さぽろぐ

新聞・ニュース  |札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 12月15日発売の本誌1月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「白鳳寺の太田代表は債務不履行の常習犯か」

2022年12月13日

12月15日発売の本誌1月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「白鳳寺の太田代表は債務不履行の常習犯か」

12月15日発売の本誌1月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「白鳳寺の太田代表は債務不履行の常習犯か」
13日朝、事務所に届いた2023年1月号

 今週の木曜、12月15日発売予定の本誌、北方ジャーナル2023年1月号が刷り上がり、本日朝に事務所へ到着。発売に先駆けて定期購読者や関係者に発送を終えた。今月も他誌では読めないコンテンツを是非、実物で確認してもらいたい。

 今月のトップは、全国的に話題となり大手メディアもこぞって報じた納骨堂の経営破綻問題。宗教法人白鳳寺(札幌市東区・太田司代表役員)が運営していた御霊堂元町で起きた“遺骨難民事件”の独自取材報道だ。

 永代供養を信じて遺骨を預けていた利用者を不安の底に突き落とした今回の事件。多額の利用料や管理料を集めていたはずの御霊堂元町の納骨堂事業はなぜ頓挫したのか。取材を進めると、そこに浮かび上がってきたのは太田代表の公私にわたる債務不履行の実態だった──。(く)

12月15日発売の本誌1月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「白鳳寺の太田代表は債務不履行の常習犯か」
白鳳寺の太田代表が不法占有していた札幌市西区西野の邸宅(Google Mapより)

不法占有で強制立ち退き

 2022年の年明け、札幌地裁は「ある人物」に札幌市西区西野にある瀟洒な邸宅(3階建て・延床面積約330㎡)から立ち退くよう命じた。人物の名前は、太田司氏(62)。それから9カ月後に納骨堂、御霊堂元町(市内東区)の“遺骨難民事件”で世間を騒がせることになる宗教法人白鳳寺の代表役員、その人だ。

 太田代表はなぜここから立ち退きを命じられたのか。

「ひと口に言えば長期間に亘る家賃滞納、要は不法占有をしていたということです。所有者が建物明け渡し請求訴訟を起こし、それでも出ていかなかったので最終的に明け渡しの強制執行を裁判所に申し立てた結果だと聞いています」

(続きは本誌でご覧ください)



同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
1月14日発売の本誌2月号がスタンバイ。今月のトップ記事は白鳳寺の続報「 “黒歴史”の果てに起きた遺骨詐欺」
新年のご挨拶に代えて 2月号の編集長日記から
断崖に囲まれた積丹半島 シャコタンブルーが創る癒やしの空間のひと時
北方ジャーナル12月号の誌面から 旧統一教会の被害者・苫小牧在住の高倉信幸さんが実名告発「私の青春を返してほしい」
北方ジャーナル12月号の誌面から ハゲタカの喰い物にされた白鳳寺の御霊堂元町
11月14日発売の本誌12月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「阿寒 鶴雅の大西雅之社長が賭けゴルフ」
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 1月14日発売の本誌2月号がスタンバイ。今月のトップ記事は白鳳寺の続報「 “黒歴史”の果てに起きた遺骨詐欺」 (2023-01-13 17:37)
 新年のご挨拶に代えて 2月号の編集長日記から (2023-01-10 12:19)
 断崖に囲まれた積丹半島 シャコタンブルーが創る癒やしの空間のひと時 (2022-11-20 23:56)
 北方ジャーナル12月号の誌面から 旧統一教会の被害者・苫小牧在住の高倉信幸さんが実名告発「私の青春を返してほしい」 (2022-11-17 15:18)
 北方ジャーナル12月号の誌面から ハゲタカの喰い物にされた白鳳寺の御霊堂元町 (2022-11-15 00:00)
 11月14日発売の本誌12月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「阿寒 鶴雅の大西雅之社長が賭けゴルフ」 (2022-11-11 08:44)

Posted by 北方ジャーナル at 10:41│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
12月15日発売の本誌1月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「白鳳寺の太田代表は債務不履行の常習犯か」
    コメント(0)