さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › クラフトビールに本麒麟、キリン試飲会で注目商品ズラリ

2018年02月19日

クラフトビールに本麒麟、キリン試飲会で注目商品ズラリ


試飲会は昼12時から19時まで催された(2月15日、メルキュールホテル札幌で)

キリンビールやメルシャン、北海道キリンビバレッジなどが出展した2018年のキリングループ総合試飲会が2月15日、メルキュールホテル札幌で催され、飲食店事業者など約340人が詰め掛けた。


「タップ・マルシェ」の使いやすさを紹介していたキリンビール札幌支社の山田副主任

会場内で特に力を入れてPRしていたのが、さまざまな種類のクラフトビールを手軽に提供できるという小型多品種ディスペンサーの「タップ・マルシェ」。これは4種類のクラフトビールをひとつの機械で提供できるというもの。ディスペンサーの寸法は幅356㎜×奥行740㎜×高さ629㎜と置き場所に困る心配もあまりなさそうなコンパクト設計で、ビールの充填は軽量な3ℓペットボトルによるカートリッジ方式。容器の脱着も簡単で、劣化を防ぐガスバリア機能も備えている。

道内では既に約30店舗が「タップ・マルシェ」を導入しているが、本格的な販促展開は3月14日から。現時点で選べるクラフトビールは11種類だが、今後は種類を追加していく計画もある。ディスペンサーは無償貸与し、設置も専門の業者が担当する。
会場で「タップ・マルシェ」を解説し、自身も飲食店への営業を担当しているというキリンビール札幌支社第2支店所属の山田あよん副主任によると、「居酒屋さんなどタップ・マルシェに関する反応は上々です」とのこと。

また試飲会場とは別に、同ホテルのレストラン「ボルドー」ではクラフトビールの魅力を伝えるセミナーが計3回行なわれた。


キリンビールのコーポレートカラーと同じ赤の「本麒麟」

このほか、会場で目立っていたのは3月13日に発売するビール系新ジャンルの「本麒麟」。同社の新ジャンルでは「のどごし〈生〉」が売れ筋に定着しているが、同品に次ぐ新たな柱として展開する。会社ロゴにも用いられている同社コーポレートカラーの赤を基調とした缶デザインは、スーパー・コンビニなどの売場で多くの人から注目されそうだ。年間販売数量は全国で6万5000㎘を見込んでいる。



同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
下川町が「久遠チョコレート」でSDGs推進へ
道庁赤れんが庁舎前で「障害者就労カフェ」を8月21日まで開催中
さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願
北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演
流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」
ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力
 下川町が「久遠チョコレート」でSDGs推進へ (2018-08-07 13:22)
 道庁赤れんが庁舎前で「障害者就労カフェ」を8月21日まで開催中 (2018-07-30 11:32)
 さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願 (2018-06-20 17:24)
 北海道にもゆかり深い維新志士と幕臣の末裔、黒田清揚氏が講演 (2018-06-08 09:33)
 流通バイヤー集結。今年も盛況だった「北海道産品取引商談会」 (2018-06-07 13:42)
 ホテルオークラが伝える道都・札幌の“食”の魅力 (2018-06-04 09:33)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
クラフトビールに本麒麟、キリン試飲会で注目商品ズラリ
    コメント(0)