さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › ゼンショー創業トップの小川賢太郎会長にインタビュー

2014年10月10日

ゼンショー創業トップの小川賢太郎会長にインタビュー


本誌に“出直し”を表明した小川賢太郎会長(9月25日午後、東京のゼンショーHD本社で)

第三者委員会の提言を受け、深夜の「ワンオペ」を「すき家」全体の6割に当たる1167店舗で取り止めることを9月30日に発表した国内外食最大手のゼンショーグループ。年間売上高4700億円、グループ傘下の店舗数は約4800カ所──。マクドナルドも吉野家も後塵を拝している外食業界の“巨人”である。この「ワンオペ取り止め」発表の5日前、本誌はゼンショー創業者にして現在もグループの陣頭指揮を執る小川賢太郎会長(66)にロングインタビューする機会を得た。詳細は14日に発売される11月号で確認していただきたいが、小川会長はこの日、第三者委員会の提言を受け入れ、グループ全体のオペレーションとマネジメントを根本的に見直していくことを表明した。


今回の取材で私が印象に残ったひとつが同社と北海道とのかかわりだ。現在、ゼンショーグループでは牛肉という食材を究めていくために十勝に500ヘクタールあまりのパイロットファームを持ち、“第三の事業”に位置づけた介護事業をM&Aにより札幌でスタートさせている。

「労使問題と食の安全、この2つは外食産業にとって大きなリスクになっています」という直球の質問にも丁寧に答えてくれた小川会長。その本音の発言を是非チェックいただきたい。 (く)



同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─
北方ジャーナル12月号まもなく発売へ
新市庁舎建設の時を待つ北見の野いちご
北方ジャーナル2017年11月号、まもなく発売へ
北方ジャーナル2017年10月号、まもなく発売へ
北方ジャーナル2017年8月号、まもなく発売へ
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 拓銀破綻20年─そこから私たちは何を学んだか─ (2017-11-17 10:35)
 北方ジャーナル12月号まもなく発売へ (2017-11-13 17:10)
 新市庁舎建設の時を待つ北見の野いちご (2017-10-31 23:47)
 北方ジャーナル2017年11月号、まもなく発売へ (2017-10-12 09:00)
 北方ジャーナル2017年10月号、まもなく発売へ (2017-09-14 00:01)
 北方ジャーナル2017年8月号、まもなく発売へ (2017-07-13 09:52)

Posted by 北方ジャーナル at 11:15│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 30人
プロフィール
北方ジャーナル
北方ジャーナル
 昭和47年(1972年)創刊。生活者の視点と取材を重視する編集方針を創刊以来のポリシーとし、05年11月からは有限会社Re Studio(リ・スタジオ)が発行。道内有名書店などで毎月15日前後に発売。購読の申し込みや問い合わせ、情報提供などはサイドバーにある「編集部へメッセージ」からどうぞ。
オーナーへメッセージ
削除
ゼンショー創業トップの小川賢太郎会長にインタビュー
    コメント(0)