さぽろぐ

新聞・ニュース  |札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 多彩なコンテンツとなった発売中の北方ジャーナル3月号

2022年02月17日

多彩なコンテンツとなった発売中の北方ジャーナル3月号

多彩なコンテンツとなった発売中の北方ジャーナル3月号
写真は16日付道新朝刊1面に掲載した3月号の新聞広告

 自分で言うのもなんだが、今月号は地域的にも内容的にも多彩なラインナップとなった。釧路で起きた整骨院がらみの詐欺事件、オホーツク紋別における医療危機、核のゴミに揺れる神恵内村長選をはじめ本誌の鉄板ネタである道警不祥事、北洋銀行の親密企業におけるガバナンス問題など多種多様だ。

 このほか示唆に富んだ星野リゾート代表・星野佳路監督へのインタビューも掲載。道新広告には載せていないが、室蘭を舞台にした坪川拓史監督による長編映画「モレエラニの霧の中」もカラー誌面で特集した。毛色の変わったところでは、これまで新疆ウイグル自治区におけるジェノサイドを告発してきた本誌に対し、中国駐札幌総領事館が反論する形でインタビューに応じたのも興味深い。

 ネットもいいが、是非実物を手にとってページをめくってもらえれば幸いだ。(く)

 


同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
北方ジャーナル6月号の誌面から 北海道フォトエッセイ72「太平洋に北海道の背骨が沈み込む “なにもない春”の襟裳岬」
5月14日発売の本誌 北方ジャーナル6月号がスタンバイ
北方ジャーナル5月号の誌面から 「公共交通をどうする? 第118回 JR函館本線長万部~札幌間の大きな価値」
北方ジャーナル5月号の誌面から 北海道フォトエッセイ71「純白のタンチョウが舞い踊る 釧路湿原の聖地、鶴居村」
4月15日発売の本誌 北方ジャーナル5月号がスタンバイ
ラーメン百景  函館市「キッチン中華 あじたか」伝統の塩ラーメンを守り、創作メニューにも挑戦する老舗の味
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 北方ジャーナル6月号の誌面から 北海道フォトエッセイ72「太平洋に北海道の背骨が沈み込む “なにもない春”の襟裳岬」 (2022-05-24 23:18)
 5月14日発売の本誌 北方ジャーナル6月号がスタンバイ (2022-05-12 15:14)
 北方ジャーナル5月号の誌面から 「公共交通をどうする? 第118回 JR函館本線長万部~札幌間の大きな価値」 (2022-04-20 00:00)
 北方ジャーナル5月号の誌面から 北海道フォトエッセイ71「純白のタンチョウが舞い踊る 釧路湿原の聖地、鶴居村」 (2022-04-18 00:00)
 4月15日発売の本誌 北方ジャーナル5月号がスタンバイ (2022-04-13 09:11)
 ラーメン百景 函館市「キッチン中華 あじたか」伝統の塩ラーメンを守り、創作メニューにも挑戦する老舗の味 (2022-04-03 14:12)

Posted by 北方ジャーナル at 00:51│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
多彩なコンテンツとなった発売中の北方ジャーナル3月号
    コメント(0)