さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


2010年01月18日

『透析患者の血管を救え!』好評発売中!!



 先月、道内主要書店で発売となった『透析患者の血管を救え! ~小笠原クリニック札幌病院「シャントトラブル血管センター」開設1年の記録から~』(著者:小笠原クリニック札幌病院 院長 川崎浩一・院長マネージャー 松田大生)が、オンラインストアのAmazonでも取扱いが始まりました。現在、在庫状況が「一時的に在庫切れですが、商品が入荷次第配送します」と表示されてしまっていますが、注文が入り次第入荷・配送の手続きがとられるそうです。

 糖尿病患者の急増に伴い、人工透析の患者も毎年1万人ものペースで増え続けています。2008年末時点でその数は全国で約28万人。約450人に1人が透析を受けている計算です。北海道も毎年500人ペースの増加傾向にあり、約1万4000人もの方が透析を受けています。

 人工透析は血液透析という方法を行なうのが一般的ですが、その血液透析で無くてはならないのが血液の取り出し口である“シャント”。このシャントが血の塊で狭くなったり詰まってしまうなどのトラブルに見舞われたとき、対処できる医療機関は意外なほどに少ないのが現状です。

 シャントが詰まってしまえば、患者は透析を続けられなくなり、命の危険に晒されてしまいます。透析患者は年々急増しているのに、こうしたトラブルが起きたときの受け皿はまだまだ不足している状況なのです。こうした状況を少しでも改善しようと、札幌市にある小笠原クリニック札幌病院は08年5月に北海道内の民間病院では初めて、このシャントトラブルに24時間年中無休で専門対応する使節「シャントトラブル血管センター」を開設。オープン以来、札幌市内だけではなく、道内全域から続々と患者が搬送されており、その対応に日々追われているところです。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 11:53Comments(0)お知らせ

2009年10月08日

「北方ジャーナル」がセイコーマートでも買える!



 本誌「北方ジャーナル」が道内コンビニチェーンのセイコーマートでも買えることになりました。10月15日に発売される来月号(09年11月号)から札幌・小樽・石狩3市の約300店舗で取り扱いが開始されます。今年6月からは札幌圏のJRキヨスクでも取り扱いが始まっており、さらにお買い求めやすくなります。

 セイコーマートは格安で良質なPBなどが人気を博している地元のコンビニチェーン。いわゆる地方誌である本誌も、引き続き読者に支持される誌面づくりに努力していきたいと考えています。ちなみにコンビニへの本格展開は本誌として初めて。この場を借りて、今回の実現に当たって尽力いただいた同社をはじめ関係各位には、厚くお礼申し上げます。

 来月号も報道特集、注目特集、地元情報が満載の本誌。これからはセコマに寄ったら、ぜひ北方ジャーナルを探して欲しい!

     本誌編集・発行人 工藤年泰
  


Posted by 北方ジャーナル at 16:06Comments(0)お知らせ

2009年06月10日

「北方ジャーナル」がJRキヨスクでも買える


これからはキヨスクでも本誌のチェックを

 本誌「北方ジャーナル」が、09年7月号(6月15日発売)からJRキヨスクの棚に並ぶことになった。とりあえず札幌圏の大きな店舗から取り扱いが始まるが、徐々に扱い店舗を増やしていきたいと考えている。

 これまでは全道一円での書店販売と定期購読者への郵送がメインで、昨年からは大手の雑誌専門サイトとも契約し、ネット販売なども手掛けてきた。だが、以前から読者の皆さんに道内での流通網の拡大を求められてきた経緯があり、今回遅まきながら、その一歩を踏み出した形だ。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 17:34Comments(0)お知らせ

2009年03月16日

「ジャーナル出版社」が「振り込め詐欺」!?



月刊誌「北方ジャーナル」を発行しているのは、
(有)リ・スタジオです。お間違えなく!

「『月刊ジャーナル』を出している『ジャーナル出版社』というところから身に覚えのない請求書が送られてきたんですが、これ北方さんとは関係ありませんよね」

 最近、こう編集部に電話をかけてきたのは本誌が長年おつきあいを頂戴している某クライアントの担当者氏。

 この報告を受けた私には「またか」という思いが去来した。実はこの「ジャーナル出版社」は過去にも「請求書サギ」が疑われる行為で問題になったことがあったからだ。手口はこうだ。例えば本誌の企画特集に登場した広告クライアントに「◎◎◎◎◎特集広告料」などと但し書きを付けた請求書を勝手に送りつけ、記載した銀行口座に振り込みを促すのである。請求金額はおおむね2万円前後と、そう高額ではないのが特徴で、今回、発覚した「架空請求」も2万円だった。
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 18:40Comments(8)お知らせ

2008年09月23日

『Fujisan.co.jp』でも『北方ジャーナル』買える!



 このたび、雑誌のオンライン書店『Fujisan.co.jp』で本誌『北方ジャーナル』の取扱いが開始されました! 定期購読はもちろん、最新号もバックナンバーも1冊からお求めいただけます。

 『Fujisan.co.jp』内の北方ジャーナルのページには最新号の目次と定期購読のお申し込みフォームがあります。1冊単位のご購入はバックナンバーのリンクから行なえます。

 バックナンバーも目次が完全掲載(2年前からの目次を整理するのは骨が折れましたヨ…)しておりますので、気になる記事がありましたら、ぜひお求めを。もちろん、これまでと同様に当ブログの右サイドバーのメールボタンからもお買い求めいただけます。

 創刊40年を超える『月刊現代』が12月で休刊、『論座』も10月号で休刊となり、「総合月刊誌の役割低下 読者離れ」なんて見出しが某大手新聞に載っておりましたが、時代を撃つ北の報道・評論誌『北方ジャーナル』はまだまだ元気!…と言えるように日々社長を先頭に経営努力しております。ただ、カラ元気にならないように、これからも読者に“読まれる努力”を続けていきます。今の北方ジャーナルは「面白い」と作り手として自信を持って言えます。ぜひ一度、「読んでみてください」。

(は)  


Posted by 北方ジャーナル at 10:08Comments(0)お知らせ

2008年08月14日

書店に行こう!


08年9月号は、この絵が目印


 14日、月刊北方ジャーナル08年9月号が発売になりました。本誌は以下の道内主要書店(一部のみ記載)でお買い求めいただけます。売り切れている、もしくは棚にない場合は店員さんまでご注文を。また定期購読やバックナンバーなどについては発行元の弊社、有限会社Re Studioまでお問い合わせください。

【バックナンバー一覧はこちら】


 ネットメディアの浸透などで活字離れが進み、本屋さんから足が遠のいていると言われることがあります。しかし、どっこいマチの本屋さんは今でもけっこう頑張っています。規模の大小を含めそのアナログな魅力や地域に果たしている役割は決して小さなものではありません。

 本誌はマチの本屋さんを応援します。そして、本屋さんに応援される媒体づくりを目指したいと思います。

月刊北方ジャーナル
編集・発行人 工藤年泰

◆有限会社Re Studio
・011・711・5181
・メール

(スパム対策のため画像です)


【札幌市中央区】
●アテネ書房●リーブルなにわ●文教堂札幌ロビンソン店●旭屋書店JRタワー店
●紀伊国屋書店札幌本店●紀伊国屋書店オーロラタウン店●文教堂宮の森店
●みどりや書店●明正堂山鼻店●未来屋書店桑園店
【札幌市北区】
●コーチャンフォー新川通り店●文教堂新琴似店●ブッククラブイトーヨーカドー屯田店
●文教堂北49条店
【札幌市東区】
●ダイヤ書房本店●丸善札幌アリオ店●宮脇書店札幌元町店●未来屋苗穂店
【札幌市厚別区】
●紀伊国屋書店厚別店●ゲオ上野幌店●ツタヤ厚別西4条店●ツタヤ厚別ひばりが丘店
【札幌市豊平区】
●コーチャンフォーミュンヘン大橋店●月寒書店●文教堂平岸5条店
【札幌市西区】
●文教堂西野3条店●ダイヤ書房発寒店●文教堂琴似駅前店●未来屋発寒店
【札幌市白石区】
●ツタヤ札幌インター店●文教堂札幌ルーシー店●ツタヤ札幌菊水店
【札幌市手稲区】
●いけだ書店手稲店
【札幌市南区】
●ふきのとう書房真駒内店●OWL藤野店●コープソシア●ポスフール藻岩店

【旭川市】
●宮脇書店旭川店●宮脇書店旭川豊岡店●マル中水晶堂書店●冨貴堂豊岡店
●未来屋旭川シーナ店●未来屋旭川西店
【網走市】
●フジヤ書店
【石狩市】
●OWLいしかり●未来屋石狩店
【岩見沢市】
●コープ岩見沢南店●ブッククラブ岩見沢店●ゲオ岩見沢店
【恵庭市】
●アシーネ恵庭●矢野商店●岡本書店恵庭店
【江別市】
●ツタヤ上江別店●ブッククラブ江別店
【小樽市】
●ブッククラブ桂岡店●紀伊國屋書店小樽店●喜久屋書店小樽店
【音更町】
●ツタヤ木野店
【帯広市】
●くまざわ書店帯広藤丸店●宮脇書店帯広店
【北広島市】
●ゲオ北広島店●本と文具のみなみ
【釧路市】
●ブック亭●ブックスHIROSEジャスコ店●コーチャンフォー釧路店
【栗山町】
●白光堂書店●金岩商店
【新ひだか町】
●ポスフール静内店●ゲオ静内店
【砂川市】
●いわた書店
【滝川市】
●中川文潮堂●ブックスきたの滝川店●ツタヤ滝川店
【伊達市】
●ポスフール伊達店●ゲオ伊達末永店
【千歳市】
●紀伊国屋書店千歳店●井上書店
【苫小牧市】
●佐藤書店●ブックメディアン明野店●未来屋苫小牧店
【函館市】
●三省堂書店川原店●文教堂函館昭和店●くまざわ書店函館店●栄文堂
【北斗市】
●栄好堂北斗店
【三笠市】
●未来屋三笠店
【むかわ町】
●ジョイフルショップオオエ●コープむかわ
【室蘭市】
●ツタヤ中島店●まるぜん長崎屋なかじま店●ゲオ室蘭東町店
【紋別市】
●ツタヤ紋別店●ポスフール紋別店
【稚内市】
●クラーク書店●クラーク書店中央店●ゲオ稚内店
  


Posted by 北方ジャーナル at 09:35Comments(0)お知らせ

2007年10月10日

【購読のご案内】

 「北方ジャーナル」は昭和47年(1972年)に札幌で誕生した月刊雑誌です。いわゆる地元政経誌のジャンルに分類される媒体ですが、生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行元になっています。毎月15日前後に発売される本誌は道内有名書店などでお買い求めいただけますが、このウェブログ上からもバックナンバーや購読に関しての問い合わせ、申し込みを受け付けています。

 トップ画面にある「メール」ボタンをクリックし氏名や連絡先を明記のうえ当社・有限会社Re Studio(リ・スタジオ)に送信してください。お問い合わせの内容に応じて当社担当者よりご連絡させていただきます。年間購読料は1万円(税・送料込み)。1冊880円(税込み)の定価となっております。本ウェブログともども皆さんの御愛読をお待ちしています。  


Posted by 北方ジャーナル at 13:38Comments(0)お知らせ
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 33人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ