さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 北海道経営未来塾が第5期修了式を開催 川口谷仁塾頭が決意表明「地元の元気回復に貢献する」

2021年03月22日

北海道経営未来塾が第5期修了式を開催 川口谷仁塾頭が決意表明「地元の元気回復に貢献する」

北海道経営未来塾が第5期修了式を開催 川口谷仁塾頭が決意表明「地元の元気回復に貢献する」
北海道経営未来塾第5期修了式で笑顔の塾生と長内塾長(右)(3月20午後、札幌市中央区の札幌パークホテル)

 産官で北海道の若手経営者を育成する「北海道経営未来塾」の第5期生の修了式が20日午後、札幌市内のホテルで行なわれた。会場には5期生37人のうち35人が出席、塾長の長内順一氏(未来経営研究所社長)が塾生代表2人に修了証書と記念品をそれぞれ授与した。

北海道経営未来塾が第5期修了式を開催 川口谷仁塾頭が決意表明「地元の元気回復に貢献する」
塾生代表として謝辞を述べる川口谷塾頭

 5期の今年度は、コロナ禍によって東京の若手経営者との交流や国会・官邸訪問などの修学旅行が中止になるなど制約を受けた中での活動となった。修了式の冒頭で長内塾長は、「コロナで炙り出されたのは物事の本質と課題ではないか。社会や地域、企業、個人の本質と課題、こういうものが白日の下にさらけ出された1年だった。この1年に感じたことをそのままにせずチャレンジして変化して、進化させていく課題にしてもらいたい」と挨拶した上で、「次の時代は既に動き始めている。新しい時代をつくるのはここに集った男女青年経営者の情熱と行動力だ。是非新しい時代をつくっていただきたい」と激励した。

 続いて来賓の秋元克広札幌市長が登壇。秋元氏は「コロナ禍で失ったものを数えても仕方がない。この状況の中で自分たちは何ができるかを考えて先に進んでいく必要がある。コロナ禍という厳しい状況の中で繋がった縁を大切にして、今の課題を解決していくために何ができるか、改めて見つめてほしい」と祝辞を述べた。

 塾生37人を代表して川口谷仁塾頭(カーム角山代表取締役兼CEO)が、「コロナ禍でチャレンジすることによってチェンジできることを実体験した。自分の考えと行動を見つめ直し、行動し続けることが大切だ。北海道の元気回復のために貢献することを約束する」と謝辞を述べた。その後、恒例の塾生5分間スピーチを実施して修了式を終えた。(こ)




同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
海外で人気の「ハードセルツァー」日本版。「サッポロ WATER SOUR」好評
ホクレンが主催大会の中止を受け、子供アスリート応援の記念品贈呈
五輪競技を盛り上げようと猛暑の札幌に咲いた雪氷桜
石屋製菓と「三角山放送局」の らむれすが業務提携契約を締結
ホテルオークラ札幌、閉館までの20日間は南十勝の食でおもてなし
サッポロビールとイオン北海道が、道の「エールを北の医療へ」に84万円強を寄付
 海外で人気の「ハードセルツァー」日本版。「サッポロ WATER SOUR」好評 (2021-09-07 10:21)
 ホクレンが主催大会の中止を受け、子供アスリート応援の記念品贈呈 (2021-08-11 12:02)
 五輪競技を盛り上げようと猛暑の札幌に咲いた雪氷桜 (2021-08-05 08:27)
 石屋製菓と「三角山放送局」の らむれすが業務提携契約を締結 (2021-08-04 08:06)
 ホテルオークラ札幌、閉館までの20日間は南十勝の食でおもてなし (2021-08-02 15:44)
 サッポロビールとイオン北海道が、道の「エールを北の医療へ」に84万円強を寄付 (2021-07-26 17:08)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
北海道経営未来塾が第5期修了式を開催 川口谷仁塾頭が決意表明「地元の元気回復に貢献する」
    コメント(0)