さぽろぐ

新聞・ニュース  |札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 北方ジャーナル5月号の誌面から 北海道フォトエッセイ71「純白のタンチョウが舞い踊る 釧路湿原の聖地、鶴居村」

2022年04月18日

北方ジャーナル5月号の誌面から 北海道フォトエッセイ71「純白のタンチョウが舞い踊る 釧路湿原の聖地、鶴居村」

北方ジャーナル5月号の誌面から 北海道フォトエッセイ71「純白のタンチョウが舞い踊る 釧路湿原の聖地、鶴居村」
タンチョウの鳴き交わし(撮影:白井暢明・2022/3/14)

 刻々とモノトーンから色鮮やかな世界へ変貌を遂げていく北海道の春。そんな中、今月号の北海道フォトエッセイで筆者の白井氏は3月中旬に訪れた釧路湿原でのショットと一文を寄せてくれた。それはタンチョウの聖地と言われる鶴居村で、かの鳥たちが華麗に舞い踊る姿だ。純白の大地で求愛ために鳴き交わし、やがて生命を育んでいく様子は、まさに春のプレリュードにふさわしいものと言えそうだ。(く)

北方ジャーナル5月号の誌面から 北海道フォトエッセイ71「純白のタンチョウが舞い踊る 釧路湿原の聖地、鶴居村」
タンチョウの群れ(同)

純白のタンチョウが舞い踊る
釧路湿原の聖地、鶴居村

 まだ暗い朝の4時半に家を出て道東へ向かった。上川圏からオホーツク圏へ抜けるには、かつては峻厳な石北峠越えがあったが、今は旭川・紋別自動車道があるので快適だ。遠軽から弟子屈へ、そこから南下すると釧路湿原に入る。5時間後には目的地の鶴居村に着いた。

 この村はその名の通り、タンチョウで有名だが、ひとりあたりの平均所得が全国一高く高福祉で人気の村、私に言わせれば「気品に満ちた日本一の村」だ。

 早速、鶴の聖域「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」を訪れた。そこには純白の装いで気品に溢れた姿の70~80羽のタンチョウの姿があった。柵の外では十数名のカメラマンが息を潜めている。

 タンチョウの甲高い鳴き声が静寂を打ち破り、華麗な翼を拡げて舞い踊る。胴体と羽の純白、首の黒、そして頭頂の赤が実にカラフルで絵になる姿だ。文字通り丹頂の丹は赤を意味している。

「コロロロー」「カッカ」…、オスどうしの威勢の張り合い、そして気の合ったオスとメスの鳴き交わし。そして華麗な求愛ダンス…。いままさにタンチョウは「恋の季節」真っ只中なのだ。

 恋が成就してカップルが誕生すると、二羽は群れを離れ、気に入った湿原や湖畔に巣を作り、子育てに入る。そして、このカップルは生涯夫婦で添い遂げる。

 姿のみならず、その一途な生き様のなんと美しいことか。

 その美しさからアイヌ語で「サロルンカムイ」(湿原の神)とも呼ばれて神聖視されているこのタンチョウこそ、まさに北海道の宝だ。



同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
1月14日発売の本誌2月号がスタンバイ。今月のトップ記事は白鳳寺の続報「 “黒歴史”の果てに起きた遺骨詐欺」
新年のご挨拶に代えて 2月号の編集長日記から
12月15日発売の本誌1月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「白鳳寺の太田代表は債務不履行の常習犯か」
断崖に囲まれた積丹半島 シャコタンブルーが創る癒やしの空間のひと時
北方ジャーナル12月号の誌面から 旧統一教会の被害者・苫小牧在住の高倉信幸さんが実名告発「私の青春を返してほしい」
北方ジャーナル12月号の誌面から ハゲタカの喰い物にされた白鳳寺の御霊堂元町
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 1月14日発売の本誌2月号がスタンバイ。今月のトップ記事は白鳳寺の続報「 “黒歴史”の果てに起きた遺骨詐欺」 (2023-01-13 17:37)
 新年のご挨拶に代えて 2月号の編集長日記から (2023-01-10 12:19)
 12月15日発売の本誌1月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「白鳳寺の太田代表は債務不履行の常習犯か」 (2022-12-13 10:41)
 断崖に囲まれた積丹半島 シャコタンブルーが創る癒やしの空間のひと時 (2022-11-20 23:56)
 北方ジャーナル12月号の誌面から 旧統一教会の被害者・苫小牧在住の高倉信幸さんが実名告発「私の青春を返してほしい」 (2022-11-17 15:18)
 北方ジャーナル12月号の誌面から ハゲタカの喰い物にされた白鳳寺の御霊堂元町 (2022-11-15 00:00)

Posted by 北方ジャーナル at 00:00│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
北方ジャーナル5月号の誌面から 北海道フォトエッセイ71「純白のタンチョウが舞い踊る 釧路湿原の聖地、鶴居村」
    コメント(0)