さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 編集長日記 › ラーメン百景 旭川市「一味軒」。地元で長く愛され続ける「みそラーメン」 

2021年07月10日

ラーメン百景 旭川市「一味軒」。地元で長く愛され続ける「みそラーメン」 

ラーメン百景 旭川市「一味軒」。地元で長く愛され続ける「みそラーメン」 
まずは注文した定番の「みそラーメン」(税込750円)


 取材で訪れた旭川で、「是非一度」と勧められたのがロータリー交差点付近のラーメン屋さん「一味軒」だ。旭川ラーメンはとりあえず「魚出汁に醤油」というイメージがあるが、この店のオススメは味噌味だという。

 昼時に足を向けると暖簾でも盛んに「みそ」と謳っている。ここはストレートに看板メニューを注文するしかない。

 賞味するとこれが大正解。縮れ麺に絡むスープはどこか懐かしく奥深い味わいで、炒めた挽肉とモヤシとの相性もいい。納得しながら食べていると、常連さんらしき左右の客が「親父さん、醤油で」「私は塩」と、変化球を盛んにオーダーしている。これには思わず笑ってしまった。つまりはどの味も旨いということなのだろう。

 ご夫婦で長く営業してきたことがうかがわれる店内。チェーン店もいいが、地元で長く愛されている個人店が特に私のお気に入りだ。この一味軒も、また。(く)


同じカテゴリー(編集長日記)の記事画像
北方ジャーナル10月号の北海道フォトエッセイから 「オホーツク海に面した ロマンチック空間 雄武町の日の出岬」
北方ジャーナル10月号の誌面から 風雲急を告げる自民総裁選と衆院総選挙
9月15日発売の本誌、北方ジャーナル10月号がスタンバイ
北方ジャーナル9月号の北海道フォトエッセイから 「空知の米どころを彩る薔薇色の園に酔う ローズガーデンちっぷべつ」
8月14日発売の本誌、北方ジャーナル9月号がスタンバイ
北方ジャーナル8月号の北海道フォトエッセイから 「宇宙の夢とロマン溢れるしょさんべつ天文台」
同じカテゴリー(編集長日記)の記事
 北方ジャーナル10月号の北海道フォトエッセイから 「オホーツク海に面した ロマンチック空間 雄武町の日の出岬」 (2021-09-17 12:55)
 北方ジャーナル10月号の誌面から 風雲急を告げる自民総裁選と衆院総選挙 (2021-09-16 12:41)
 9月15日発売の本誌、北方ジャーナル10月号がスタンバイ (2021-09-13 16:25)
 北方ジャーナル9月号の北海道フォトエッセイから 「空知の米どころを彩る薔薇色の園に酔う ローズガーデンちっぷべつ」 (2021-08-17 13:38)
 8月14日発売の本誌、北方ジャーナル9月号がスタンバイ (2021-08-12 11:17)
 北方ジャーナル8月号の北海道フォトエッセイから 「宇宙の夢とロマン溢れるしょさんべつ天文台」 (2021-07-17 00:00)

Posted by 北方ジャーナル at 00:45│Comments(0)編集長日記
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
ラーメン百景 旭川市「一味軒」。地元で長く愛され続ける「みそラーメン」 
    コメント(0)