さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 文化(文芸・アート・音楽) › 胆振東部地震を乗り越え、新千歳空港国際アニメーション映画祭11月2日開幕へ

2018年10月11日

胆振東部地震を乗り越え、新千歳空港国際アニメーション映画祭11月2日開幕へ


挨拶する名誉委員長古川タク(左端)ら実行委員会のメンバー(10月10日、札幌市内中央区)

【リアルエコノミー提携】第5回新千歳空港国際アニメーション映画祭(実行委員会主催)が11月2日(金)から5日(月)までの4日間開催される。空港ターミナルビルの映画館「ソラシネマちとせ」などを利用した映画祭で、国内外から募集したコンペティション作品や招待作品の上映が行なわれる。北海道胆振東部地震の被害を受けたターミナルビルでの開催は当初危ぶまれたが、10月6日に映画館を含めてビルは完全復旧、予定通り開催されることになった。


久野遥子氏が担当した今回の映画祭のメインビジュアル
Illustration by Yoko Kuno

映画祭は、「コンペティション」「招待作品」「展示ワークショップ」の3部門に分かれて開催される。コンペティション部門では、86の国と地域から過去最多の2043作品の応募があり、1次選考を経た海外40作品、国内12作品などが上映される。今回から新たに30分以上の長編作品の応募も受け付け、25の国と地域から49作品が集まり5作品がノミネート上映される。国際審査員などの審査を経て最終日に各部門のグランプリや新人賞が決まる。

「招待作品」の上映では、11月3日に手塚治虫生誕90周年を迎えることから日本初の長編TVアニメシリーズ『鉄腕アトム』の初回モノクロ作品や、日本テレビの伝説的テレビ番組『11PM』で放送されたクリヨウジ氏の『ミニミニアニメーション』、TVアニメシリーズからセレクションした『ポプテピピック』がそれぞれ上映される。
 さらに新海誠監督の代表作『秒速5センチメートル』を世界初の爆音上映、『リズと青い鳥』を音楽ライブ用機材を使った迫力音響で上映し、山田尚子監督も舞台挨拶する。

人気声優を招いたプログラムでは、TVアニメ『少女☆歌劇レヴュースタァライト』から小山百代(愛城華恋役)、相羽あいな(西條クロディーヌ役)、『ゴールデンカムイ』の小林親弘(杉元佐一役)、白石晴香(アシリパ役)がそれぞれ作品上映と共にトークショーを行なう。

10月10日、札幌市内で行なわれた会見で実行委員会の名誉委員長を務めるアニメーション作家で日本アニメーション協会会長の古川タク氏は、「今回の映画祭が、震災復興の起爆剤になってほしいと願っている」と話した。また、実行委員長で東京造形大学教授、日本アニメーション学会会長の小出正志氏は、「映画祭が困難を乗り越えて開幕を迎えるのは大変意義深い。日本にアニメーション文化が根付くためには特色ある映画祭が数多く開かれることが大切。新千歳アニメ映画祭は、西の広島国際アニメーションフェスティバルと並び称される日本を代表する国際アニメーション映画祭に育ってきた。海外の作家からも評価される映画祭になっている」とアピールした。


同じカテゴリー(文化(文芸・アート・音楽))の記事画像
帝銀事件で獄中死した画家 平沢貞通の企画展を小樽で開催中
キタコー・草野馨元会長が自伝出版記念パーティーを開催
ニトリ小樽芸術村、一部施設をメディア公開
「新千歳空港国際アニメ映画祭2015」が10月31日から開催へ
新千歳空港の映画祭でポーランドの「ジーゲノート」がグランプリ
世界初!「新千歳空港国際アニメーション映画祭2014」が開幕
同じカテゴリー(文化(文芸・アート・音楽))の記事
 帝銀事件で獄中死した画家 平沢貞通の企画展を小樽で開催中 (2017-11-09 16:19)
 キタコー・草野馨元会長が自伝出版記念パーティーを開催 (2017-02-28 09:42)
 ニトリ小樽芸術村、一部施設をメディア公開 (2016-07-15 16:35)
 「新千歳空港国際アニメ映画祭2015」が10月31日から開催へ (2015-10-06 10:28)
 新千歳空港の映画祭でポーランドの「ジーゲノート」がグランプリ (2014-11-04 12:47)
 世界初!「新千歳空港国際アニメーション映画祭2014」が開幕 (2014-11-01 11:24)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 32人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
胆振東部地震を乗り越え、新千歳空港国際アニメーション映画祭11月2日開幕へ
    コメント(0)