さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 美と知を競う“環境の女神” 「ミス・アース・ジャパン北海道大会」 コロナ禍を乗り越え6月27日、開催へ

2021年06月09日

美と知を競う“環境の女神” 「ミス・アース・ジャパン北海道大会」 コロナ禍を乗り越え6月27日、開催へ

美と知を競う“環境の女神”  「ミス・アース・ジャパン北海道大会」  コロナ禍を乗り越え6月27日、開催へ
大通公園で清掃活動に取り組んだファイナリストたち(札幌市中央区、4月21日)
※写真はいずれも北海道大会事務局提供

 2021年「ミス・アース・ジャパン北海道大会」のファイナリスト17人。美と知を兼ね備えた若き女性たちが、北海道代表の座を目指して日々トレーニングを重ねている。トレーニング会場には、高みを目指す女性たちの期待と不安の息遣いが充ちている。

美と知を競う“環境の女神”  「ミス・アース・ジャパン北海道大会」  コロナ禍を乗り越え6月27日、開催へ
札幌ベルエポック美容専門学校がトレーニング会場を提供し、ファイナリストや関係者が一堂に会したオリエンテーション(4月18日、前列中央が小原事務局長)

 2001年から始まった「ミス・アース」は、世界4大ミスコンテストのひとつ。この中で「ミス・アース」は美と知に加え地球環境保護の活動に率先して取り組む若き女性リーダーを選ぶ異色の大会。約90カ国が参加する世界大会で、これまでの日本代表の最高は20位。

 日本では17年から地方大会を実施するようになり、ここを勝ち抜いた女性が日本大会、世界大会へ歩を進める。北海道大会も17年からスタートし、試行錯誤を重ねて昨年から「北海道スタイル」と呼ばれる運営方式が採用された。

 北海道大会事務局長でフリーアナウンサーの小原瑞穂さんは、「専門学校や美容業界、関連業界など地元関係者が一体となって出場者の自己負担をゼロにしました。ファイナリストに選ばれた女性たちは50時間にも及ぶビューティトレーニングを受講して自らを高めていきますが、それらもすべて無料です」と話す。

 6月27日に「ニューオータニイン札幌」で開催される北海道大会の詳細は6月14日発売の7月号でご確認を。(く)


同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
海外で人気の「ハードセルツァー」日本版。「サッポロ WATER SOUR」好評
ホクレンが主催大会の中止を受け、子供アスリート応援の記念品贈呈
五輪競技を盛り上げようと猛暑の札幌に咲いた雪氷桜
石屋製菓と「三角山放送局」の らむれすが業務提携契約を締結
ホテルオークラ札幌、閉館までの20日間は南十勝の食でおもてなし
サッポロビールとイオン北海道が、道の「エールを北の医療へ」に84万円強を寄付
 海外で人気の「ハードセルツァー」日本版。「サッポロ WATER SOUR」好評 (2021-09-07 10:21)
 ホクレンが主催大会の中止を受け、子供アスリート応援の記念品贈呈 (2021-08-11 12:02)
 五輪競技を盛り上げようと猛暑の札幌に咲いた雪氷桜 (2021-08-05 08:27)
 石屋製菓と「三角山放送局」の らむれすが業務提携契約を締結 (2021-08-04 08:06)
 ホテルオークラ札幌、閉館までの20日間は南十勝の食でおもてなし (2021-08-02 15:44)
 サッポロビールとイオン北海道が、道の「エールを北の医療へ」に84万円強を寄付 (2021-07-26 17:08)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
美と知を競う“環境の女神” 「ミス・アース・ジャパン北海道大会」 コロナ禍を乗り越え6月27日、開催へ
    コメント(0)