さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 網走ビール「ゴールデンエール」がジャパン・グレートビア・アワーズで初の金賞

2021年05月24日

網走ビール「ゴールデンエール」がジャパン・グレートビア・アワーズで初の金賞

網走ビール「ゴールデンエール」がジャパン・グレートビア・アワーズで初の金賞
右の商品が「アバシリゴールデンエール」

カラオケボックス道内最大手として著名なタカハシグループ(本社、網走市)のクラフトビールメーカーで、さまざまな地域食材を活用した数々の地ビールはオホーツクを代表する特産品にもなっている網走ビール(本社、同)。
同社が手掛ける「アバシリゴールデンエール(ABASHIRI Golden Ale)」が、日本地ビール協会が主催するジャパン・グレートビア・アワーズ2021(2月27日~28日審査)で金賞を受賞した。総出品数は111社から427銘柄。同品は「ゴールデンまたはブロンドエール」の選考部門から選ばれた。
今回の同品評会で金賞を受賞した北海道のメーカーは同社のみ。また過去に遡って、同社がこの品評会で金賞を獲得したのは今回が初となる。

受賞ビールの「アバシリゴールデンエール」についてだが、同社は定番主力商品であるオホーツクブルーの「流氷ドラフト」に代表されるように、色鮮やかな液色が特徴的なクラフトビールをいくつも手掛けており、それが同社の真骨頂にもなっている。しかし「アバシリゴールデンエール」は、一般的なビールと同様に液色は黄金色。だが製法は「ステップインフュージョン」という、イギリスやアメリカなどクラフトビールの本場で用いられている方式を採用し、原料の要である麦芽にはすっきりとした口当たりの中にほのかな甘みや麦芽本来の旨味が感じられるよう、地元網走産の大麦麦芽やドイツ産麦芽など数種類の麦芽を使用している。
発売は2018年4月からで、その年の7月から9月までの3カ月間はANA国内線全線で機内販売された。
 
なお同社は昨年下旬に行なわれた、世界で3番目に古い歴史を持つという著名なビール審査会のインターナショナル・ビアカップ2020(10月31日~11月1日審査)でも、純白色に優れた高品質の網走産秋播小麦「きたほなみ」を原料に使用している「アバシリホワイトエール(ABASHIRI White Ale)」が、ベルギーホワイトビール部門の銀賞を受賞している。
 
著名な品評会において看板商品が相次ぎ高評価を得たことは、コロナ禍という苦境下ではあるが、同社にとって大きな励みになっているに違いない。

網走ビール「ゴールデンエール」がジャパン・グレートビア・アワーズで初の金賞
同社の拠点施設で網走の人気焼肉店としても知られる網走ビール館



同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
海外で人気の「ハードセルツァー」日本版。「サッポロ WATER SOUR」好評
ホクレンが主催大会の中止を受け、子供アスリート応援の記念品贈呈
五輪競技を盛り上げようと猛暑の札幌に咲いた雪氷桜
石屋製菓と「三角山放送局」の らむれすが業務提携契約を締結
ホテルオークラ札幌、閉館までの20日間は南十勝の食でおもてなし
サッポロビールとイオン北海道が、道の「エールを北の医療へ」に84万円強を寄付
 海外で人気の「ハードセルツァー」日本版。「サッポロ WATER SOUR」好評 (2021-09-07 10:21)
 ホクレンが主催大会の中止を受け、子供アスリート応援の記念品贈呈 (2021-08-11 12:02)
 五輪競技を盛り上げようと猛暑の札幌に咲いた雪氷桜 (2021-08-05 08:27)
 石屋製菓と「三角山放送局」の らむれすが業務提携契約を締結 (2021-08-04 08:06)
 ホテルオークラ札幌、閉館までの20日間は南十勝の食でおもてなし (2021-08-02 15:44)
 サッポロビールとイオン北海道が、道の「エールを北の医療へ」に84万円強を寄付 (2021-07-26 17:08)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
網走ビール「ゴールデンエール」がジャパン・グレートビア・アワーズで初の金賞
    コメント(0)