さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ニュース › 融雪機メーカー「大仁」が民事再生

2008年07月29日

融雪機メーカー「大仁」が民事再生

融雪機メーカー「大仁」が民事再生
【写真】「大仁」の主力商品だった埋設型融雪機「ゆうらく号」

 融雪機器メーカー大手の株式会社「大仁」(札幌市/代表者・四元善博氏)と同社グループの2社(ともに青森本社)が7月29日、札幌地裁に民事再生手続き開始の申し立てを行なった。

 四元社主が平成2年に設立した同社は、道内に「融雪市場」を拓り開いたパイオニア企業のひとつ。融雪機の「ゆうらく号」を主力に急発展を遂げ、平成11年には札幌商工会議所の「第1回 北の起業家大賞」で優秀賞を受賞するなど、その技術力には定評があった。

 その後はロードヒーティングや屋根融雪、移動型融雪機と商品バリエーションを広げ、官公庁や企業などへの業務用融雪機もラインナップするなど、融雪業界のリーディングカンパニーとして知られていた。

 ただ、一次取得層の購入が終わった近年は業績が悪化。同業他社が次々と淘汰されるなかで、営業拠点を道内から東北に広げて活路を見出そうとしていたが、販売数の低下に歯止めがかからず、また折からの燃料高騰や19年の小雪などが経営難に追い打ちをかけた。

 同社グループの札幌西大仁、札幌南大仁、札幌北大仁は、今年2月に解散し、事業を廃止している。また、以前に解散した札幌東大仁、弘前大仁、秋田大仁は、同時に札幌地裁に自己破産の申請を行なった。

 19時現在、同社グループの負債総額について本誌は把握できていない。債権者集会は8月1日の午前10時から、白石区のアクセスサッポロで開催される。(ひ)



同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
道内最大規模の「北海道産品取引商談会」が、新型コロナ影響で初の中止に
新型コロナで愛煙家も受難。喫煙所が相次ぎ閉鎖
ISHIYA、新型コロナ対策で講じた白い恋人パークなどの臨時休業を3月末まで延長へ
おくやみ欄で目立つようになった(葬儀終了)の告知。お葬式にも水を差す新型コロナ影響
「猥褻な映像が元教授のパソコンにあったことは事実」。旭川医大が元脳神経外科教授の強制猥褻事件で事実の一部を認める
新元号は「令和」。発表直後の札幌市民の反応は?
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 道内最大規模の「北海道産品取引商談会」が、新型コロナ影響で初の中止に (2020-04-10 10:53)
 新型コロナで愛煙家も受難。喫煙所が相次ぎ閉鎖 (2020-03-19 16:11)
 ISHIYA、新型コロナ対策で講じた白い恋人パークなどの臨時休業を3月末まで延長へ (2020-03-12 16:45)
 おくやみ欄で目立つようになった(葬儀終了)の告知。お葬式にも水を差す新型コロナ影響 (2020-03-11 15:59)
 「猥褻な映像が元教授のパソコンにあったことは事実」。旭川医大が元脳神経外科教授の強制猥褻事件で事実の一部を認める (2020-01-29 13:00)
 新元号は「令和」。発表直後の札幌市民の反応は? (2019-04-01 18:06)

Posted by 北方ジャーナル at 19:06│Comments(0)ニュース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
融雪機メーカー「大仁」が民事再生
    コメント(0)