さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

新規登録ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ

2018年11月16日

さっぽろ地下街から始まったアインズ&トルぺ1号店がリニューアル


リニューアルした「アインズ&トルペ地下街店」

アインホールディングス(本社・札幌市白石区)の事業会社であるアインファーマーシーズ(同)は11月15日、リテール事業として全国展開している「アインズ&トルペ」1号店である札幌市中央区の「地下街店」をリニューアルオープンさせた。  続きを読む


2018年11月15日

本日発売! 北方ジャーナル2018年12月号




11月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】紋別漁協検証──市議選で公選法違反の疑いをかけられた飯田弘明組合長2

飯田氏が不適切発言を陳謝
事件の一部始終を語り
「不当な圧力」を否定


この春、阿部滋氏から組合長のバトンを受けた飯田弘明氏(67)が今夏の市議選にからんで漁協の取引業者に不当な圧力をかけ、道警の捜査対象となっていた事件の続報だ。記事を掲載した11月号が発売直後から地元で大きな反響を呼ぶ中、「釈明したい」と紋別から編集部を訪れたのは飯田氏本人だった。記者を前に飯田氏は何を語り、何が明らかになったのか──。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈29〉

「捕まるまで続けたと思う」
連続わいせつ巡査部長に猶予判決
法廷で明かされた“行為”の衝撃



本誌10月号で報告した北海道警察の巡査部長(当時)による公然わいせつ事件で地元の裁判所は10月下旬、元巡査部長に懲役6カ月・執行猶予3年の有罪判決を言い渡した。子供相手に下半身露出を繰り返したその人は現在、札幌市内の病院に通って医師の治療を受けているという。判決に先立つ10月上旬の初公判では、彼の倒錯した嗜好が犯行の詳細とともに明かされた。今に到るまで新聞・テレビが報じていない“行為”の実態を、ここに記録しておく。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】医療現場で散った命5

「不支給」、誤りだった
看護師過労死訴訟、終結へ
国が一転、労災支給認める



「極めて異例と言っていい」――。その報らせを、弁護団は驚きをもって受け止めた。本誌昨年6月号から報告を続けている、新人看護師の過労自殺をめぐる行政訴訟。時間外労働などが積み重なり鬱を発症して亡くなった女性に、国は当初、労働災害を認めなかった。遺族が起こした裁判でもその姿勢は変わらなかったが、この10月下旬に一転、「労災不支給取り消し」を判断することになる。それを吉報というには、あまりに長い時間が過ぎていた。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】再犯防止、当事者自ら事業化へ

彼らに“居場所”を――
元受刑者と弁護士が意気投合
来夏にも札幌で飲食店開業へ


まもなく本年版の『犯罪白書』がまとまり、それを採り上げる報道では例年同様「再犯者率」が話題に上ることになるだろう。刑法犯が年々減り続ける中、再犯者が占める割合は上昇の一途を辿り、今や全体の半数に迫る勢いだ。一度罪を犯した人は、もうもとの生活に戻れないのか――。素朴な疑問を抱えた元受刑者が、思いを同じくする弁護士と出会ったことで、小さな試みが形をなし始めた。刑務所を出た人たちの新たな“居場所”が、まもなく札幌で産声を上げることになる。(小笠原 淳)
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)お知らせ

2018年11月09日

札幌のドンキ、瑞宝社が年末で営業終了。会社清算か


瑞宝舎財貨事業部売り場のビル

【リアルエコノミー】札幌市北区にある時計、宝石、貴金属、ギフトなど各種物品販売の「瑞宝舎」が、2018年12月30日(日)の営業をもって閉店する。創業から60年、静かに歴史の幕を閉じる。  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 23:19Comments(0)政治経済

2018年11月08日

絶品格安!!「やっぱりステーキ」が11月9日、すすきのにオープン


「やっぱりステーキ・すすきの店」入口


看板メニューのやっぱりステーキ180g

沖縄発の格安ステーキ店「やっぱりステーキ」が北海道初上陸。11月9日、札幌市中央区のN‐PLACEビル(南4条西3丁目)2階にフランチャイズの「すすきの店」をオープンする。運営は宝グループ(本社札幌、山谷宗克代表)の宝フードサービスが担う。 

平日はもとより日曜・祝日も営業しており、平日の営業時間は午前11時から翌朝5時(ラストオーダーは4時30分)まで。焼き立ての肉の美味さやリーズナブルな価格、時間を気にせずほぼいつでも味わえるなどといった魅力で、今後はススキノに「締めはステーキで」というような動きも広まるかもしれない。
  続きを読む


2018年11月04日

秋元克広札幌市長が自身の政経セミナーで事実上の出馬宣言


引き続き市政の舵取りに意欲を示した秋元市長(11月2日夕、ロイトン札幌3階ロイトンホール)

札幌市長・秋元克広氏(62)の「さっぽろ未来セミナー」が11月2日午後6時から札幌市内のホテルで開催された。毎年1回、11月初旬に行なわれている恒例の政経セミナーで、今年も約1000人の支援者が参加した。秋元氏は来春の市長選への出馬こそ明言しなかったが、「引き続き支援をお願いしたい」と述べ、再選出馬は既定路線であることを印象付けた。
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 12:38Comments(0)政治経済

2018年10月26日

北洋銀行が来春入行予定の男女89人に内定書を授与


安田光春頭取(右)から内定書を受け取る入行予定者(10月25日、札幌すみれホテル

【リアルエコノミー発】北洋銀行(本店・札幌市中央区)は10月25日、札幌市内のホテルで2019年4月に入行する新人の内定書授与式を行なった。当初は10月初めに予定していたが、北海道胆振東部地震と台風24号のため延期していた。

  続きを読む
タグ :北洋銀行


Posted by 北方ジャーナル at 14:31Comments(0)

2018年10月21日

パチンコは冬の時代? 「イーグルパーク月寒店」が10月21日で閉店


写真は、10月21日で閉店した「イーグルパーク」

【リアルエコノミー発】札幌市豊平区月寒中央通2丁目の国道36号線沿いにあるパチンコ・パチスロ店「イーグルパーク月寒店」が、21日の営業をもって終了する。  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 23:37Comments(0)

2018年10月19日

これまでなかった医療検索サイト「メディカルサーチネット」が始動


MSNでは、疾患に合わせた医療施設や救急当番病院などがすぐに調べられる
(情報掲載については、無料版のほかPR効果を高めた有料版も用意)

企業や医療施設のブランド戦略、広報・広告戦略などを手掛ける株式会社ハローアース(本社札幌・吉田延明社長)が、これまでなかった医療情報検索サービス「メディカルサーチネット(MSN)」を立ち上げた。

キャッチフレーズは「あなたにぴったりの病院やクリニック、ドクターが見つかる」。病気で困っている患者や家族の利用を想定し、自分の目的に沿った医療施設やドクターを簡単に検索できるウェブサイトを目指している。現在アップされているベータ版では、札幌市内に所在する医科・歯科合わせて約2600カ所の医療機関を網羅。北海道厚生局が発表している基本情報を軸にネットに点在している既存の医療施設情報が整理されている。これをベースに同社では詳細情報の聞き取りを進めており、使い勝手を段階的にアップさせる考えだ。  続きを読む


2018年10月15日

北方ジャーナル2018年11月号




10月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】紋別漁協検証──市議選で公選法違反の疑いをかけられた飯田弘明組合長

権威を振りかざす“浜のボス”
議長の座を狙い業者に不当な圧力か



本誌が昨年から今年にかけて“名ばかり組合員”の件を報じてきた紋別漁業協同組合で新たな問題が噴き出した。この春、阿部滋氏から組合長のバトンを受けた飯田弘明氏(67)が今夏の市議選にからんで漁協の取引業者に不当な圧力をかけ、道警の捜査対象となっていたというのだ。紋別の浜でいったい何が起きていたのか──。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈28〉

道警、なおも「全件公表」拒否
轢き逃げ巡査長、認否に矛盾
わいせつ巡査部長は初公判へ



本誌9月号で報告した現職警察官による重傷轢き逃げ事件。初公判で被告人質問に臨んだ元巡査長は起訴事実を認めつつ、同時に「事故に気づかなかった」とも主張、法廷を混乱させることになる。一方、同時期に開かれた北海道議会では、職員の懲戒処分が未だ全件公表に到っていない事実を質された道警本部長が、今後も一部非公表を貫くと答弁する一幕が。前号で報告した公然わいせつ事件の初公判を前に、地元警察の不祥事を巡る最新情報をお届けする。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】優生思想の罪、法廷へ3

「誤った法が人生狂わせた」
優生保護法訴訟、札幌で初弁論
手術強制・小島さんが意見陳述



国は責任を認め、きちんと謝罪して貰いたい――。本誌7月号で報告した旧優生保護法に基づく不妊手術強制問題で9月下旬、手術の被害者が国を訴えた裁判の初弁論があり、札幌の原告男性が意見陳述に臨んだ。被告の国は「救済制度を設ける義務はなかった」と、請求棄却を求めて争う姿勢を見せている。この日のために改修された傍聴席には障碍のある人などが多く足を運び、かつての優生思想が生んだ悲劇と改めて向き合うことになった。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】医療観察法「入院施設」の行方

「医療観察」理念浸透半ば
北大病院に道内初の入院施設
立地めぐる住民説明会は紛糾



心神喪失状態で重大な罪を犯した人に刑罰を与えず、治療を通じて社会復帰を促すことを目的とした、医療観察制度。当事者が入院処遇を受ける医療機関は全国に33カ所あるが、法施行から12年が過ぎた今も北海道の施設はゼロ。そんな中、国は地元の大学病院に運営を委託する形で札幌市内に新施設を設けることを決めた。だが開設予定地で初めて開かれた住民説明会では、事前の説明不足を指摘する声が噴出することに。空白地帯の解消には、なお課題が残されているといえそうだ。(小笠原 淳)  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)バックナンバー

2018年10月11日

胆振東部地震を乗り越え、新千歳空港国際アニメーション映画祭11月2日開幕へ


挨拶する名誉委員長古川タク(左端)ら実行委員会のメンバー(10月10日、札幌市内中央区)

【リアルエコノミー提携】第5回新千歳空港国際アニメーション映画祭(実行委員会主催)が11月2日(金)から5日(月)までの4日間開催される。空港ターミナルビルの映画館「ソラシネマちとせ」などを利用した映画祭で、国内外から募集したコンペティション作品や招待作品の上映が行なわれる。北海道胆振東部地震の被害を受けたターミナルビルでの開催は当初危ぶまれたが、10月6日に映画館を含めてビルは完全復旧、予定通り開催されることになった。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 09:13Comments(0)文化(文芸・アート・音楽)
QRコード
QRCODE