さぽろぐ

新聞・ニュース  |札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › ニッカ余市蒸溜所内に1月9日、「ニッカミュージアム」全面開業

2023年01月11日

ニッカ余市蒸溜所内に1月9日、「ニッカミュージアム」全面開業

ニッカ余市蒸溜所内に1月9日、「ニッカミュージアム」全面開業
スコットランド留学に関する“竹鶴イズム”展示ブース

後志管内余市町のニッカウヰスキー北海道工場余市蒸溜所内に新施設、「ビジターセンター」と「ニッカミュージアム」が完成。1月9日にグランドオープンした。

ニッカ余市蒸溜所内に1月9日、「ニッカミュージアム」全面開業
“竹鶴イズム”棟への連絡通路に展示されたニッカ歴代商品

2棟の建物からなる「ニッカミュージアム」。うち1棟は2021年10月に、ブレンダーの役割などを紹介するブレンダーズ・ラボ。「余市」「竹鶴」「ブラックニッカ」「フロム・ザ・バレル」のニッカを代表する4ブランドの魅力を伝えるストーリー・オブ・ニッカウヰスキー。中央に配したポットスチル(蒸溜器)がシンボリックなテイスティング・バー(有料試飲コーナー)などを整備する第一期工事を終え先行開業していた。

今回整備したもう1棟は“竹鶴イズム”をテーマに、創業者・竹鶴政孝の足跡や精神を伝える展示品が充実。スコットランド渡航時のパスポートや、現存するニッカ第1号のウイスキーなどいくつもの貴重な品々も展示されていた。

新設した「ビジターセンター」では、創業時から継承されているニッカのものづくりへのこだわりを伝えるショートムービーを放映している。

ニッカウヰスキーの魅力が詰まった同施設は、これからの余市観光の盛り上がりにも寄与していきそうだ。

ニッカ余市蒸溜所内に1月9日、「ニッカミュージアム」全面開業
グランドオープン前日にはメディア内覧会が行なわれた(写真は内覧会主催者たち。右からニッカウヰスキーの岩武公明北海道工場長、竹鶴政孝の孫でもある同社の竹鶴孝太郎顧問、ニッカディスティラリーサービスの大川高司社長、アサヒビールのワイン・スピリッツマーケティング部 吉田かほる部長)


同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
両国関係の“雪解け”を願い「日中友好・新年交流会」を開催 春節のタイミングに合わせ4年ぶりの盛会
全国から精鋭チームが集う昭和新山国際雪合戦 まもなく開催へ 今年からエンタメブース「スノーパーク」が復活
「介護難民を救え!」 能登半島地震被災地に介護職員を派遣する、つしま医療福祉グループが出陣式
例年好評のオホーツクフェア  今年は1月24・25日に開催   海と大地の恵み、オホーツクの魅力が満載
ナルク札幌のピンコロ劇団が文化祭で見せたシニアの底力 大盛り上がりの笑劇にやんやの拍手
北方ジャーナル12月号の誌面から 「戦時下のウクライナを歩いた元朝日新聞記者が札幌で報告会」② 
 両国関係の“雪解け”を願い「日中友好・新年交流会」を開催 春節のタイミングに合わせ4年ぶりの盛会 (2024-03-03 19:23)
 全国から精鋭チームが集う昭和新山国際雪合戦 まもなく開催へ 今年からエンタメブース「スノーパーク」が復活 (2024-02-22 16:24)
 「介護難民を救え!」 能登半島地震被災地に介護職員を派遣する、つしま医療福祉グループが出陣式 (2024-01-16 12:05)
 例年好評のオホーツクフェア 今年は1月24・25日に開催 海と大地の恵み、オホーツクの魅力が満載 (2024-01-10 16:58)
 ナルク札幌のピンコロ劇団が文化祭で見せたシニアの底力 大盛り上がりの笑劇にやんやの拍手 (2023-12-02 00:27)
 北方ジャーナル12月号の誌面から 「戦時下のウクライナを歩いた元朝日新聞記者が札幌で報告会」②  (2023-11-27 23:18)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
ニッカ余市蒸溜所内に1月9日、「ニッカミュージアム」全面開業
    コメント(0)