さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ニュース › 融雪機メーカー「大仁」が民事再生

2008年07月29日

融雪機メーカー「大仁」が民事再生

融雪機メーカー「大仁」が民事再生
【写真】「大仁」の主力商品だった埋設型融雪機「ゆうらく号」

 融雪機器メーカー大手の株式会社「大仁」(札幌市/代表者・四元善博氏)と同社グループの2社(ともに青森本社)が7月29日、札幌地裁に民事再生手続き開始の申し立てを行なった。

 四元社主が平成2年に設立した同社は、道内に「融雪市場」を拓り開いたパイオニア企業のひとつ。融雪機の「ゆうらく号」を主力に急発展を遂げ、平成11年には札幌商工会議所の「第1回 北の起業家大賞」で優秀賞を受賞するなど、その技術力には定評があった。

 その後はロードヒーティングや屋根融雪、移動型融雪機と商品バリエーションを広げ、官公庁や企業などへの業務用融雪機もラインナップするなど、融雪業界のリーディングカンパニーとして知られていた。

 ただ、一次取得層の購入が終わった近年は業績が悪化。同業他社が次々と淘汰されるなかで、営業拠点を道内から東北に広げて活路を見出そうとしていたが、販売数の低下に歯止めがかからず、また折からの燃料高騰や19年の小雪などが経営難に追い打ちをかけた。

 同社グループの札幌西大仁、札幌南大仁、札幌北大仁は、今年2月に解散し、事業を廃止している。また、以前に解散した札幌東大仁、弘前大仁、秋田大仁は、同時に札幌地裁に自己破産の申請を行なった。

 19時現在、同社グループの負債総額について本誌は把握できていない。債権者集会は8月1日の午前10時から、白石区のアクセスサッポロで開催される。(ひ)



同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
新元号は「令和」。発表直後の札幌市民の反応は?
太陽財団が助成対象事業団体への目録贈呈式を開催
写真家・長倉洋海さんがアフガン教育支援の報告会を札幌で開催
すすきのにテレビ塔、賑わいの灯りが戻った札幌
北海道胆振東部地震後もたくましく元気な、すすきのの今
アインHDが「白衣授与式」を開催。調剤薬局最大手として人材確保をアピール
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 新元号は「令和」。発表直後の札幌市民の反応は? (2019-04-01 18:06)
 太陽財団が助成対象事業団体への目録贈呈式を開催 (2019-03-03 17:29)
 写真家・長倉洋海さんがアフガン教育支援の報告会を札幌で開催 (2018-11-25 18:07)
 すすきのにテレビ塔、賑わいの灯りが戻った札幌 (2018-09-20 17:58)
 北海道胆振東部地震後もたくましく元気な、すすきのの今 (2018-09-15 14:17)
 アインHDが「白衣授与式」を開催。調剤薬局最大手として人材確保をアピール (2018-04-21 12:16)

Posted by 北方ジャーナル at 19:06│Comments(0)ニュース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
融雪機メーカー「大仁」が民事再生
    コメント(0)