さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 政治経済 › 北洋銀行が2021年度入行式。今年は45拠点に分かれてオンラインで開催

2021年04月02日

北洋銀行が2021年度入行式。今年は45拠点に分かれてオンラインで開催

北洋銀行が2021年度入行式。今年は45拠点に分かれてオンラインで開催
オンライン出席した新入行員に向けて歓迎の言葉を述べる北洋銀行・安田光春頭取

 北洋銀行(本店・札幌市中央区)は4月1日、札幌市中央区の北洋大通センター4階セミナーホールで2021年度入行式を実施した。会場には安田光春頭取と栗尾史郎執行役員人事部長が出席、新入行員は配属先からオンラインで参加した。

北洋銀行が2021年度入行式。今年は45拠点に分かれてオンラインで開催
「お客様に寄り添う行員に」と安田頭取

 今年度の新入行員は62人(大卒49人、短大卒10人、高卒3人)。新型コロナウイルスの感染リスクを回避するため配属先の45拠点からオンライン出席した。最初に62人が1人ずつ登場するオープニングムービーが映され、その後、配属拠点からそれぞれが決意表明。「親しみやすい銀行員を目指す」「信頼される行員になるように頑張ります」などと抱負を述べた。

 続いて安田光春頭取が、「当行では『深度あるコンサルティングの実現』に向けた高度人財の育成に取り組んでおり、本年度より初めて実施した業務別コース採用もその一環。皆さんには、お客さまにより近い存在として、より深くお客さまのことを理解し、お客さまに寄り添ったコンサルティング営業を行うことを期待している」と歓迎の言葉を述べた。

 新入行員代表として向田里佳氏が、「さまざまな困難にチャレンジすることで、北海道と北洋銀行の明るい未来へ向かって進んでいきたい」と入行の言葉を述べた。(こ)


同じカテゴリー(政治経済)の記事画像
北海道経営未来塾の講師に安倍前首相が登場  「コロナ禍克服に向け政府・日銀が一体となりデフレ懸念払拭の政策を」
北海道SDGs推進プラットフォームが「マイボトルエコアクション」始動
杉村太蔵が生まれ故郷の旭川「買物公園」再生に始動。食と文化の発信拠点「ここはれて」来夏開業へ
北海道経営未来塾が第6期入塾式を開催 森本千晶塾頭「失敗恐れず挑戦続ける」
「恵佑会札幌病院」「仁楡会病院」「札幌南徳洲会病院」 今夏、札幌は病院の新築移転ラッシュ
北海道経営未来塾第6期始動へ 塾頭に日成工機の森本千晶代表取締役を選出。初の女性塾頭が誕生
同じカテゴリー(政治経済)の記事
 北海道経営未来塾の講師に安倍前首相が登場 「コロナ禍克服に向け政府・日銀が一体となりデフレ懸念払拭の政策を」 (2021-07-21 14:37)
 北海道SDGs推進プラットフォームが「マイボトルエコアクション」始動 (2021-07-07 14:56)
 杉村太蔵が生まれ故郷の旭川「買物公園」再生に始動。食と文化の発信拠点「ここはれて」来夏開業へ (2021-06-27 00:01)
 北海道経営未来塾が第6期入塾式を開催 森本千晶塾頭「失敗恐れず挑戦続ける」 (2021-06-24 11:16)
 「恵佑会札幌病院」「仁楡会病院」「札幌南徳洲会病院」 今夏、札幌は病院の新築移転ラッシュ (2021-06-11 00:01)
 北海道経営未来塾第6期始動へ 塾頭に日成工機の森本千晶代表取締役を選出。初の女性塾頭が誕生 (2021-05-10 12:04)

Posted by 北方ジャーナル at 09:59│Comments(0)政治経済
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
北洋銀行が2021年度入行式。今年は45拠点に分かれてオンラインで開催
    コメント(0)