さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ファクトリーで恒例のクリスマスツリー点灯式

2009年11月02日

ファクトリーで恒例のクリスマスツリー点灯式



 10月31日、サッポロファクトリー(札幌市中央区)で毎年恒例のジャンボクリスマスツリー点灯式が行なわれた。

 広尾サンタランドから贈られた樹齢約45年、高さ約15メートルのトドマツに、初めてとなる一般公募によるデザインの装飾が施された。クリスマスギフトを運ぶトナカイのイルミネーションを始め、カラーボールやリボンなどをつけた美しい仕上がりになっている。


ライトアップキッズらによる点灯式

 点灯式では、10名のライトアップキッズ、ツリーデザインコンテストのグランプリ受賞者、広尾サンタキッズ、村瀬優・広尾町長らがカウントダウンに合わせて点灯スイッチを押すと、ジャンボツリーを含む館内約15万個のイルミネーションに一斉に灯がともった。会場を埋め尽くした買物客らは感嘆の声を上げながら、ひと足早いクリスマスムードに浸っていた。

 クリスマスイルミネーションはアトリウム内のジャンボツリーのほか、煙突広場、レンガ館、フロンティア館、2条館地下などに設置されており、毎日16時から点灯する。期間は12月25日(予定)まで。 (や)






Posted by 北方ジャーナル at 00:11│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ファクトリーで恒例のクリスマスツリー点灯式
    コメント(0)