さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ニュース › おくやみ欄で目立つようになった(葬儀終了)の告知。お葬式にも水を差す新型コロナ影響

2020年03月11日

おくやみ欄で目立つようになった(葬儀終了)の告知。お葬式にも水を差す新型コロナ影響

おくやみ欄で目立つようになった(葬儀終了)の告知。お葬式にも水を差す新型コロナ影響
※写真はイメージです

新聞の掲載無料おくやみ欄で近頃目立つようになった、(葬儀終了)の文字。また、おくやみ広告でも「新型コロナウイルス感染予防のため」として、「近親者のみ…」「家族葬で…」などの言葉が散見される。
昨今の新型コロナは、故人との最後の別れの場である葬儀にも、深刻な影響を及ぼしているようだ。

某葬祭業者の幹部によると、家族葬など小規模な葬儀は元々増加傾向にあったという。これは個人所得の低迷も大きく関係していたようだ。

しかし昨今はやや事情が変わってきているようで「各家庭の懐事情に関係なく、人がなるべく集まらないようにと家族葬など葬儀の規模を縮小する動きが見受けられます。
3月に入ってからはそうした動きが顕著なので、やはり皆さん新型コロナウイルスを警戒しているのだと思います」と同氏は話している。
 
家族葬をはじめとする小規模葬の大幅増は、いわゆる葬儀費用単価の減少に直結するもの。同氏は今後の動きを警戒する。
「個々人で可能な限り感染拡大を防ごうという意識・行動はとても良いことだと思います。ただ葬儀というのは、故人と最後に対面できるかけがえの無い場であることも確かです。何でも規模縮小、というのはいかがなものか、とも思ってしまいます」


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
【第3報】タカハシグループに事業を承継した「ボストンベイク」前代表・津田彰彦氏に訊く。「ほっとしたのが正直な気持ち」
【続報】タカハシグループ入りで一線を退いた「ボストンベイク」創業者、津田彰彦氏が狙った事業承継
焼き立てパンの「ボストンベイク」をタカハシグループの北東商事が完全子会社化。代表の津田彰彦氏は顧問に就任
北大総長を解任された名和豊春氏が文科大臣と大学を提訴へ
札幌市が道の「警戒ステージ4」相当。不要不急の外出自粛、札幌との往来自粛要請再び
ススキノ助成金で「9団体優先」を撤廃。新たに500事業者を助成へ
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 【第3報】タカハシグループに事業を承継した「ボストンベイク」前代表・津田彰彦氏に訊く。「ほっとしたのが正直な気持ち」 (2021-01-12 17:38)
 【続報】タカハシグループ入りで一線を退いた「ボストンベイク」創業者、津田彰彦氏が狙った事業承継 (2021-01-11 17:14)
 焼き立てパンの「ボストンベイク」をタカハシグループの北東商事が完全子会社化。代表の津田彰彦氏は顧問に就任 (2021-01-09 10:40)
 北大総長を解任された名和豊春氏が文科大臣と大学を提訴へ (2020-12-05 02:02)
 札幌市が道の「警戒ステージ4」相当。不要不急の外出自粛、札幌との往来自粛要請再び (2020-11-16 17:49)
 ススキノ助成金で「9団体優先」を撤廃。新たに500事業者を助成へ (2020-08-07 13:45)

Posted by 北方ジャーナル at 15:59│Comments(0)ニュース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
おくやみ欄で目立つようになった(葬儀終了)の告知。お葬式にも水を差す新型コロナ影響
    コメント(0)