さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › どさんこプラザ札幌店 5月10日リニューアル

2017年05月10日

どさんこプラザ札幌店 5月10日リニューアル


新設したアーチをくぐる大勢の買い物客

北海道貿易物産振興会が運営するJR札幌駅構内の北海道どさんこプラザ札幌店が、5月10日にリニューアルオープンした。全道各地の名物や銘菓、札幌近郊の農家から取り寄せた新鮮野菜にクラフト品など、約2300アイテムにものぼる北海道のさまざまな特産品を販売している同店だが、今回のリニューアルを契機に初めて惣菜類の販売もスタート。札幌市民、観光客ともにこれまで以上に身近に感じられる店に一新した。
北海道貿易物産振興会の藤橋俊彦事務局長は、「これを機に、30代、40代といった新規客層の掘り起こしにも力を入れていきたい」と話す。


惣菜類は道産食材を使用したこだわりの品ばかり

イチオシ商品を陳列するピックアップステージ

新しくなった同店は、メインエントランス部分にアーチを新設し店の存在感を際立たせたほか、来店客が落ち着いた雰囲気の中で買い物を楽しめるよう、壁面を木の温もりをイメージさせるブラウンを基調とした内装とした。
売場にも工夫をこらし、その時々で同店がおすすめする特選商品を陳列するピックアップステージを新設。このほか、陳列棚や冷凍・冷蔵庫の一新もはかった。改装費は約1千万円。前出の藤橋事務局長は、「今回の改装は過去にはない大掛かりなものとなりました」と話している。

なお同店では、リニューアルオープン当日から檜山振興局主催の檜山フェアも開催。5月16日までの期間限定で行なわれる同催事には、「五勝手屋羊羹」で知られる江差町の銘菓・五勝手屋本舗が、実演販売の「五勝手屋ロール」など本来なら江差の同社直営店でしか購入できないこだわりの和菓子を特別販売。このほか、檜山地方の厳選特産品も数多く店頭に並んだ。

多くの客で賑わう檜山フェアの五勝手屋本舗売場
実演販売のレア商品「五勝手屋ロール」

5月17日からは、オホーツクスイーツフェアが催されるなど、装いも新たにした同店では早くも注目の催事が目白押しだ。




Posted by 北方ジャーナル at 15:59│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
どさんこプラザ札幌店 5月10日リニューアル
    コメント(0)