さぽろぐ

新聞・ニュース  |札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 「勝手丼」の和商市場で活動する「みんなの和商」の釧路魅力発信

2022年03月28日

「勝手丼」の和商市場で活動する「みんなの和商」の釧路魅力発信

「勝手丼」の和商市場で活動する「みんなの和商」の釧路魅力発信
「みんなの和商」を切り盛りする廹田栄重代表

白飯の上にお好みの海鮮具材をトッピングする「勝手丼」が名物の釧路市・和商市場。その市場を拠点に地元釧路を盛り上げるべく、いわば“勝手に”でも応援していこうという市民有志の活動が12月から始まっている。拠点の名は「みんなの和商」。釧路市民のほか長期滞在の人々なども多く参画している、(一社)くしろまちづくり研究所(廹田栄重代表)及びその関係団体が運営している。

その「みんなの和商」で現在取り組まれているのが、釧路市音別町の大塚グループの釧路工場で製造されている大塚製薬の定番商品・オロナミンCドリンクの独自PRだ。同品はもとよりポカリスエットやボンカレーなど誰もがお馴染みの商品をいくつも手掛けている同社。その釧路工場は言わずもがな、地域の雇用を強く支えている。また札幌や十勝と釧路を結ぶ道東自動車道が今日のように整備される前は、釧路市内に行き来する道すがら目に入ってくるお馴染みの工場として知られていた。だが道東自動車道の整備による交通環境の変化で、多くのドライバーが音別町を経由し同工場を目にする機会がなくなってしまった。

「音別町に多大な貢献をしてくれている同工場の存在を、これからも多くの人に知ってほしい」
そんな思いから代表の廹田さんらは「みんなの和商」で、同工場のオロナミンC が釧路の水と北海道産のビート(甜菜)糖を使って製造していることを積極的にPRしているほか、オロナミンCと一緒に写る元気な子供たち(※対象は小学生以下)のポートレートを1111人分集め、その被写体となった子供のうち抽選で1名にオロナミンCをプレゼントするというフォトキャンペーンも実施している。
「撮影ブースに子供が喜びそうな小さな馬そりを提供して下さる方もいらっしゃるなど、 とても多くの方々から応援を頂いています」(廹田代表〉

「勝手丼」の和商市場で活動する「みんなの和商」の釧路魅力発信
子供たちの撮影ブース

なお廹田さんは、「和商市場は地元の方も観光で訪れる方に対しても、出会いやつながりをとても大切にしている場所。そういったところも含めて和商市場の魅力を広く発信していきたい」と話しており、今後もさまざまな活動を展開していく構えだ。



同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
防災機能も充実の小清水町新庁舎が1月から着工
今年も新千歳空港国際アニメ映画祭が開催決定。4月18日からコンペ作品募集開始
環境負荷低減に寄与し、コロナ対策も充実の幸楽輸送新社屋が竣工
コープさっぽろソシア店でウクライナ支援のチャリティーコンサート
新庄BIGBOSS率いる日ハムへ、ホクレンが道産農畜産物を贈呈
サッポロファクトリーアトリウムに現れた、巨大なサッポロクラシックの正体は?
 防災機能も充実の小清水町新庁舎が1月から着工 (2022-04-27 16:27)
 今年も新千歳空港国際アニメ映画祭が開催決定。4月18日からコンペ作品募集開始 (2022-04-20 16:00)
 環境負荷低減に寄与し、コロナ対策も充実の幸楽輸送新社屋が竣工 (2022-04-18 15:36)
 コープさっぽろソシア店でウクライナ支援のチャリティーコンサート (2022-03-31 13:50)
 新庄BIGBOSS率いる日ハムへ、ホクレンが道産農畜産物を贈呈 (2022-03-24 13:44)
 サッポロファクトリーアトリウムに現れた、巨大なサッポロクラシックの正体は? (2022-03-19 09:37)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
「勝手丼」の和商市場で活動する「みんなの和商」の釧路魅力発信
    コメント(0)