さぽろぐ

新聞・ニュース  |札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 北方ジャーナル2023年12月号の誌面から 巻頭言「以前より若く」

2023年11月17日

北方ジャーナル2023年12月号の誌面から 巻頭言「以前より若く」

北方ジャーナル2023年12月号の誌面から 巻頭言「以前より若く」
画像は12月号の巻頭漫画

 一昨日から店頭に並んだ今月号(12月号)の巻頭言で、私は「以前より若く」と題して次のように書いた。


以前より若く

 鏡を見れば若い頃とは別の自分がいる。使い込んできたツケが体のあちこちで感じられ、以前のような体力もない。誰にとっても宿命の「老い」は私にも確実に忍び寄っている──。

 だが、とも思う。肉体に引きずられ気持ちまで老いることはないのだと。

「ああ、あの頃の私はもっと老けていた。でも今の私は、以前よりずっと若い」

 これはボブ・ディランの「マイ・バック・ページズ」という曲のサビの歌詞だが、「今の私は、以前よりずっと若い」というくだりが特に気に入っている。

 そうなのだ。さまざまなものに囚われていた過去の自分よりも、もしかしたら今の自分の方が自由で若々しい発想ができるかもしれない。そんな風に勝手に解釈して、私はずっとこの曲を聴いてきた。

 最近、ローリング・ストーンズが18年ぶりにオリジナルアルバムを出した。今やメンバー全員が日本でいうところの後期高齢者。特にミック・ジャガーは80歳だが、歳を感じさせない歌声とサウンドに驚かされた。顔には深く皺が刻まれていても「気持ちの若々しさ」は何ら失っていない。

 まるで「以前よりずっと若い」ように。



同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
2月15日発売の本誌3月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「法廷で上映された道警“黙秘権侵害”動画」
1月15日発売の本誌2月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「ゼネコン北海道支店で“裏金作り”の怪」だ
北方ジャーナル1月号の誌面から 石川寿彦氏による漫画「回顧2023 コロナは去ったが…」
12月15日発売の本誌1月号(新年号)がスタンバイ。今月のトップ記事は「江差パワハラ 自殺遺族の慟哭を聴け」だ。
ナルク札幌のピンコロ劇団が文化祭で見せたシニアの底力 大盛り上がりの笑劇にやんやの拍手
北方ジャーナル12月号の誌面から 「戦時下のウクライナを歩いた元朝日新聞記者が札幌で報告会」② 
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 2月15日発売の本誌3月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「法廷で上映された道警“黙秘権侵害”動画」 (2024-02-13 16:27)
 1月15日発売の本誌2月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「ゼネコン北海道支店で“裏金作り”の怪」だ (2024-01-12 11:09)
 北方ジャーナル1月号の誌面から 石川寿彦氏による漫画「回顧2023 コロナは去ったが…」 (2024-01-03 18:08)
 12月15日発売の本誌1月号(新年号)がスタンバイ。今月のトップ記事は「江差パワハラ 自殺遺族の慟哭を聴け」だ。 (2023-12-13 14:46)
 ナルク札幌のピンコロ劇団が文化祭で見せたシニアの底力 大盛り上がりの笑劇にやんやの拍手 (2023-12-02 00:27)
 北方ジャーナル12月号の誌面から 「戦時下のウクライナを歩いた元朝日新聞記者が札幌で報告会」②  (2023-11-27 23:18)

Posted by 北方ジャーナル at 14:24│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
北方ジャーナル2023年12月号の誌面から 巻頭言「以前より若く」
    コメント(0)