さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 文化(文芸・アート・音楽) › 「砂澤ビッキ生誕80周年」を記念した展覧会を開催

2011年11月17日

「砂澤ビッキ生誕80周年」を記念した展覧会を開催


ビッキの“魂”に触れる展覧会


 11月20日から来年2月12日までを会期に北海道立旭川美術館で「砂澤ビッキ─ポリへドロンの世界─」と題された展覧会が開催される。本展は北海道が生んだ稀代の芸術家、砂澤ビッキ氏(1931〜1989)の生誕80周年を記念して開かれるもの。「生誕80周年記念砂澤ビッキ展」旭川市実行委員会などの主催。

 今回の展覧会は、音威子府村エコミュージアムおさしまセンターBIKKYアトリエ3モアのコレクションを中核に、北海道立近代美術館、札幌芸術の森美術館、北海道立旭川美術館が所蔵する代表作が集められた。砂澤ビッキの造形世界に加え、油彩、素描、文様デザイン、詩など多彩な表現を通して「砂澤ビッキ」という芸術家のポリへドロン、すなわち多面体的な世界の一端を紹介しようというもの。観覧料は一般・大学生が600円。
※詳細は北海道立旭川美術館(☎0166-25-2577)まで。 (く)


同じカテゴリー(文化(文芸・アート・音楽))の記事画像
胆振東部地震を乗り越え、新千歳空港国際アニメーション映画祭11月2日開幕へ
帝銀事件で獄中死した画家 平沢貞通の企画展を小樽で開催中
キタコー・草野馨元会長が自伝出版記念パーティーを開催
ニトリ小樽芸術村、一部施設をメディア公開
「新千歳空港国際アニメ映画祭2015」が10月31日から開催へ
新千歳空港の映画祭でポーランドの「ジーゲノート」がグランプリ
同じカテゴリー(文化(文芸・アート・音楽))の記事
 胆振東部地震を乗り越え、新千歳空港国際アニメーション映画祭11月2日開幕へ (2018-10-11 09:13)
 帝銀事件で獄中死した画家 平沢貞通の企画展を小樽で開催中 (2017-11-09 16:19)
 キタコー・草野馨元会長が自伝出版記念パーティーを開催 (2017-02-28 09:42)
 ニトリ小樽芸術村、一部施設をメディア公開 (2016-07-15 16:35)
 「新千歳空港国際アニメ映画祭2015」が10月31日から開催へ (2015-10-06 10:28)
 新千歳空港の映画祭でポーランドの「ジーゲノート」がグランプリ (2014-11-04 12:47)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 32人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
「砂澤ビッキ生誕80周年」を記念した展覧会を開催
    コメント(0)