さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › だて歴史文化ミュージアムで待望の“伊達政宗”特別展

2019年09月24日

だて歴史文化ミュージアムで待望の“伊達政宗”特別展

だて歴史文化ミュージアムで待望の“伊達政宗”特別展
「伊達政宗と伊達成実展 ─ともに駆け抜けた時代─」のパンフレット

縄文文化にアイヌ文化、そして仙台藩亘理伊達家中の移住によりもたらされた武家文化。さまざまな文化が花開いた伊達市の歴史を、貴重な文化財と共に紹介している、今年4月に開業した「だて歴史文化ミュージアム」。同施設で初めて、「独眼竜」の異名を持つ人気戦国武将・伊達政宗に焦点を当てた特別展「伊達政宗と伊達成実展 ─ともに駆け抜けた時代─」を、10月4日から12月1日まで開催する。

だて歴史文化ミュージアムで待望の“伊達政宗”特別展
だて歴史文化ミュージアム外観

現在の伊達市は、仙台藩一門の亘理伊達家14代目当主・伊達邦成が、時の明治政府から有珠郡開拓の命を受け家臣団と共に集団移住し開拓したまち。その邦成の先祖で亘理伊達家2代当主の伊達成実は、初代仙台藩主・伊達政宗の重臣として数々の軍功を挙げ伊達家の勢力拡大に大きく貢献した人物だ。
成実が用いたとされる具足「黒漆五枚胴具足」や、亘理伊達家の家宝として受け継がれてきた太刀「宇佐美長光」は、だて歴史文化ミュージアムの目玉展示品だ。
その成実を語る上で欠かせない戦国武将・伊達政宗ゆかりの貴重な文化財が、仙台市博物館の協力のもと同ミュージアムにやってくる。

だて歴史文化ミュージアムで待望の“伊達政宗”特別展
伊達成実の「黒漆五枚胴具足」

だて歴史文化ミュージアムで待望の“伊達政宗”特別展
亘理伊達家の家宝、太刀「宇佐美長光」

歴史に詳しくなくてもその名を知る人は多いであろう、抜群の知名度を誇る戦国武将・伊達政宗。彼を題材にした物語作品は枚挙にいとまがない。
同ミュージアムでの10月からの特別展では、仙台市博物館所蔵の「伊達政宗画像」や「伊達成実画像」。そして三日月を模した前立ての兜が印象的な政宗の甲冑「弦月形鍬形黒漆五枚胴具足」なども展示される。
また会期中には特別講演会も実施。10月4日には「伊達政宗のファッション(講師は仙台市博物館の高橋あけみ副館長兼学芸普及室長)」、11月23日には「伊達騒動のリアルとフィクション(講師は独立行政法人日本芸術文化振興会の大石学監事)」がそれぞれ行なわれる。これらは定員制のため事前申し込みが必要だ。申し込みはEメール(date-museum@city.date.hokkaido.jp/)、または電話(0142-25-1056)にて。

特別展観覧料は一般・大学生・高校生が800円、小学生・中学生700円、未就学児は無料となっている。






同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
北海道を応援するアサヒビール、二つの寄付金贈呈式
東京在住の川柳作家・乱鬼龍さんが札幌などでお正月興行
テーマは「半農半Xな生き方」。北海道有機農業研究会が2月4日、札幌市「かでる2・7」で学習会
ホテルオークラ札幌が館内全体で釧路の魅力を発信する1カ月。令和初の年明け 1月からは「釧路フェア」を盛り上げる
ホクレン創立100年を機にオリジナルアニメ「from North Field」を制作。12月19日よりYouTube配信
豊かなオホーツク海の恵み、牧場や大自然の恵みが盛り沢山。札幌市での「興部町物産展」が大賑わい
 北海道を応援するアサヒビール、二つの寄付金贈呈式 (2020-01-20 16:55)
 東京在住の川柳作家・乱鬼龍さんが札幌などでお正月興行 (2020-01-08 14:07)
 テーマは「半農半Xな生き方」。北海道有機農業研究会が2月4日、札幌市「かでる2・7」で学習会 (2020-01-06 13:06)
 ホテルオークラ札幌が館内全体で釧路の魅力を発信する1カ月。令和初の年明け 1月からは「釧路フェア」を盛り上げる (2019-12-27 18:01)
 ホクレン創立100年を機にオリジナルアニメ「from North Field」を制作。12月19日よりYouTube配信 (2019-12-23 08:40)
 豊かなオホーツク海の恵み、牧場や大自然の恵みが盛り沢山。札幌市での「興部町物産展」が大賑わい (2019-12-19 10:46)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
だて歴史文化ミュージアムで待望の“伊達政宗”特別展
    コメント(0)