さぽろぐ

新聞・ニュース  |札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 反響続々。本誌4月号の新聞広告を道新に掲載

2022年03月16日

反響続々。本誌4月号の新聞広告を道新に掲載

反響続々。本誌4月号の新聞広告を道新に掲載
16日付道新朝刊に掲載された本誌4月号の広告

 本日付で掲載した新聞広告の影響もあってか、早くも取次店などから追加発注のオファーが届いているのが14日に発売された本誌4月号だ。

反響続々。本誌4月号の新聞広告を道新に掲載
ロシアによるウクライナ侵攻を題材にした今月の巻頭漫画

 地域医療の危機を追う広域紋別病院問題のレポートや北洋銀行の親密企業「ネクステップ」に関する続報、そして江差高等看護学院のパワハラ問題で新たに発覚した大きな被害など、どれも目を通してもらいたい記事ばかりだが、現在ロシアが行なっているウクライナ侵略と重なる記事が、「ソ連侵攻を受けた元島民 77年前の辛酸」だ。

 先の大戦の終戦時に起きた「日ソ中立条約」の一方的な破棄によるソ連の日本領土への侵攻。そんな当時の辛酸を味わったひとりである千島歯舞諸島居住者連盟根室支部長の宮谷内亮一さんが2月5日、急性心不全のため根室市内の病院で死去した。本誌は例年2月号の根室・北方領土特集で元島民への聞き書きを掲載。昨年12月には宮谷内さんへ通算8回目のインタビューを行ない、要約を本年2月号に掲載したばかりだった。

 今回の記事では、宮谷内さんへの追悼の思いを込め、最後となったインタビューの全体をあらためて紹介した。そこには武力により故郷を蹂躙された当時の日本人の筆舌に尽くし難い辛酸が吐露されている。いま国難の真っ只中にあるウクライナの人々に心を寄せる意味でも是非読んでもらいたい一編だ。(く)




同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
1月14日発売の本誌2月号がスタンバイ。今月のトップ記事は白鳳寺の続報「 “黒歴史”の果てに起きた遺骨詐欺」
新年のご挨拶に代えて 2月号の編集長日記から
12月15日発売の本誌1月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「白鳳寺の太田代表は債務不履行の常習犯か」
断崖に囲まれた積丹半島 シャコタンブルーが創る癒やしの空間のひと時
北方ジャーナル12月号の誌面から 旧統一教会の被害者・苫小牧在住の高倉信幸さんが実名告発「私の青春を返してほしい」
北方ジャーナル12月号の誌面から ハゲタカの喰い物にされた白鳳寺の御霊堂元町
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 1月14日発売の本誌2月号がスタンバイ。今月のトップ記事は白鳳寺の続報「 “黒歴史”の果てに起きた遺骨詐欺」 (2023-01-13 17:37)
 新年のご挨拶に代えて 2月号の編集長日記から (2023-01-10 12:19)
 12月15日発売の本誌1月号がスタンバイ。今月のトップ記事は「白鳳寺の太田代表は債務不履行の常習犯か」 (2022-12-13 10:41)
 断崖に囲まれた積丹半島 シャコタンブルーが創る癒やしの空間のひと時 (2022-11-20 23:56)
 北方ジャーナル12月号の誌面から 旧統一教会の被害者・苫小牧在住の高倉信幸さんが実名告発「私の青春を返してほしい」 (2022-11-17 15:18)
 北方ジャーナル12月号の誌面から ハゲタカの喰い物にされた白鳳寺の御霊堂元町 (2022-11-15 00:00)

Posted by 北方ジャーナル at 17:10│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
反響続々。本誌4月号の新聞広告を道新に掲載
    コメント(0)