さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › ニュース › 北海道と北洋銀行がSDGs推進で連携協力、覚書調印式を開催

2021年03月30日

北海道と北洋銀行がSDGs推進で連携協力、覚書調印式を開催

北海道と北洋銀行がSDGs推進で連携協力、覚書調印式を開催
北洋銀行と道のSDGs推進に関する覚書調印式。左から鈴木直道知事、安田光春頭取(3月29日午前、道庁3階知事応接室)

 北洋銀行(本店・札幌市中央区)と北海道は3月29日、SDGs(持続可能な開発目標)推進における連携及び協力に関する覚書を締結した。両者が協力して道内の市町村や企業・団体に向けてSDGsの取り組みを推進、サポートしていくもの。道がSDGsに関して民間企業とこうした覚書を結ぶのは今回が初めて。

 この日、道庁3階の知事応接室で道の鈴木直道知事と北洋銀の安田光春頭取が覚書に調印した。鈴木知事は「多様な連携の場として2018年に立ち上げた『北海道SDGs推進ネットワーク』の登録者は800を超える状況で、SDGs推進の芽は着実に道内で広がっている。この度の覚書締結を契機として、全道各地のSDGs推進に向けた具体的取り組みを一層進めていきたい」と話した。

 また、安田頭取は「当行は北海道全域のお客さまと取引をいただいていることに加え、道内各地域に店舗ネットワークがある。道との連携により、今までのSDGsの取り組みを北洋銀行単独の活動から北海道全体に普及拡大へと進化させ、SDGs活性化のお役に立ちたい」と述べた。

 2030年に向け、17の項目について持続可能な開発目標として国連が定めたSDGsが普及するネックになっているのは、「何をどう進めたら良いかがわからない自治体が多いところ」(道総合政策部計画推進担当局長加納孝之氏)。今回の覚書調印を機に、「道と協力して自治体や企業、団体に向けて具体的にオーダーメイドで課題に向き合っていきたい」(北洋銀執行役員ソリューション部長米田和志氏)としている。(こ)


同じカテゴリー(ニュース)の記事画像
道とキャリアバンクが帰国困難な外国人の就労を支援 技能実習生の就労先確保で連携協定を締結
老舗の丸駒温泉が8億負債で民事再生を申請、創業家が存続のために経営権を返上
北海道経営未来塾の講師に安倍前首相が登場  「コロナ禍克服に向け政府・日銀が一体となりデフレ懸念払拭の政策を」
ポストコロナを見据え、“至高の癒しとくつろぎ”を提供する「グランドブリッセンホテル定山渓」がオープン
深川市が6月議会で市立病院診療放射線科の贈収賄疑惑を「まだ調査中」と答弁。中間報告すらしない姿勢に市議らは反発
旭川医大・吉田学長の代理人が配布した「学長選考会議における解任請求審議についてのコメント」を全文公開
同じカテゴリー(ニュース)の記事
 道とキャリアバンクが帰国困難な外国人の就労を支援 技能実習生の就労先確保で連携協定を締結 (2021-09-04 23:31)
 老舗の丸駒温泉が8億負債で民事再生を申請、創業家が存続のために経営権を返上 (2021-09-02 10:18)
 北海道経営未来塾の講師に安倍前首相が登場 「コロナ禍克服に向け政府・日銀が一体となりデフレ懸念払拭の政策を」 (2021-07-21 14:37)
 ポストコロナを見据え、“至高の癒しとくつろぎ”を提供する「グランドブリッセンホテル定山渓」がオープン (2021-07-04 19:42)
 深川市が6月議会で市立病院診療放射線科の贈収賄疑惑を「まだ調査中」と答弁。中間報告すらしない姿勢に市議らは反発 (2021-06-25 00:07)
 旭川医大・吉田学長の代理人が配布した「学長選考会議における解任請求審議についてのコメント」を全文公開 (2021-06-19 00:05)

Posted by 北方ジャーナル at 09:40│Comments(0)ニュース
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
北海道と北洋銀行がSDGs推進で連携協力、覚書調印式を開催
    コメント(0)