さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › 8月14日発売の本誌、北方ジャーナル9月号がスタンバイ

2021年08月12日

8月14日発売の本誌、北方ジャーナル9月号がスタンバイ

8月14日発売の本誌、北方ジャーナル9月号がスタンバイ
今朝、事務所に届いた北方ジャーナル2021年9月号

 8月14日発売予定の本誌、北方ジャーナル9月号が刷り上がり12日朝、事務所に到着。発売に先駆けて定期購読者や関係者に発送を終えた。今月も他誌では読めないコンテンツを是非、実物で確認してもらいたい。ちなみに今回の巻頭言では、最近におけるデルタ株によるCOVID-19の感染再拡大を受けて、私は次のように書いた。(く)

8月14日発売の本誌、北方ジャーナル9月号がスタンバイ
今月号の巻頭漫画もデルタ株が主役

攻めの姿勢を

 感染抑止に取り組んできたこれまでの努力を嘲笑うかのようにCOVID-19の変異株が世界でコロナ禍の再拡大を招いている。周知のように我が国も東京五輪の最中に過去のピークをあっという間に超えた。

 こうなると決まって叫ばれるのが、「さらなる人流の制限を」という掛け声だ。感染症は密になればなるほどリスクが高まるのが道理。もっともな指摘とはいえ「それしか言うことはないのか」という思いがもたげる。すでに我々が学んだように、人流の制限を突き詰めていけば、それは経済の死につながるからだ。

 ここまでウイルスと闘ってきて、経済活動と感染抑止を両立させる「攻め」の姿勢を欠いていると感じるのは私だけだろうか。

 今月号では接触感染対策に取り組んでいる企業を取材し、かねてから空間除菌の重要性についても触れてきた本誌だが、行政からのアナウンスには、こういった面でのアプローチがほとんど感じられない。

 コロナ禍が本格的に始まって1年半。世界はワクチンをようやく手に入れたが、有効な治療薬はまだ行き渡っていない。

 この病を「ただの風邪」にするためには攻めの姿勢が不可欠だ。



同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
北方ジャーナル10月号の北海道フォトエッセイから 「オホーツク海に面した ロマンチック空間 雄武町の日の出岬」
北方ジャーナル10月号の誌面から 風雲急を告げる自民総裁選と衆院総選挙
9月15日発売の本誌、北方ジャーナル10月号がスタンバイ
北方ジャーナル9月号の北海道フォトエッセイから 「空知の米どころを彩る薔薇色の園に酔う ローズガーデンちっぷべつ」
北方ジャーナル8月号の北海道フォトエッセイから 「宇宙の夢とロマン溢れるしょさんべつ天文台」
7月15日発売の本誌、北方ジャーナル8月号がスタンバイ
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 北方ジャーナル10月号の北海道フォトエッセイから 「オホーツク海に面した ロマンチック空間 雄武町の日の出岬」 (2021-09-17 12:55)
 北方ジャーナル10月号の誌面から 風雲急を告げる自民総裁選と衆院総選挙 (2021-09-16 12:41)
 9月15日発売の本誌、北方ジャーナル10月号がスタンバイ (2021-09-13 16:25)
 北方ジャーナル9月号の北海道フォトエッセイから 「空知の米どころを彩る薔薇色の園に酔う ローズガーデンちっぷべつ」 (2021-08-17 13:38)
 北方ジャーナル8月号の北海道フォトエッセイから 「宇宙の夢とロマン溢れるしょさんべつ天文台」 (2021-07-17 00:00)
 7月15日発売の本誌、北方ジャーナル8月号がスタンバイ (2021-07-13 13:58)

Posted by 北方ジャーナル at 11:17│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
8月14日発売の本誌、北方ジャーナル9月号がスタンバイ
    コメント(0)