を置く道内土産品卸大手の不二屋本店(名取明彦社長)は3月9日・10日の2日間、札幌市の北海道経済センターを会場に商品見本市を開催。ゴールデンウィーク以降から本格化する北海道の観光シーズン本番を前に、今シーズンに人気を集めそうな商品を探し求めて、駅や空港、ホテルなどの土産品店バイヤーらが大勢詰めかけた。

一言で土産品といってもお菓子や、海産物・農畜産品などの加工食品、北海道限定のキャラクター雑貨や「熊の木彫り」のような民工芸品など品目は多岐に及ぶ。同社は、その中でも菓子・食品の取り扱いに特化している。  続きを読む


2016年03月10日

劇団「うみねこ」が3月11〜13日まで二人劇「父と暮せば」


「父と暮せば」の舞台稽古。吉川勝彦前代表が父役で渾身のラストステージを飾る

小樽市の劇団「うみねこ」は明日3月11〜13日までの3日間、井上ひさしの戯曲で原爆投下後のヒロシマを舞台にした二人芝居「父と暮せば」を、小樽運河プラザ(色内2)多目的ギャラリーで上演する。今年1月末で代表を退いた吉川勝彦さん(71)が、「どうしても演じたかった」と満を持して「父」に挑む、その最後の舞台──。

物語の舞台は、原爆が投下されてから3年後のヒロシマ。図書館で働く娘のもとに原爆で亡くなった父が現れる。「うちは幸せになっちゃいけんのじゃ」……。父を見捨てて逃げ、生き残ったことへの罪悪感に苦しむ娘と、幽霊になって娘の恋を実らせようとする父の会話が悲しくもユーモラスに交わされる。  続きを読む