さぽろぐ

新聞・ニュース  |札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 11月15日発売の本誌、北方ジャーナル12月号がスタンバイ

2021年11月12日

11月15日発売の本誌、北方ジャーナル12月号がスタンバイ

11月15日発売の本誌、北方ジャーナル12月号がスタンバイ
刷り上がった北方ジャーナル12月号

 11月15日発売予定の本誌、北方ジャーナル12月号が刷り上がり12日朝、事務所に到着。発売に先駆けて定期購読者や関係者に発送を終えた。今月も他誌では読めないコンテンツを是非、実物で確認してもらいたい。ちなみに今回の巻頭言では、先般行なわれた衆院総選挙の結果を受け「愚かな選択」と題し、私は次のように書いた。(く)

  愚かな選択‏

 今回の衆院総選挙についてさまざまな論評が行なわれている。

 結果を見れば、いわゆるリベラル系の人たちには残念なものであり、いわゆる保守層にとっては少しばかり胸を撫でおろすものだったのかもしれない。この中で私が気になっているひとつが、一部の識者などに「国民は愚かな選択をした」という趣旨の発言が見られることだ。

 ざっくり言えば、今回の国民の民意は自公政権を維持することだった。自民党が絶対安定多数を獲得し、共産党と組んだ立憲民主党が大きく退潮したことが端的にそれを表している。

 この選択に異を唱えるのは自由だが、軽々に有権者を愚民呼ばわりすることに私は違和感を覚える。これは左も右も関係ない。衆院選で、かつての民主党が政権を奪取した時も保守層から有権者を愚か呼ばわりする声が起こったが、これも同様に失礼な話だった。

 少なくとも独裁国家と違い、議会制民主主義が機能している我が国において、選挙で示される民意はまず尊いものだと私は思う。それを「愚か」と言ってのけられるのは、その人が相当に賢いからに違いない。



同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
北方ジャーナル6月号の誌面から 北海道フォトエッセイ72「太平洋に北海道の背骨が沈み込む “なにもない春”の襟裳岬」
5月14日発売の本誌 北方ジャーナル6月号がスタンバイ
北方ジャーナル5月号の誌面から 「公共交通をどうする? 第118回 JR函館本線長万部~札幌間の大きな価値」
北方ジャーナル5月号の誌面から 北海道フォトエッセイ71「純白のタンチョウが舞い踊る 釧路湿原の聖地、鶴居村」
4月15日発売の本誌 北方ジャーナル5月号がスタンバイ
ラーメン百景  函館市「キッチン中華 あじたか」伝統の塩ラーメンを守り、創作メニューにも挑戦する老舗の味
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 北方ジャーナル6月号の誌面から 北海道フォトエッセイ72「太平洋に北海道の背骨が沈み込む “なにもない春”の襟裳岬」 (2022-05-24 23:18)
 5月14日発売の本誌 北方ジャーナル6月号がスタンバイ (2022-05-12 15:14)
 北方ジャーナル5月号の誌面から 「公共交通をどうする? 第118回 JR函館本線長万部~札幌間の大きな価値」 (2022-04-20 00:00)
 北方ジャーナル5月号の誌面から 北海道フォトエッセイ71「純白のタンチョウが舞い踊る 釧路湿原の聖地、鶴居村」 (2022-04-18 00:00)
 4月15日発売の本誌 北方ジャーナル5月号がスタンバイ (2022-04-13 09:11)
 ラーメン百景 函館市「キッチン中華 あじたか」伝統の塩ラーメンを守り、創作メニューにも挑戦する老舗の味 (2022-04-03 14:12)

Posted by 北方ジャーナル at 09:42│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
11月15日発売の本誌、北方ジャーナル12月号がスタンバイ
    コメント(0)