さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › OBCが2月に北見・札幌で勤怠管理改善セミナー開催

2017年01月17日

OBCが2月に北見・札幌で勤怠管理改善セミナー開催


労働環境改善に寄与するさまざまなセミナーを実施しているOBC(写真は11月22日に行なわれた「奉行フォーラム」のセミナー会場)

ビジネスソフト「奉行シリーズ」でお馴染みのOBC(オービックビジネスコンサルタント、本社東京)は、2月に北見市と札幌市で過重労働の抑制を主なテーマにした「勤怠管理改善セミナー」を開催する。実施概要は次の通り。
【北見市開催】
〈日時〉2月7日・13時15分より(受付は12時45分から)
〈会場〉北見プラザホテル(北見市とん田東町617‐139)
【札幌市開催】
〈日時〉2月17日・13時15分より(受付は12時45分から)
〈会場〉日本生命札幌ビル3F会議室(札幌市中央区北3条西4丁目1)

両セミナーとも参加費は無料で事前申込制。第1部の基調講演と第2部の同社勤怠管理サービスを紹介する講習会の2部構成で行なわれる。
基調講演で講師を務めるのは、北見会場では井上一喜社会保険労務士事務所の社会保険労務士・井上一喜氏と(有)アップデートの産業カウンセラー・田村友朗氏の2名。
「過重労働のブラック企業と言われないための『長時間残業対策』のポイント」をテーマに、これからの経営者が何をすべきで何をしてはいけないのか。また、従業員のメンタル不調が企業に及ぼす影響などについてレクチャーする予定だ。

札幌会場の基調講演では、佐藤賢一労働法務事務所の社会保険労務士・佐藤賢一氏が講師を務め、「最近の労働基準監督署による調査の傾向と、予定される労働法改正を踏まえた対応ポイント」をテーマに講演。労基署の具体的な調査内容とそこに求められていることや、過重労働の考え方。労働法改正案の内容などに関する講義を行なう予定だ。

両セミナーの問い合わせ先は同社札幌営業所(℡011・221・8850)まで。

過重労働が大きな社会問題として取り沙汰されている昨今、同社セミナーなどを通じた勤怠管理の制度整備は急務と言えるだろう。



同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
ホテルオークラ札幌 9月1日から「いぶり食のフルコース」開催
ニトリレディスの前夜祭で「ティファニー・ステンドグラス」の点灯式を挙行
星野陸也プロがイーグルカップ初優勝、義援金は395万円に
下川町が「久遠チョコレート」でSDGs推進へ
道庁赤れんが庁舎前で「障害者就労カフェ」を8月21日まで開催中
さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願
 ホテルオークラ札幌 9月1日から「いぶり食のフルコース」開催 (2018-09-03 17:04)
 ニトリレディスの前夜祭で「ティファニー・ステンドグラス」の点灯式を挙行 (2018-08-23 15:12)
 星野陸也プロがイーグルカップ初優勝、義援金は395万円に (2018-08-21 08:00)
 下川町が「久遠チョコレート」でSDGs推進へ (2018-08-07 13:22)
 道庁赤れんが庁舎前で「障害者就労カフェ」を8月21日まで開催中 (2018-07-30 11:32)
 さっぽろ創世スクエアが竣工。厳かな神事でこれからを祈願 (2018-06-20 17:24)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 32人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
OBCが2月に北見・札幌で勤怠管理改善セミナー開催
    コメント(0)