さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ

2017年05月15日

本日発売! 北方ジャーナル2017年6月号



5月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、SPAR、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。


【報道】紋別漁業協同組合の組合員資格問題を追う(4)

公金をドブに捨てる執行部
使えない「荷揚げ岸壁」で露呈した漁民無視


紋別漁業協同組合(阿部滋代表理事組合長・以下紋別漁協)の組合員資格問題を追うレポート第4弾である。本号では、取材拒否の紋別漁協とは裏腹に幹部が取材に応じた沙留(さるる)漁業協同組合(興部町・横内武久代表理事組合長・以下沙留漁協)の対応を報告すると同時に、これまで報じてこなかった紋別漁協の組合運営の不透明さにもメスを入れる。漁業の近代化と効率化を目的に国の補助事業で建設した荷揚げ岸壁が「全く使えなかった」のは何故なのか──。一連の本誌報道を受け、連休明けには北海道テレビ放送(HTB)のクルーが現地へ取材に入った。紋別漁協における“名ばかり組合員問題”は、さらに反響が広がる気配を見せている。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】医療現場で散った命

この不幸、二度と繰り返さぬよう
過労、パワハラ、鬱、労災却下
志半ばで斃れた看護師たちの遺言


道内にある複数の総合病院で、若い看護師が相継いで亡くなった。生前の彼らは互いに親交があったわけではないが、就職の数カ月後に自ら命を絶ったという経緯が共通していた。原因は職場にあったのではないか――。のちに知り合うことになる遺族らは、それがひとり我が子のみを襲った問題ではないことを知る。強く疑われたのは、新人らしからぬ激務や密室でのパワーハラスメント。多くの命を預かる筈の医療現場で、何が起きていたのか。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】

道警不祥事“第1四半期”開示
懲戒など24件中21件が未発表



北海道警察で不祥事を起こした職員に対する処分(懲戒処分、監督上の措置)が本年1月から3月までに24件あったことが、本誌の公文書開示請求でわかった。法令違反が疑われるケースも含め、うち21件が報道発表されていないこともあきらかになっている。
(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】全道に伝わった“事件予告”の顛末

連休直前、福祉施設に異例喚起
  「相模原」示唆して出所か



大型連休突入間際の5月2日、全道の福祉事業者に異例の注意喚起があった。同日午前に刑務所を出所した男性(40歳代)が、昨年7月に相模原市の障碍者施設で起きた大量殺人事件に関連づけた暴言を吐いていた、というのだ。道内各福祉施設へは防犯対策の徹底などが呼びかけられたが、結果的に深刻なトラブルなどは起きていないという。(小笠原 淳)

  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)お知らせ

2017年05月11日

すすきの観光協会・篠田政一会長、志半ばの急逝


在りし日の篠田政一会長

【リアルエコノミー提携記事】すすきの観光協会会長の故・篠田政一(しのだ・まさかず)氏の通夜が、5月10日午後7時から札幌市中央区の中央霊堂で執り行われた。行政や経済界関係者、すすきの飲食店関係者など約600人が参列して故人を偲んだ。葬儀委員長の三澤聖一すすきの観光協会副会長は、「志半ばの突然の訃報だった。すすきのにとって大きな損失」と挨拶した。  続きを読む
タグ :すすきの


Posted by 北方ジャーナル at 09:51Comments(0)ニュース

2017年05月10日

どさんこプラザ札幌店 5月10日リニューアル


新設したアーチをくぐる大勢の買い物客

北海道貿易物産振興会が運営するJR札幌駅構内の北海道どさんこプラザ札幌店が、5月10日にリニューアルオープンした。全道各地の名物や銘菓、札幌近郊の農家から取り寄せた新鮮野菜にクラフト品など、約2300アイテムにものぼる北海道のさまざまな特産品を販売している同店だが、今回のリニューアルを契機に初めて惣菜類の販売もスタート。札幌市民、観光客ともにこれまで以上に身近に感じられる店に一新した。
北海道貿易物産振興会の藤橋俊彦事務局長は、「これを機に、30代、40代といった新規客層の掘り起こしにも力を入れていきたい」と話す。
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 15:59Comments(0)

2017年04月25日

元監督官が労基署対策を解説するOBCの5月セミナー


2月のセミナーでは定員の約2倍が詰め掛けた(2月17日、日本生命札幌ビル3階会議室で)

ビジネスソフト「奉行シリーズ」を展開するOBC(オービックビジネスコンサルタント、本社東京)は、5月17日にニューオータニイン札幌、同18日に旭川グランドホテルで企業の永続性をテーマにしたセミナーを相次ぎ実施する。そのメインは、北海道労働局で労働基準監督官を務めた経歴を持つ特定社会保険労務士による、労働基準監督署(以下労基署)が行なう「臨検監督」の概要と対策に関する解説だ。講師を務めるのはしのはら労働コンサルタントの篠原宏治代表。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 08:46Comments(0)

2017年04月24日

「きたキッチン」4店目が新札幌にオープン


オープン初日から大勢で賑わう店内(4月21日撮影)

道産食品のセレクトショップとして人気の「きたキッチン」(運営・札幌丸井三越)。その新店舗となる新さっぽろ店が4月21日、札幌市厚別区のイオンカテプリ新さっぽろ地下1階にオープンした。
  続きを読む

2017年04月15日

北方ジャーナル2017年5月号



4月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、SPAR、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。


【報道】紋別漁業協同組合の組合員資格問題を追う(3)

漁協幹部を狂わす“海の利権"
近隣漁協の組合員らも本誌に告発



紋別漁業協同組合(阿部滋代表理事組合長・組合員数152人、以下紋別漁協)の組合員資格問題を追うレポート第3弾である。本号では、本誌報道を受けて集まった近隣漁協組合員の告発、買収まがいの行為が横行している理事選挙の実態を追い、さらには阿部組合長に集まる利権にもメスを入れる。北海道で有数の水揚高を誇るオホーツク海。ここで生み出される“海の富"を一握りの人間が貪り、名ばかり組合員の存在を許す問題の根はいったいどこにあるのか──。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】江別発・パワハラ問題に揺れる友愛記念病院

看護部トップから自殺寸前に
追い詰められたナースが告発



江別市内の療養型病院として知られる医療法人友愛会友愛記念病院(212床・亀井富士人院長)の看護部で、パワハラ問題が浮上している。窮状を訴えているのは複数の看護師たちだ。特に深刻な被害を受けているとされるのが看護主任のSさん(55)。昨年12月以降、N看護部長(60)から長時間にわたる叱責を繰り返し受け、やがて退職を迫られ自殺寸前まで追い詰められたというから穏やかではない。事態の改善に向けて看護師たちは野村直人理事長や亀井院長らと話し合いの場を持ち、幹部らは「改善」を約束したが…。

----------------------------------------------------------------------

【報道】岩見沢・知人男性殺害事件

「私は、嘘つきです」
本当の彼はどこにいるのか
実刑20年 ある殺人犯の独白




知人男性を殴り殺し、殺人などで起訴された彼は、本年2月末に始まった裁判で「悪いとは思わない」「家族も殺すつもりだった」と嘯き続けた。一切の反省を見せない被告人に対し検察は懲役20年を求刑、裁判所も“満額"の実刑判決を言い渡す。「刑務所に入りたい」との悲願を叶えた筈の彼は、その直後に一転、被害者への謝罪を口にし始めた。3月18日、刑が確定。拘置所の面会室でその人――髙橋哲受刑者(61)と顔を合わせた記者は、悪びれず放たれる告白を聴くことになる。「私は、嘘つきです」。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える 《お詫び》

本誌が誤報、道警に謝罪
前号記事に事実誤認
「児童ポルノ」容疑なし




本誌前号掲載《道警不祥事から考える》第14回の記事に重大な事実誤認があったことがわかった。記事タイトルと本文中で触れた「警察官による児童ポルノ公然陳列」は誤りで、そのような事実はないことが前号発売直後に判明、担当記者が北海道警に謝罪した。読者に対しても真実と異なる情報を発信したことになり、本稿を以て謝罪しなくてはならない。誤報の経緯を報告し、改めて当該記事を訂正させていただく。(本誌編集長・工藤 年泰  小笠原 淳)
  続きを読む

Posted by 北方ジャーナル at 00:00Comments(0)バックナンバー

2017年04月12日

函館新聞20周年を祝い450人が参集


地元内外の有力者が函館新聞20周年を祝福(左から函館商工会議所・久保俊幸会頭、函館新聞社・小笠原金哉社長、工藤壽樹函館市長、十勝毎日新聞・林光繁会長兼主筆。4月11日、ホテル函館ロイヤルで)

今年で創刊20周年を迎えた道南密着の地方紙・函館新聞を発行する函館新聞社(小笠原金哉社長)は、この節目を記念した式典を4月11日にホテル函館ロイヤルで挙行。地元内外の関係者ら約450人が参集し、これを祝福した。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 16:37Comments(0)政治経済

2017年04月12日

地域の電力地産地消を牽引する「紋別バイオマス発電所」が竣工 


紋別バイオマス発電所のボイラー棟や排煙処理施設(4月11日撮影)

【リアルエコノミー提携記事】住友林業(本社・東京都千代田区)と住友共同電力(同・愛媛県新居浜市)が合弁で設立した紋別バイオマス発電所と原料となる木材チップを生産するオホーツクバイオエナジーの竣工式が4月11日、紋別市新港町の同発電所で開催された。高橋はるみ知事や宮川良一・紋別市長のほか官公庁、施工関係者など約150人が参加した。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 10:37Comments(0)政治経済

2017年04月10日

ホテルオークラが4月24日からセクレタリーズプラン


「セクレタリーズ・ウィーク」にちなんで、上司の皆さんは部下の方々を食事で労ってはいかがだろう(※写真はイメージです)

ホテルオークラ札幌(札幌市中央区、宮崎誠社長)は4月24日から同28日までの5日間、和・洋・中の3レストランでビジネスマンを対象にしたお得なランチプラン「セクレタリーズ・ウィークプラン」を展開する。
これは、会社の上司が自分の秘書(セクレタリー)や部下に、食事をごちそうしたり贈り物を渡すなどして、日々の仕事への労いや感謝を伝えるというアメリカ発祥の習慣を取り入れた企画。アメリカでは4月として7日間過ごす最終週の水曜日を「セクレタリーズ・デー(秘書の日)」と定め、その週を「セクレタリーズ・ウィーク」と位置付けている。1952年に全米秘書協会の会長を務めていたマリー・バレット氏が提唱したのが始まりといわれている。
  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 09:12Comments(0)

2017年04月04日

北洋銀93人、道銀208人の新入行員が船出


記念品の金融電卓を手渡し、握手で新入行員を激励する北洋銀・石井純二頭取(4月3日、北洋大通センターで)

【リアルエコノミー提携記事】道内企業の多くが3日、入社式を行なった。そのうち北洋銀行(本店・札幌市中央区)は北洋大通センター、北海道銀行(同・同)は札幌プリンスホテル国際館パミールでそれぞれ入行式を実施。新入行員たちは緊張した面持ちを見せつつも社会に一歩を踏み出した晴れやかな表情も見せていた。  続きを読む


Posted by 北方ジャーナル at 11:00Comments(0)