さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › お知らせ › 本日発売!北方ジャーナル2021年10月号

2021年09月15日

本日発売!北方ジャーナル2021年10月号

本日発売!北方ジャーナル2021年10月号



9月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】旭川発──「社会福祉法人かがやき」に丸投げされた介護事業の行方【3】

体制刷新か追い出しか
岩崎理事長が理事を入れ替え
裏金事件関与の評議員も退任


本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
これまで報じてきた旭川市に本部を置く社会福祉法人かがやき(岩崎正則理事長)についての続報だ。法人内部のコンプライアンスやガバナンスのあり方をめぐって旭川市の指導監査課が6月7日、「かがやき」に対して抜き打ちの特別監査に踏み切ったことは7月号で既報の通り。この特別監査が続けられている中で判明したのが同社福における理事の大量入れ替えだ。社福の理事は企業で言えば取締役の地位に相当する立場。「かがやき」の中でいったい何が起きているのか──。  (本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】地元紙・80年めの迷走〈続〉

どうなる、道新
記者逮捕で初めて全社説明会
不信の声は採用内定者からも

本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
取材目的で公共施設に“侵入”した新聞記者の逮捕が伝えられてから、まもなく3カ月。同記者の所属する北海道新聞はこの9月に初めて「全社説明会」を開き、編集局幹部らが2日間にわたって事件当時の状況などを報告した。だがその内容はこれまでの説明と変り映えしないものとなり、参加者の質問に幹部が“逆ギレ”する一幕も。社への不信は現職の記者のみならず来春採用予定の内定者にまで波及、事態に収拾をつけるには程遠い状況となっている。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】告発・絶望の学府⑥

告発1年、救済見えず
江差看護、後期の一部が開講
パワハラ問題で議会追及続く


本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
最初の被害告発から丸1年、道立看護学院の教員らによるパワーハラスメント問題はなお出口の見えない状況だ。現場の江差では後期授業の一部がすでに開講、直前にそれを知った学生があわや単位取得を逃がしかける事態も起きている。地元議会では継続して問題追及の声が上がっているものの、担当課の動きは事実上第三者委員会の調査終了待ち。被害学生たちの救済策は、未だその概観さえ見えていない――。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】医療現場で散った命⑬

「安心できる職場に」
看護師パワハラで証人尋問
医師は当事者との接点否定


本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
就職半年後に命を絶った新人看護師は、医師によるパワーハラスメント発言を遺書に綴っていた。遺族は労働災害を強く疑ったが、当局はこれを認めず、のちに両親が国を相手どる裁判を起こしてからは関係者らの調書を作り直してまでパワハラを否定し続けた。加害発言を疑われる医師が法廷に立ったのは、提訴から3年あまりが過ぎた本年8月下旬。その人と対峙することになった遺族は、改めて訴える。「人の命を救う現場が、安心して働ける職場でなくてどうするのか」――。(小笠原 淳)


----------------------------------------------------------------------

【報道】スクールガードの素顔③

スクールガード、有罪
元警官、強制わいせつ認める
法廷では“ストーカー”主張も

本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
本年7月号の誌面で報告した、元警察官による強制わいせつ事件。刑事裁判の法廷で未成年女性へのわいせつ行為を認めた被告は、同時に被害者家族による“ストーカー行為”の被害などを主張したが、裁判所は検察の求刑通り懲役2年の刑を宣告、執行猶予つきの有罪判決を言い渡した。地域の小学校で長くスクールガード活動を続け、多くの児童と「ハグ」を繰り返してきたのは、性犯罪の前哨戦だったのか――。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】21世紀の人質司法

「これは氷山の一角だ」
黙秘権侵害、私物“点検”
弁護士会が道警に抗議


本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
警察の取り調べで黙秘権を認められず、私物のノートを無断で“点検”された――。そんな声を受けた地元弁護士会が、警察に抗議の申し入れを行なった。被害が事実ならば重大な憲法違反が疑われるところで、当事者は国賠訴訟に踏み切る考えを固めているという。これまでにも再三にわたって批判されてきた“人質司法”の弊害。外部の監視を欠いた密室で何が行なわれているのかは、21世紀の今日もなお検証不可能だ。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【連載】“核のゴミ”レポートPART24 「応募検討」報道から1年、文献調査に抗する住民たちの思い

海と生きるか核に頼るか
関ヶ原の寿都町長選を
前に問われる住民意識

本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
「核のごみ最終処分場 寿都町が調査応募検討」の見出しが打たれた新聞報道から1年が経過した。片岡春雄町長は「わたしの肌感覚では過半数の住民の賛成を得られている」と述べて応募に舵を切り、昨年秋からNUMO(原子力発電環境整備機構)が「文献調査」に着手。水産加工業の若手を中心に立ち上げた住民グループが住民投票条例の直接請求運動を進めた結果、曲折の末、次の「概要調査」前の投票を実施する条例が制定された──。10月26日には、この問題を最大の争点にして20年ぶりの町長選挙も行なわれる。1年の節目を機に事前調査に抗してきた住民たちの思いに耳を傾ける一方、6選をめざす片岡町長にインタビューした。(ルポライター・滝川 康治)

----------------------------------------------------------------------

【報道】北海道政治史から衆院総選挙を読み解く

保守勢力の内輪揉めで革新
勢に隙を突かれてきた歴史

自民に逆風も首相退陣で混沌は必至


本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
当初の観測と異なり11月にずれ込みそうな雲行きの衆院総選挙。ここにきて菅義偉総理が自民党総裁選への不出馬を決め、与党自民党は次の選挙の顔となるトップ選びの権力闘争に熱を入れ始めた。だが、その勝敗に決着がついて総選挙まで国民はコロナ禍中で政治空白を強いられることとなる。こんな状況だからこそ、一人ひとりの1票の意思表示が重要になるが、そもそも今の政治情勢をどう見れば良いのか。「そんな時こそ歴史から学ぶべき」。この言葉を皮切りに口を開いたのが、匿名を条件とするベテラン政治ウォッチャー。道内のこれまでの政治事情に詳しい本人の語りに耳を傾けてみた。(髙橋貴充)

----------------------------------------------------------------------

【ニュース】

■コロナで打撃を受けた函館観光に
「北島三郎記念館閉館」の追い打ち

 ──再開を望む故郷・知内町の関係者や演歌ファン

■帯広の東洋と勝毎が異色のタッグ
 求人媒体の「とかちジョブ」を創刊

 ──新聞・フリーペーパー・Webの3媒体で同時発信

■札幌「SOGIハラ訴訟」初弁論
 同性と事実婚の元道職員が陳述

 ──多様性、公正な社会「諦めることに慣れては…」

■ホーム企画センターを引退した
 青木雅典氏が86歳で新ビジネス

 ──中国COFCO日本法人と提携し道産品を輸出へ

■コロナ禍で外食業界が苦しむ中
 マクドナルドが強気の道内出店

 ──ひとり勝ちのマック。旭川中心部に7年ぶり復活、千歳は3店舗目

----------------------------------------------------------------------

【衆院選】キーマンに訊く──【7区】自由民主党道連会長・伊東良孝氏

国民の信頼を取り戻して
希望の持てる社会を作る

「ゼロカーボン北海道」を成長の起爆剤に


本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
さる6月、自民党道連会長に再就任し髙橋はるみ会長代行とのタッグで衆院総選挙に臨む伊東良孝衆議(72)は、取材冒頭「国政への国民の信頼を取り戻すことが何より大事」と危機感を滲ませた。伊東衆議はコロナ禍の今日に至るまで政府与党として十分ではなかった事柄を踏まえつつ、「だからこそ力を貸してほしい」と訴える。一次産業の振興を中心に取り組んできたこの4年間の実績、成長の起爆剤として注目される「ゼロカーボン北海道」への取り組みなどを訊いた。(8月27日収録)

----------------------------------------------------------------------

【衆院選】キーマンに訊く──【8区】立憲民主党道連代表・逢坂誠二氏

全道12選挙区で公認を擁立
地産地消で地域経済を潤す

若者支援は全世代にプラスとなる


本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
医療現場が危機的状況に陥るほどの新型コロナの感染爆発。十分な経済的補償もないまま繰り返される営業自粛要請。にもかかわらず半ば強行されたパンデミック下の東京五輪。本来ならこうした国難の時こそ国民のために発揮される強い政治力が期待されるところだが、それが全く実感できないまま迎えようとしているのが今回の衆院総選挙だ。正に現状に辟易している国民に対して、野党はどういった打開策を示すのか。立憲民主党道連代表の逢坂誠二衆議に訊ねた。(8月30日収録)

----------------------------------------------------------------------

【衆院選】キーマンに訊く──【3区】自由民主党・高木宏壽氏

国政を経験した即戦力で
コロナ後の経済を再生へ

急がれる道内の飲食・観光の立て直し

本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
北海道3区は、小選挙区制が導入された1996年以来、衆院総選挙で自民党と旧民主党(立憲民主党)が接戦を繰り広げ、自民党として4勝4敗のスコアになっている厳しい選挙区でもある。今回、立候補を予定している前衆議の高木宏壽氏(61)は、2017年の惜敗からこの4年間、地道に有権者と会話を重ねてきた日々を踏まえ、捲土重来を期して戦い抜く決意。衆議としての国政経験、即戦力の優位性を訴える高木氏に選挙の焦点、自身の政策のポイントなどを訊いた。(8月25日収録、9月5日追加取材)

----------------------------------------------------------------------

【衆院選】キーマンに訊く──【3区】立憲民主党・荒井優氏

世襲を強みにして未来に
繋げる政治を実現したい

経験を生かし教育改革に一石を投じる


本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
次期衆院選北海道3区に立憲民主党の公認を受け、新人で札幌新陽高校前校長の荒井優(ゆたか)氏(46)が出馬する。荒井氏の父で元国家戦略相・荒井聡氏(75)が今期で退くことを受けて、同党北海道3区総支部が立候補を要請。親族が地盤を引き継ぐ世襲から逃げていたという荒井氏だが、学校再建に取り組んだ経験を生かし日本の教育を変えようと出馬を受諾した。豊平区の事務所に荒井氏を訪ね、46歳で政治の世界へ飛び込もうとする決意や自身の政策について訊いた。(8月25日収録)

----------------------------------------------------------------------

【衆院選】キーマンに訊く──【6区】自由民主党・東 国幹氏

北海道に今一番必要なのは
政権与党が持つ政策実現力

足りなかった西川前市長のマネジメント能力


本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
今回の衆院選で、かつて旭川市長選で争った因縁浅からぬ西川将人氏と再び闘うこととなった自民党新人の元道議、東国幹氏。同市で起きたさまざまな問題を受け、市のトップだった西川氏の風当たりが強い一方で、東氏側が所属する与党にもコロナ対応などで世間から厳しい目が向けられている。政策実現力は与党の利するところだが、肝心の有権者は果たしてどう見るのか。この中で東氏に総選挙出馬の心境などについて取材を打診。同氏が書面回答の形で応じた。(構成・編集部)

----------------------------------------------------------------------

【衆院選】キーマンに訊く──【6区】立憲民主党・西川将人氏

公約の柱に掲げる8つの挑戦
何としても地方衰退を止める

立場は変われど地元のために全力


本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
選挙区の大票田である旭川市長を4期半ばの今日まで務め、知名度は抜群と言える立憲民主党の新人・西川将人氏。しかしながら旭川市は、コロナ禍の発生から幾度もクラスター発生に襲われ、旭川医大のトップによるハラスメントや、いじめが原因と目される女子中学生の凍死事件など、全国的にも批判が集まる問題が相次いだ。この中でまちの舵取り役だった西川氏にも、少なからず厳しい目を向けられていることは想像に難くない。その西川氏に総選挙出馬の心境などについて取材を打診。同氏が書面回答で応じた。(構成・編集部)

----------------------------------------------------------------------

【医療】地域がん診療連携拠点病院の恵佑会札幌病院が新築移転

診断から治療、緩和ケアまで
新時代に合わせレベルアップ


本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
消化器系などのがん治療で40年の実績を持つ社会医療法人恵佑会(鈴木康弘理事長)が運営する恵佑会札幌病院(229床)が8月1日、白石区本通9に新築移転オープンした。これまで厚労省が認可する地域がん診療連携拠点病院として活躍してきた同病院では、今回の新築移転で診断・治療・緩和ケアの内容を新しい時代にマッチさせるため大幅にレベルアップ。外来化学療法を効率よく行なうためのオンコロジーセンターや緩和ケア外来を新設し、患者の生活を支え地域医療に貢献する病院づくりを目指す。「患者目線の医療を徹底的に追求していきたい」と語る鈴木理事長に、新病院の概要と意気込みを訊いた。(8月19日取材)

----------------------------------------------------------------------

【農業】岩見沢市「スマート農業」の可能性

ここまで来たロボット農機の実力
最先端技術で拓く地域農業の未来

IoTのまち岩見沢が挑む農業課題の解決

本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
かねてから取り組んできた「スマート農業」が、2018年冬放送の人気ドラマ「下町ロケット ゴースト・ヤタガラス」の題材になったこともあって、ロボットトラクターやロボットコンバインがまちのひとつの象徴的存在になった感がある岩見沢市(松野哲市長)。同市独自のICT(情報通信技術)基盤を利用するこれらのロボット農機は年々進化を見せており、近く予定されている実証実験にも高い関心が寄せられている。それは、複数圃場の無人走行トラクターを遠隔地から一括監視制御するという夢のような世界。農作業の省力化や効率化のみならず、新規ビジネス創出の可能性も秘めているプロジェクトだ。今回のAgri Reportは、IoT、ビッグデータ、AI、ロボットといった最先端技術を活用し、未来に向けて地域の農業を切り拓いている同市の取り組みを紹介する。

----------------------------------------------------------------------

【経済】コロナ禍が促すホテル旅館業界の新陳代謝

ジワリ変わる業界地図
丸駒温泉は民事再生、定山渓ビューは新スタート

本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
コロナ禍が2年目になる中、北海道では依然として観光業界や飲食業界を中心に大きな影響が続いているが、ここにきて同じ業種でも格差が出てきた。とりわけホテル旅館業界はその傾向が顕著で、閉館や民事再生法を申請する企業がある一方で、既存ホテル旅館の買収や新設を積極化する企業もあり差が広がり始めている。コロナ明けが見通せない状況が続く中、格差はますます広がることが懸念され、ポストコロナには北海道のホテル旅館業界地図が一変している可能性もある。(佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------

【経済】ホテルオークラ札幌閉館 宮崎社長に胸中を訊く

またお会いする日まで
“次のオークラ”は札幌にまだ
ないラグジュアリーホテルに


本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
バブル破綻したホテルアルファ・サッポロのホテル事業を引き受ける形で2003年、札幌に進出したホテルオークラグループ。その事業拠点であるホテルオークラ札幌(宮崎誠社長)が建物の老朽化などのために土地建物の売却を決め、9月20日閉館する。閉館の発表から今日まで、予期せぬコロナ禍という大災害に見舞われながらも、かねてより支持の厚かった会員客の利用下支えなどで深刻な経営危機は回避。だが有終の美を飾るような大々的な催しは行なわれないまま、閉館の日を迎えることになりそうだ。ただ宮崎社長は再び札幌で新しいホテルオークラを展開することを明言。現状の札幌にはないラグジュアリーホテルとして新生させるという。  (髙橋貴充)

----------------------------------------------------------------------

【寄稿】コロナ禍の感染対策に必要な新たな戦略とは

攻めの姿勢に大転換を
科学的知見に基づく武器を持て


越智 文雄(日本除菌連合会長・一社 次亜塩素酸水溶液普及促進会議代表理事)

本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
新型コロナウイルスの変異株が世界でパンデミックの再拡大をもたらし、日本の新規陽性者数もさる8月に過去のピークを軽々と超えた。コロナとの闘いが1年8カ月にも及ぶ中、ワクチン以外のさしたる武器もなく「さらなる人流の制限」を強いられる生活に閉塞感は高まる一方だ。こうした状況を新たな視点と攻めの姿勢で打開していこうと日本除菌連合の越智文雄会長は訴える。我が国は、実は「やれることをやっていない」のではないか──。

----------------------------------------------------------------------

【行政】予算不足に苦しむ小樽市犬管理所【2】

迫市長が改善指示を出しても
変わらない保健所の旧態依然


本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
8月号で報じた「小樽市犬管理所」が予算不足から苦境に陥っている問題の続報だ。小樽市保健所が所管する犬管理所の業務を受託し、予算の増額を求めていた任意団体「ドッグエンジェルHIKARU」(成田広美代表)。この団体の活動について迫俊哉市長らが配慮し、保健所に対応するよう指示を出していたことが分かった。その一方で、施設管理を民間に丸投げして耳を貸さない保健所の体質を「伏魔殿」と批判する団体の支援者は、動物愛護活動を継続するためにも委託業務そのものを解消すべきだとアドバイスする。揺れる犬管理所問題を追った。   (武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】ルポ「ひきこもり」73──ぼそっと池井多さんを迎えた「ひきこもり親子 公開対論」から

それでも生きていこう
親から子への負の連鎖を見つめて


本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
30年以上にわたる断続的なひきこもり経験を持つ、ぼそっと池井多さん(東京都在住、59)が8月21日、札幌市内で開かれた「ひきこもり親子 公開対論」にホスト役として登場した。ひきこもり当事者と親が壇上で言い分をぶつけ、参加者がそれぞれの角度から向き合うイベントで、札幌市のNPO法人「レター・ポスト・フレンド相談ネットワーク」(田中敦理事長)が主催した。この日は当事者として場面緘黙に苦しんだ経験を持つ大橋伸和さん(38)、親の立場から鈴木祐子さん(74)が登壇した。当日の模様をレポートする。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】戦争遺産をめぐる旅 【74】

戦争を支えた巨大な兵器工場跡
愛知県の豊川海軍工廠平和公園

空襲で犠牲になった動員学徒

本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
旧日本軍により全国各地に建設された軍事施設がアメリカの攻撃によって破壊され、戦後その施設を中心に保存運動が起き、自治体が「平和公園」などとして整備した例がいくつかある。その中で最も規模が大きいと思われるのが愛知県豊川市の「豊川海軍工廠(こうしょう)平和公園」だ。旧海軍が使用した銃器や弾丸の生産拠点である工廠(工場)だったため、終戦直前の空襲で2700人以上が犠牲になった。76回めの終戦記念日前にその工廠跡を訪れると兵器生産の実態を知ることができた。 (ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【フォトレポート・トピックス】

●カドウフーズで無償提供している子供支援に寄せられた善意の品々
●道とキャリアバンクが帰国困難な外国人の就労を支援
●ニトリレディスで稲見萌寧が優勝 無観客の中、東京五輪銀メダリストが栄冠
●ホクレンが主催大会中止を受け選手の子供応援する記念品贈呈
●「ハードセルツァー」の日本版登場 「サッポロ WATER SOUR」新発売

----------------------------------------------------------------------

【連載コラムなど】
*北海道フォトエッセイ
*視点 公共交通をどうする?
*シネマ
*スポーツ筆刀両断
*探訪! 脳内北海道
*新設企業情報
*人物株価
*古本屋女房の“古本的日常"
*須賀章雅のよいどれ文学夜話
*デンタルエッセイ
*夏井功の「夜を駈ける車イス」
*北海道妄想紀行
*囚活通信
*新連載小説 特別授業
----------------------------------------------------------------------
【今月の表紙】鈴木翁二画
『虹の国へ』

同じカテゴリー(お知らせ)の記事画像
お盆期間の休業について
北方ジャーナル3月号、15日の発売に向けスタンバイ
北方ジャーナル2021年2月号、明日発売へ。本州方面の大雪の影響で一部書店で入荷遅れも
お盆休業期間のお知らせ
新型肺炎感染拡大の影響で第32回昭和新山国際雪合戦が急遽中止
新年のご挨拶と年始営業のお知らせ
同じカテゴリー(お知らせ)の記事
 お盆期間の休業について (2021-08-13 00:01)
 北方ジャーナル3月号、15日の発売に向けスタンバイ (2021-02-13 00:00)
 北方ジャーナル2021年2月号、明日発売へ。本州方面の大雪の影響で一部書店で入荷遅れも (2021-01-14 00:32)
 お盆休業期間のお知らせ (2020-08-12 13:15)
 新型肺炎感染拡大の影響で第32回昭和新山国際雪合戦が急遽中止 (2020-02-21 14:04)
 新年のご挨拶と年始営業のお知らせ (2020-01-03 15:39)

Posted by 北方ジャーナル at 00:00│Comments(0)お知らせ
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
本日発売!北方ジャーナル2021年10月号
    コメント(0)