さぽろぐ

新聞・ニュース  |札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 10月15日発売予定の本誌11月号がスタンバイ

2022年10月14日

10月15日発売予定の本誌11月号がスタンバイ

10月15日発売予定の本誌11月号がスタンバイ
13日朝、事務所に届いた2022年11月号

 10月15日発売予定の本誌、北方ジャーナル11月号が刷り上がり昨日の朝、事務所に到着。発売に先駆けて定期購読者や関係者に発送を終えた。今月も他誌では読めないコンテンツを是非、実物で確認してもらいたい。ちなみに今回の巻頭言で私は、先月取材したある精神科医の話を受けて「非難と理解」と題し、次のように書いた。(く)

非難と理解

 気がつけば私たちは誰かをよく非難している。かくいう私も「言わさる」ひとりだ。

 だが、今月号で取材したドクターは、「その非難の段階で自分を上に置き、相手を理解することから離れてしまっている」と心の動きを指摘する。確かにそうかもしれない。他者に対する「なんでそうなの」「どうしてできない」──こういうストレスはおおかた自分の考えを基準にしているところから生じるからだ。

 例えばウクライナ戦争を仕掛け、非難の的になっているロシアのプーチン大統領には憤りを覚えずにいられないが、先のドクターの言葉に照らせば、また違った光景が見えてくる気がする。

 武力侵攻以来のプーチン大統領の言動に顕著なのが「このままではロシアは西側の脅威を受ける」というロジックだ。これを盾に彼は隣国を踏みにじり、支配地域の併合を正当化しようとしている。だが、このロジックがメンタルヘルス上の被害妄想から来ているのならどうなのか。

 20年以上に亘り君臨する権力者が周囲の言葉に耳を貸さなくなり、精神の平衡を失うことは大いにあり得る。

 裸の王様の先行きは決まって哀れだ──。



同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
1月14日発売の本誌2月号がスタンバイ。今月のトップ記事は白鳳寺の続報「 “黒歴史”の果てに起きた遺骨詐欺」
新年のご挨拶に代えて 2月号の編集長日記から
12月15日発売の本誌1月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「白鳳寺の太田代表は債務不履行の常習犯か」
断崖に囲まれた積丹半島 シャコタンブルーが創る癒やしの空間のひと時
北方ジャーナル12月号の誌面から 旧統一教会の被害者・苫小牧在住の高倉信幸さんが実名告発「私の青春を返してほしい」
北方ジャーナル12月号の誌面から ハゲタカの喰い物にされた白鳳寺の御霊堂元町
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 1月14日発売の本誌2月号がスタンバイ。今月のトップ記事は白鳳寺の続報「 “黒歴史”の果てに起きた遺骨詐欺」 (2023-01-13 17:37)
 新年のご挨拶に代えて 2月号の編集長日記から (2023-01-10 12:19)
 12月15日発売の本誌1月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「白鳳寺の太田代表は債務不履行の常習犯か」 (2022-12-13 10:41)
 断崖に囲まれた積丹半島 シャコタンブルーが創る癒やしの空間のひと時 (2022-11-20 23:56)
 北方ジャーナル12月号の誌面から 旧統一教会の被害者・苫小牧在住の高倉信幸さんが実名告発「私の青春を返してほしい」 (2022-11-17 15:18)
 北方ジャーナル12月号の誌面から ハゲタカの喰い物にされた白鳳寺の御霊堂元町 (2022-11-15 00:00)

Posted by 北方ジャーナル at 09:52│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
10月15日発売予定の本誌11月号がスタンバイ
    コメント(0)