さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › お知らせ › 新刊のご案内『看護が変われば、病院が変わる!』

2011年05月15日

新刊のご案内『看護が変われば、病院が変わる!』





看護が変われば、病院が変わる!(税込価格1,280円)が本日発売!
道内書店、Amazon.co.jpでお求めいただけます。


倒産寸前…。
病院の再生に看護師が
たったひとりで立ち向かった!


「病院だけは潰れない」と信じられていた時代はとうに過ぎ去り、いまや病院の倒産は決して珍しいものではなくなりました。

まるで時が止まったかのように古い医療機材が並び、建物はボロボロ、ベッドも空きが目立っていたシオン山鼻病院(北海道札幌市。現・医療法人大空 札幌南病院)も、そんな時代の荒波に呑み込まれそうになっていました。

当時は、「もう終わりだ」と関係者でさえ諦めていたような状況でしたが、そんな病院も今では入院待ちの患者も現れ、全国初の取り組みにテレビや新聞などのマスコミも注目する病院にまで生まれ変わっています。

しかも、そんな病院再生のサクセスストーリーを描いたのはドクターでもなければ医療コンサルタントでもありません。

たったひとりの看護師が病院再生という難題に挑んだのです。

本書はその再生の軌跡と、「目標はまだまだ先にある」と語る著者の将来展望を描きます。

今後、注目されるであろう病院の姿、看護の姿とはどんなものなのか──。
現代の医療、そして看護が抱える課題とはなにか──。

そんな疑問にも答える一冊となっています。

「看護師になって本当に良かった!」
看護師の皆さん、必読デス!


現代の看護が失いかけている「看護の本質」とはなにか、そして看護師という仕事でしか得られない喜びについても著者は語りかけています。

「現役看護師さん、あるいはこれから看護師をめざす学生さん、看護教育に携わっている方々にぜひ読んでほしい」とは、著者の日向明美さん。

医学と看護のはざまで苦しみ自信を失いかけている看護師に勇気を与えるだけでなく、「現代医療を救う“本当の看護”の姿」を綴る本書は、看護部門に限らず医療の世界で働く方々や、一般の方々にもぜひ読んでいただきたい一冊です。

(主な内容)

●時が止まったような病院と患者さんのいない病床
●病院再生に挑む…看護師が組織改革。他の病院に営業も
●全国初!看護師確保に「1カ月1時間からOK」の超短時間勤務制度を導入
●著者の生い立ち…両親の離婚、難病の発症、母の自殺、家族との別離、親友と恩師の死──、数々の苦難を乗り越えさせてくれたのは看護だった!
●自宅で死ぬということ
●高齢社会の今こそ看護の時代
●白衣の天使は絶滅危惧種!?
●看護師が失ってしまいがちなこと
●看護にしかできないことを取り戻そう…医学と看護の違い
●看護師という仕事でしか得られぬ喜び

[著者プロフィール]

日向 明美(ひうが・あけみ)
昭和36年生まれ。平成20年に医療法人シオン(現医療法人大空)に業務推進部長として入職。翌年7月、副院長兼看護部長に。趣味は温泉巡りとキャンプ、韓流ドラマ。

『看護が変われば、病院が変わる!』
著者:日向 明美
発行所:Re Studio
定価:1,280円 (本体価格1,219円+税)
ISBN978-4-86381-039-6 C0047
188ページ・四六判





同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
本日発売! 北方ジャーナル2017年5月号
不祥事報告記事で誤報 本誌、道警に謝罪
お盆休業のお知らせ
弊社の新刊『心臓の病気で死なせない2』絶賛発売中!
【お知らせ】年末年始の本誌購入について
お盆休業のお知らせ
同じカテゴリー(お知らせ)の記事
 本日発売! 北方ジャーナル2017年5月号 (2017-04-15 00:00)
 不祥事報告記事で誤報 本誌、道警に謝罪 (2017-03-16 14:59)
 お盆休業のお知らせ (2016-08-12 09:14)
 弊社の新刊『心臓の病気で死なせない2』絶賛発売中! (2016-05-27 15:09)
 【お知らせ】年末年始の本誌購入について (2015-12-29 23:41)
 お盆休業のお知らせ (2015-08-12 13:25)

Posted by 北方ジャーナル at 07:00│Comments(0)お知らせ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
新刊のご案内『看護が変われば、病院が変わる!』
    コメント(0)