さぽろぐ

新聞・ニュース  |札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 1月15日発売の本誌 北方ジャーナル2月号がスタンバイ

2022年01月13日

1月15日発売の本誌 北方ジャーナル2月号がスタンバイ

1月15日発売の本誌 北方ジャーナル2月号がスタンバイ
写真は13日朝、事務所に届いた2月号の表紙

 1月15日発売予定の本誌、北方ジャーナル2月号が刷り上がり13日朝、事務所に到着。発売に先駆けて定期購読者や関係者に発送を終えた。今月も他誌では読めないコンテンツを是非、実物で確認してもらいたい。ちなみに今回の巻頭言では、いま全世界的に叫ばれている「EVシフト」について、私は次のように書いた。(く)

EVシフトの誤謬

「脱炭素」を錦の御旗に、EVシフト(電気自動車への転換)が叫ばれている昨今の世相は、私から言わせれば、どこか極端でバランスを失っているように見える。

 私はEVを移動手段のひとつとして否定しないが、将来、クルマにとってメインストリームになるかについては懐疑的だ。EV先進国として知られるアメリカでも購入した層の何割かが「使えない」としてガソリン車に買い替えていると聞く。

 現在のEVでは、遠く足をのばす時には頻繁に充電スタンドに立ち寄らねばならず、急速充電でも30分程度はかかる。冬などヒーターを使う季節ともなれば残量はみるみる減っていく。吹雪などの悪天候の中で「電欠」になったら、それこそ命取りだ。

 超高性能なバッテリーが問題を解決するという話もあるが、そもそもそのバッテリー生産が環境に多大な負荷をかけていることは、あまり語られることがない。

 内燃機関であるエンジンが自動車に応用されてから約140年。その間、エンジンは高効率化と高出力化の両面で飛躍的な進化を遂げた。その類まれな技術を葬り去ろうとしている風潮は、メーカーにとって自殺行為につながるように思えてならない。



同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
北方ジャーナル6月号の誌面から 北海道フォトエッセイ72「太平洋に北海道の背骨が沈み込む “なにもない春”の襟裳岬」
5月14日発売の本誌 北方ジャーナル6月号がスタンバイ
北方ジャーナル5月号の誌面から 「公共交通をどうする? 第118回 JR函館本線長万部~札幌間の大きな価値」
北方ジャーナル5月号の誌面から 北海道フォトエッセイ71「純白のタンチョウが舞い踊る 釧路湿原の聖地、鶴居村」
4月15日発売の本誌 北方ジャーナル5月号がスタンバイ
ラーメン百景  函館市「キッチン中華 あじたか」伝統の塩ラーメンを守り、創作メニューにも挑戦する老舗の味
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 北方ジャーナル6月号の誌面から 北海道フォトエッセイ72「太平洋に北海道の背骨が沈み込む “なにもない春”の襟裳岬」 (2022-05-24 23:18)
 5月14日発売の本誌 北方ジャーナル6月号がスタンバイ (2022-05-12 15:14)
 北方ジャーナル5月号の誌面から 「公共交通をどうする? 第118回 JR函館本線長万部~札幌間の大きな価値」 (2022-04-20 00:00)
 北方ジャーナル5月号の誌面から 北海道フォトエッセイ71「純白のタンチョウが舞い踊る 釧路湿原の聖地、鶴居村」 (2022-04-18 00:00)
 4月15日発売の本誌 北方ジャーナル5月号がスタンバイ (2022-04-13 09:11)
 ラーメン百景 函館市「キッチン中華 あじたか」伝統の塩ラーメンを守り、創作メニューにも挑戦する老舗の味 (2022-04-03 14:12)

Posted by 北方ジャーナル at 10:29│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
1月15日発売の本誌 北方ジャーナル2月号がスタンバイ
    コメント(0)