さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 北方ジャーナル9月号の北海道フォトエッセイから 「空知の米どころを彩る薔薇色の園に酔う ローズガーデンちっぷべつ」

2021年08月17日

北方ジャーナル9月号の北海道フォトエッセイから 「空知の米どころを彩る薔薇色の園に酔う ローズガーデンちっぷべつ」

北方ジャーナル9月号の北海道フォトエッセイから 「空知の米どころを彩る薔薇色の園に酔う ローズガーデンちっぷべつ」
ローズガーデンちっぷべつ:撮影日7月9日(©️白井暢明)

  酷暑をようやく越えた感がある最近の道内だが、今月号の「北海道フォトエッセイ」では筆者の白井氏が7月上旬、石狩平野の北端に拡がる稲作のまち、秩父別町にある「ローズガーデンちっぷべつ」を訪れた際のショットを寄せてくれた。ファインダーが捉えたのは、およそ3千株が咲き誇る薔薇の園だ。この時の感動を白井氏は次のように伝えている。(く)

 深川から留萌方面に向かって国道233号線を10分ほど走ると、秩父別に入る。ここは、明治26年に屯田兵が入植し、昭和34年に秩父別町になった。石狩平野の北端に拡がる稲作の町だ。

 国道から東側に折れるとローズガーデンちっぷべつに着く。ここでは面積約3千平方メートルに、約3百種類、およそ3千株のバラが咲き誇っている。赤、ピンク、白、黄色と色も多彩で実に華やかだ。

 園の中央は流水路になっており、その横を昇って「カロスの丘展望台」に立つと、園の西側に拡がる水田、そして遠くに雪を頂いた秀峰、暑寒別岳も見える。また園近くには、ちょっとお洒落なハウス「バラの城ふろーら」が建っている。

 薔薇と言えば、花言葉の通り「愛と美」の象徴だ。エジプト女王クレオパトラにも愛され、古代ギリシア・ローマでは、薔薇は愛の女神アフロディテ(ヴィーナス)と結びつけられた。

 そういえば、昔私がイタリア、フィレンツェのウフィッツイ美術館で観て感動したルネッサンス絵画の傑作、ボッティチェッリの「ヴィーナスの誕生」にも薔薇が描かれている。フィレンツェといえば、旭川そしてこの秩父別と全く同じ緯度の町である。

 ただ、薔薇にはトゲがある。そのあまりの美しさや芳香が「人々を惑わすもの」として中世キリスト教会ではタブーとされた時期もあった。しかし、たとえ惑わされるとしても、薔薇が持つイメージ「華やかさ」に勝てる者はいない。誰もが求める最高の生き方こそまさに「バラ色の人生」なのだから。


北方ジャーナル9月号の北海道フォトエッセイから 「空知の米どころを彩る薔薇色の園に酔う ローズガーデンちっぷべつ」
ローズガーデンちっぷべつ:撮影日7月9日(©️白井暢明)


同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
北方ジャーナル10月号の北海道フォトエッセイから 「オホーツク海に面した ロマンチック空間 雄武町の日の出岬」
北方ジャーナル10月号の誌面から 風雲急を告げる自民総裁選と衆院総選挙
9月15日発売の本誌、北方ジャーナル10月号がスタンバイ
8月14日発売の本誌、北方ジャーナル9月号がスタンバイ
北方ジャーナル8月号の北海道フォトエッセイから 「宇宙の夢とロマン溢れるしょさんべつ天文台」
7月15日発売の本誌、北方ジャーナル8月号がスタンバイ
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 北方ジャーナル10月号の北海道フォトエッセイから 「オホーツク海に面した ロマンチック空間 雄武町の日の出岬」 (2021-09-17 12:55)
 北方ジャーナル10月号の誌面から 風雲急を告げる自民総裁選と衆院総選挙 (2021-09-16 12:41)
 9月15日発売の本誌、北方ジャーナル10月号がスタンバイ (2021-09-13 16:25)
 8月14日発売の本誌、北方ジャーナル9月号がスタンバイ (2021-08-12 11:17)
 北方ジャーナル8月号の北海道フォトエッセイから 「宇宙の夢とロマン溢れるしょさんべつ天文台」 (2021-07-17 00:00)
 7月15日発売の本誌、北方ジャーナル8月号がスタンバイ (2021-07-13 13:58)

Posted by 北方ジャーナル at 13:38│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
北方ジャーナル9月号の北海道フォトエッセイから 「空知の米どころを彩る薔薇色の園に酔う ローズガーデンちっぷべつ」
    コメント(0)