さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ニュース › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 道内最大規模の「北海道産品取引商談会」が、新型コロナ影響で初の中止に

2020年04月10日

道内最大規模の「北海道産品取引商談会」が、新型コロナ影響で初の中止に

道内最大規模の「北海道産品取引商談会」が、新型コロナ影響で初の中止に
昨年の会場風景(2019年6月11日、ロイトン札幌のロイトンホール)。詰め掛けた来場者で会場内は歩くのも苦労するほどだった

6月初旬の開催を予定していた道・札幌市・(一社)北海道貿易物産振興会主催の道内最大規模を誇る商談会「北海道産品取引商談会」の中止が、4月8日に決まった。これは新型コロナウイルスの感染拡大防止のため講じた措置。

この商談会は1985年以降毎年実施していたが、中止は今回が初めて。昨年は食品メーカーをはじめとするおよそ340の企業・団体が出展し、国内外から約1000社のバイヤーが来場。道は“食と観光”を重要な成長産業と位置付けているが、同イベントはその活性化を牽引する貴重なビジネスマッチングの場に定着していた。
今回の中止に主催団体関係者のひとりは「止むを得ない」としながらも悔しさを滲ませる。

新型コロナウイルスの感染拡大は、北海道ブランドの特産品市場にも暗い影を落としている。


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
「キャッツアイ」が個室型フィットネスジム「Fitness Labo. B」を27日に開業へ
【第3報】タカハシグループに事業を承継した「ボストンベイク」前代表・津田彰彦氏に訊く。「ほっとしたのが正直な気持ち」
【続報】タカハシグループ入りで一線を退いた「ボストンベイク」創業者、津田彰彦氏が狙った事業承継
焼き立てパンの「ボストンベイク」をタカハシグループの北東商事が完全子会社化。代表の津田彰彦氏は顧問に就任
北大総長を解任された名和豊春氏が文科大臣と大学を提訴へ
札幌市が道の「警戒ステージ4」相当。不要不急の外出自粛、札幌との往来自粛要請再び
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 「キャッツアイ」が個室型フィットネスジム「Fitness Labo. B」を27日に開業へ (2021-01-22 15:25)
 【第3報】タカハシグループに事業を承継した「ボストンベイク」前代表・津田彰彦氏に訊く。「ほっとしたのが正直な気持ち」 (2021-01-12 17:38)
 【続報】タカハシグループ入りで一線を退いた「ボストンベイク」創業者、津田彰彦氏が狙った事業承継 (2021-01-11 17:14)
 焼き立てパンの「ボストンベイク」をタカハシグループの北東商事が完全子会社化。代表の津田彰彦氏は顧問に就任 (2021-01-09 10:40)
 北大総長を解任された名和豊春氏が文科大臣と大学を提訴へ (2020-12-05 02:02)
 札幌市が道の「警戒ステージ4」相当。不要不急の外出自粛、札幌との往来自粛要請再び (2020-11-16 17:49)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
道内最大規模の「北海道産品取引商談会」が、新型コロナ影響で初の中止に
    コメント(0)