さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ

2018年08月20日

小樽の「出直し市長選」で4氏が第一声。8月26日の投開票に向け舌戦スタート


迫俊哉氏

現職の突然の辞職に伴う小樽市長選が8月19日告示された。同日朝、立候補した4氏が雨の中で第一声を上げ、同月26日の投開票に向けて舌戦がスタートした。

立候補したのは、前職で無所属の森井秀明氏(45)のほか元市総務部長の迫(はざま)俊哉氏(60)、元最高裁事務官の鳴海一芳氏(63)、前市保健所長の秋野恵美子氏(66)の新人3人(いずれも無所属)。「脱しがらみ」を掲げ議会と激しく対立したこれまでの森井市政3年間の評価や人口減対策などが争点となる。
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 14:30Comments(0)政治経済

2018年08月12日

【速報】恵庭OL殺人事件の大越美奈子さんが満期出所


札幌刑務所の近くで報道各社の囲み取材に応じる伊東秀子主任弁護士(8月12日午前8時40分過ぎ)

恵庭OL殺人事件で有罪となり服役していた大越美奈子さんが8月12日朝、札幌刑務支所を出所した。2000年3月の事件発生から18年。冤罪が疑われる中での満期出所となった。伊東弁護士によれば心身ともに健康だが、しばらくは自宅で静養するとのこと。記者会見などは未定。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 10:48Comments(0)

2018年08月12日

北方ジャーナル2018年9月号




8月12日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】道警不祥事から考える〈26〉

轢き逃げ犯は警察官だった
重傷被害者放置して逃走
無申告のまま勤務3カ月



本号が店頭に並ぶころには、起訴・不起訴の別が決まっていることになる。本年4月に札幌市の住宅街で起きた轢き逃げ事件で、北海道警は発生3カ月後に容疑者を逮捕・送検した。現場近くに住む女性を車で轢ね、頭と腕に大怪我を負わせたまま逃走していたのは、機動隊に勤務する28歳の男性巡査長。本誌がこれまで指摘してきた複数の未発表轢き逃げ事件とは異なり、道警は今回、身内の犯罪を自ら公表することになった。同時期に開示された本年上半期の不祥事報告と併せ、現時点でわかっている事実を記録しておく。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】HIV偏見と闘う

「なぜ今、病院で…」
HIV陽性で内定取り消し
社会福祉士男性が病院を提訴



偏見の主は、医療機関だった――。昨年12月、北海道に住む社会福祉士の男性が道内の病院の採用面接を受け、内定通知を受け取った。本年2月に彼を迎え入れる筈だった病院はしかし、突然その採用を見送ることになる。理由は、男性が自身のウィルス感染症を申告しなかったこと。過去にその病院でHIV陽性の診断を受けたという彼は、医療機関としての姿勢を問う訴訟の提起を決断する。「20年前ならいざ知らず、このご時世、病院に差別が残っているとは想像もできませんでした」(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】ザイ・コンファーム社・小林健治氏の貸金業法疑惑を追う

「貸金利息は顧問料扱いで」
“小林財団”と訣別したJA阿寒組合長



この春以降、取り上げてきた株式会社ザイ・コンファーム(以下ザイ社・札幌市)の代表・小林健治氏の貸金業法違反疑惑。5月号では法廷闘争に発展したハイヤー会社との金銭トラブルを、6月号では小林氏が融資事業目的に阿寒農協を利用して財団法人を立ち上げたことを報じたが、ここにきて財団法人のトップを任された同農協の野村宏組合長が6月号発売直後に代表理事を辞任していたことが判明。融資がらみで小林氏から被害を受けたとする告発も相次いでいる。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】森井氏が仕掛けた「出直し小樽市長選」を占う

戦後初、四つ巴の戦いに発展
大義なき選挙で問われる民意
8月26日投開票に向けて激戦は必至


森井秀明前小樽市長(45)の辞職に伴う出直し市長選が8月19日告示、同26日投開票される。再選を目指す森井氏のほか元市総務部長迫俊哉氏(59)、前市保健所長・秋野恵美子氏(66)、元最高裁事務官・鳴海一芳氏(63)の無所属の新人3人が名乗りを上げて混戦模様となっている。「大義なき選挙」とされる今回の出直し選に複数の新顔が挑むのは、森井市政の3年間に多くの有志が「NO」を突きつけたことに他ならない。迫氏は自民など5団体の推薦を取り付け、鳴海氏は前回の市長選で森井氏を応援した共産党系団体の支持を受けることが決まった。予想される厳しい選挙戦の行方は──。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)バックナンバー

2018年08月10日

お盆休業のお知らせ



誠に勝手ながら弊社では8月11日(土)から15日(水)まで、お盆休業期間とさせていただきます。本誌バックナンバー及び書籍のご注文につきましては、8月16日(木)以降の受付・発送となりますので、ご了承ください。

また休業期間中のメールでのお問い合わせなどにつきましても、同16日より順次対応させていただきます。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 
                     有限会社Re Studio 総務部    

Posted by 北方ジャーナル at 09:11Comments(0)

2018年08月07日

下川町が「久遠チョコレート」でSDGs推進へ


SDGs推進事業に関する連携協定を交わした3者(右からラ・バルカの夏目浩次代表理事、谷一之下川町長、ベルシステム24の柘植一郎社長。7月31日、ANAクラウンプラザホテル札幌で)

道内屈指の森林のまちで、葛西紀明・伊藤有希など世界で活躍するスキージャンプ選手のふるさととしても知られる下川町。同町は7月31日、ベルシステム24ホールディングス(本社東京、柘植一郎社長)と一般社団法人ラ・バルカグループ(本部愛知、夏目浩次代表理事)の2者と連携協定を交わし、SDGs(エス・ディー・ジーズ)推進の取り組みを始めた。  続きを読む


2018年08月04日

「北の商都」を醸成してきた魅力が大集合 。「小樽・まち文化博覧会」9月11日から開催


9月11日から「小樽・まち文化博覧会」が始まる市立小樽文学館

市立小樽文学館で企画展「小樽・まち文化博覧会」が9月11日から10月28日までの日程で開かれる。“商都”小樽が醸成してきた、まちの魅力や個性を往時のチラシやパッケージ、マップ、写真、実際に使われていた道具といった多彩な資料を通して振り返る内容だ。
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 14:58Comments(0)

2018年08月01日

ホテルオークラ札幌 北海道150年を記念し、ふたつのフェア開催


おおば比呂司「味のある旅」
桃花林アラカルトメニューより
『時知らずのバター焼き 鮭節の香りを添えて』


ホテルオークラ札幌は8月1日からの1カ月間、北海道150年を記念したふたつのレストランフェアを実施する。
ひとつは、同ホテルが毎月道内さまざまな地域の食材にクローズアップして行なっている地域フェアの集大成ともいえる「北海道味紀行」。もうひとつは、北海道にゆかりの深い札幌出身の画家・故おおば比呂司氏の没後30年の節目として企画した、「おおば比呂司 味のある旅」だ。
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 09:02Comments(0)

2018年07月30日

道庁赤れんが庁舎前で「障害者就労カフェ」を8月21日まで開催中


道庁赤れんが庁舎前庭に開設された障害者就労カフェ。オリジナル雑貨の販売も行なわれている

札幌市中央区の北海道庁赤れんが庁舎前庭に「障害者就労カフェ」が7月23日から8月21日までの期間限定で開設され、観光客らの人気を集めている。道庁赤れんが前庭を活用した障害者の就労支援事業として4年前にスタートし、今年は市内で就労継続支援B型事業所を運営する㈱E‐Z‐Oが出店した。事業所利用者3人程度と支援員が交代でカフェ「サッポロシティ SAN‐EN(サンエン)」を切り盛りしている。

  続きを読む


2018年07月14日

北方ジャーナル2018年8月号




7月14日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。


報道】急転直下の小樽市長選──森井市長が辞職し「出直し選挙」へ

会見で強調した「議会の被害者」
狙いは先手必勝の対抗馬潰し?



自身の後援会関係者が運営する観光船の違法係留問題などで、市議会から2度の辞職勧告を突きつけられていた小樽市の森井秀明市長(45)が7月4日、任期途中で辞職し「出直し市長選」に出馬する意向を明らかにした。対立が続く市議会との関係に行き詰まり「民意を問う」構えだが、真の狙いは先手必勝──。来春の市長選に立候補を表明している市の元総務部長、迫(はざま)俊哉氏(59)潰しにあるとの見方がもっぱらだ。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【報道】悲劇乗り越え、障碍者支援を

ようやく息子は“被害者”に――

「心神喪失」事件の情報提供、始まる
札幌の遺族が挙げた声、実を結んで



長く求め続けて得られた成果を、その人は「大きな一歩」と評価する。これでようやく、息子は“被害者”になることができた――。2014年2月、札幌市内の精神障碍者グループホームに勤める男性が、心神喪失状態の施設利用者に殺害される事件が起きた。加害者の起訴が見送られ「医療観察」が決まったことで、遺族は事件の“蚊帳の外”に置かれることになる。理不尽な制度の改善を訴え続ける声を国が聴き入れ、その「一歩」を示したのは、本年6月下旬のこと。突然の悲劇から、4年あまりが過ぎていた。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】優生思想の罪、法廷へ(2)

「私は産みたかったです」

強制不妊、札幌で追加提訴
「堕胎も強要」被害者が証言



手術が行なわれた日、白木の位牌を買ってきました――。37年前のある日、その夫婦は初めての子を授かった。手を取り合って喜んだという2人はしかし、親族の「堕ろして」の一言で生涯消えない傷を負うことになる。前号で報告した、旧優生保護法下での強制不妊手術問題。札幌市の小島喜久夫さんに続いて声を挙げた被害者は、人工妊娠中絶手術を強制された上、さらに不妊手術を強いられる悲劇を味わっていた。ともに古希を過ぎた今も、その日を忘れることはないという。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】裁判所の透明度を問う

「データを含めて存在しない」

不祥事発表の有無、開示せず
裁判所「情報公開」の実態



文書は、廃棄済みである――。昨年12月、最高裁判所から本稿記者に届いた『司法行政文書不開示通知書』の一節だ。記者が求めていたのは、その前年(2016年)に記録された全国の裁判所の不祥事の“発表の有無”がわかる文書。司法の役所が身内の不祥事をきちんと公表しているかどうか、それらの文書を通じて検証する目的があった。ところが最高裁は、当該文書を1年ほどで「廃棄」したという。これを受けた記者が第三者委員会に苦情を申し立てたところ、本年6月中旬にようやく答申が届いたのだが…。(小笠原 淳)

  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)バックナンバー

2018年07月10日

来年7月の参院選、立憲民主・勝部道議が立起


参院選への出馬を表明した勝部氏(7月9日、ホテルポールスター札幌で)

立憲民主党の勝部賢志道議は7月9日にホテルポールスター札幌で記者会見を行ない、来年7月の第25回参院選への出馬を表明した。
勝部氏は1959年千歳市出身の58歳。北海道教育大学札幌分校を卒業した後、江別市・千歳市・石狩市(厚田区)の小学校教員として19年勤務。2000年には北教組石狩支部書記長。03年に道議会議員に初当選し、現在まで4期務める。17年には道議会副議長に就任した。
  続きを読む
タグ :参院選


Posted by 北方ジャーナル at 15:20Comments(0)政治経済
QRコード
QRCODE