さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › バックナンバー › 北方ジャーナル2020年10月号

2020年09月15日

北方ジャーナル2020年10月号

北方ジャーナル2020年10月号



9月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【報道】北海道大学の闇──敷地内薬局公募の怪

メディシスの「なの花」は
こうして北大に選ばれた

前代未聞のプロポーザルに噴き出す疑義


北方ジャーナル2020年10月号
総長解任問題に揺れた国立大学法人北海道大学(寶金清博総長・以下北大)に新たな疑惑が持ち上がった。このほど北大は敷地内薬局誘致に伴う公募型プロポーザルで運営事業候補者を選定したが、この結果が出来レースだった可能性が浮上。経済的なメリットに偏重したプロポーザルのあり方にも疑問の声が相次いでいる。公立大学たる北大は守るべき“公共の利益”を忘れてしまったのか──。 (本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】北大・名和豊春前総長が解任の“真相”を激白

「私は、結託した文科省と
北大の理事に追放された」

仕組まれた排除のシナリオとは


北方ジャーナル2020年10月号
日常的なハラスメントなどを理由に萩生田光一文科相から北大総長を解任された名和豊春氏(66)が8月22日、公の場で初めて口を開いた。札幌での集会に姿を見せた名和氏は、約100人の参加者を前に「私が解任された本当の理由」と題して40分にわたり、時折声を詰まらせながら自身の潔白と事件の背景を訴えた。「北大総長解任の真相を究明する市民の会」が主催したこの集会。まずは、ここでの同氏の主張に耳を傾けてみたい。名和前総長の解任は、文科省と北大の一部理事が結託した追放劇だったのか──。(佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------

【報道】北大・名和豊春総長解任事件を紐解く

調査報告書に捏造の疑い
崩れる解任根拠の信用性

集会で明かされた驚きの新事実


北方ジャーナル2020年10月号
8月22日、「北大総長解任の真相を究明する市民の会」が主催した集会に登場し、自身の潔白と事件の真相を訴えた名和豊春前総長(66)。この日は本人の講演のほか、主催団体のジャーナリスト、山田寿彦氏と名和氏の対談形式による一連の事実検証も行なわれた。総長解任を決定づけた北大の調査委員会の「調査報告書」。そこに記された名和氏の数多のパワハラ事案、非違事項は果たして本当にあったことなのか。この日、名和氏と山田氏のやりとりでは驚くべき事情が明かされた。北大の事実認定と名和氏の釈明の隔たりはあまりに大きい。この日の対談の主な内容を採録し、読者の判断に委ねたい。(佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------

【報道】狩人、銃を奪われる④

「早く山へ帰って」
ヒグマ出没止まらぬ砂川
銃所持裁判は現地調査へ


北方ジャーナル2020年10月号
8月下旬から9月初めにかけ、砂川市の住宅地でヒグマの目撃情報が相継いだ。市内での報告数はすでに昨年度1年間のそれを上回り、おもな出没地点に市職員らが毎日“出勤”している状況。一方、地元猟友会役員の銃所持許可をめぐる裁判では非公開の弁論準備手続きが進み、裁判所が現地調査にあたる可能性が浮上してきた。“撃てない町”の騒がしい夏は、まだ終わりそうにない。(小笠原 淳)


----------------------------------------------------------------------

【報道】“核のごみ・調査応募”に揺れる寿都町の片岡春雄町長を直撃

「周囲の反対は覚悟の上
 最終判断は若い世代に」
原発の出口論議に投じた一石に大きな波紋


北方ジャーナル2020年10月号
後志管内寿都町の片岡春雄町長(71)が原発の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場をめぐり、国の文献調査への応募を検討している問題が波紋を広げている。背景にあるのは町財政への危機感と新型コロナによる水産業の疲弊だが、道をはじめ周辺自治体、漁協関係者らは猛反発。この中で片岡町長は8月25日、本誌の取材に応じ、文献調査の2年間で最大20億円が交付されることなどを挙げ、「全国の自治体が原発の出口問題に目を背けており、寿都町から一石を投じるのがひとつの目的」と強調。「精密調査までやるかどうかは、将来を担う若い世代が方針を出すこともあり得る」として調査の最終段階にも前向きな姿勢を示した。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【報道】首相批判封殺の波紋⑪

「安倍やめた」けれど
言論封殺、追及止まず
国賠訴訟で弁論続く


北方ジャーナル2020年10月号
8月下旬に突如伝えられた安倍晋三総理大臣の辞意。本号が店頭に並ぶころには与党総裁選挙が決着し、首班指名を経て新内閣が発足している筈だ。昨年7月に札幌で「やめろ」と野次を飛ばした人たちにとっては、1年あまりを経て所期の目的が叶ったことになる。だが本質的な問題は今も解決せず、その追及は為政者の首がすげ替わっただけでは終わりそうにない。求められる「表現の自由」は、いつ取り戻すことができるのか。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】留学生急増の背景に②

「これは見せしめだ」
解雇の教授が国際大を提訴
卒業生らは抗議の申し入れ

北方ジャーナル2020年10月号
札幌国際大学(札幌市清田区、蔵満保幸学長)の外国人留学生不適切受け入れ問題で、同問題にからんで懲戒解雇処分を受けた教授が8月下旬、運営法人に地位確認などを求める裁判を起こした。先立つ同月中旬には卒業生有志が大学に抗議を申し入れるなど、前年度から続く混乱はなお収まりそうにない。渦中の教授は解雇処分を「公益通報への報復」と指摘、改めて大学経営の健全化を訴えている。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈44〉

「開示」墨塗り減らず
巡査部長の酒気帯び、詳細不明
わいせつ警官は今月下旬初公判


北方ジャーナル2020年10月号
北海道警察の本年上半期の不祥事について、本稿記者が道警に追加請求していた公文書が一部開示された。このうち第2四半期(4―6月)に記録された12事案の中で事件捜査の対象になったものは3件あったことがわかったが、開示された文書は墨塗り処理の多い“海苔弁当”状態で、事案の詳細はほとんどあきらかにされないまま。前号で報告した酒気帯び運転が未だに報道発表されないなど、本年も “見えない不祥事”が減る兆しはなさそうだ。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【連載】緊急獄中報告・続

濃厚接触者「陰性」
「本当に良かった」

旭川刑務所 60歳代男性受刑者

職員のウイルス感染に緊張が走った刑務所ではその後、濃厚接触者にあたる受刑者全員の「陰性」があきらかになっていた。中断していた刑務作業は再開され、屋外での運動も認められることに。一方で慰問のコンサートが「リモート開催」となり、運動会の中止が決まるなど、感染症の余波はまだ収まっていないようだ。本誌前号で緊迫の獄中をレポートした現役受刑者が改めて筆を執り、施設内の近況を報告する。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【ニュース】

■釧路市長選は現職と新人の一騎打ち
 無風一転、元釧路市議が出馬を表明

 ──多選批判の46歳が挑む戦いの行方は

■道警本部が記者クラブを「消毒」
 乗務員感染のタクシーがらみで

 ──「濃厚接触」認められたキャップは陰性確認

■アパマン爆発で地裁が猶予判決
 44人重軽傷の責任、1人の肩に

 ──近隣住民は運営会社不問に憤り

■札幌市内でホームレス54人確認
 地元支援団体が独自に路上調査

 ──国の調査から漏れる「車中生活」含め、公称の倍に迫る実態

■寿都町の「核のごみ調査応募検討」で
 同じ後志管内の市民団体が緊急会議

 ──参加者からは先行きを不安視する声が続出

■札幌学院大が新ロゴマークを制定
 新札幌キャンパス開設に向け一新

 ──フィリップス・ジャパンとも連携し地域の医療福祉にも貢献

----------------------------------------------------------------------

【行政】任期の折り返しを迎えた迫 俊哉小樽市長に訊く

コロナ禍を乗り越えながら
近未来に向けたまちづくり

大きな教訓だった「昼カラ」のクラスター


北方ジャーナル2020年10月号
小樽市の迫俊哉市長(62)が1期目の折り返しを迎えた。就任以降、財政健全化などに取り組みながら市政の信頼回復に努めてきたが、今年に入ってから職員の不祥事や業務ミスが発覚。6月下旬には昼カラオケができる飲食店で、お盆明けには小樽市立病院で新型コロナの集団感染が確認されるなど、コロナ禍にも見舞われ「この半年は現状を維持していくのに精一杯だった」と振り返る。感染を予防しながら職員の士気を高め地域経済をどう回復させるか。手腕が問われる迫市長に訊いた。(8月18日取材・武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【企業】北海道エネルギーが初の社長交代。木村新社長に訊く

エネルギーのベストミックスを進め
「情」を大切にした会社を目指す

あらゆる災害にも対応する非常時体制も強化


北方ジャーナル2020年10月号
今年6月、道内石油製品販売最大手・北海道エネルギーの新社長に専務だった木村信広氏が就任。勝木紀昭会長との代表取締役2名体制となった。木村氏は旧勝木石油からの生え抜き。長らくSS(サービスステーション)を統括する部門の責任者を務めた、現場に精通した人物。胆振東部地震の発生により起こったブラックアウトの際には、医療機関や公共インフラ施設などの電源を死守する燃料供給などに尽力した。その木村社長が大切にするのは、顧客や社員との「笑顔」「感謝」の結び付きだという。(髙橋貴充)

----------------------------------------------------------------------

【観光】2020 函館観光

いま、“秋色の魅力”を再発見


----------------------------------------------------------------------

【医療】食べる歓び」を陰から支える歯科技工所 プライムデンタル

使命感をスタッフと共有し
口腔衛生分野にも積極進出


北方ジャーナル2020年10月号
健康を維持していく上で欠かせないのが歯だ。今回紹介するプライムデンタル(札幌市西区・北島正之社長)は「歯科技工で楽しく食べる歓びを」を経営理念に掲げ、患者一人ひとりに合わせた義歯(入れ歯)をつくり続けている歯科技工所。健康を陰から支える技術者集団と言っていい。少子化の影響などで歯科技工士のなり手不足が深刻化しているが、創業25周年を迎えた同社は高いチーム力をベースに口腔用保湿剤の販売など新規事業にも取り組んでいる。「お口のトータルサポートカンパニー」を目指す同社を訪ね、北島社長に今の時代における歯科技工士の役割や今後の方向性について訊いた。(8月17日取材)

----------------------------------------------------------------------

【企業】ゴールドパック恵庭工場とAWファーム千歳

プラ削減と農工連携を目指す
エア・ウォーターの飲料事業


北方ジャーナル2020年10月号
近年各方面で積極的に取り組まれているプラスチック削減。こうした中、産業ガス国内大手エア・ウォーター(本社大阪)のグループ会社で飲料製品の受託製造を主力とするゴールドパック(同東京)の恵庭工場が、従来よりプラスチック使用量がほぼ半減となるペットボトル容器での飲料生産を開始した。関連する設備投資におよそ50億円を投じ、プラスチック削減にとどまらず無菌充填設備の設置など先端技術をいくつも導入。これまでの生産体制を劇的に改善させるリニューアルとなっている。さらに同工場では近隣に所在するAWファーム千歳の栽培品目を利用して搾汁事業も積極的に展開。北海道産農産物の付加価値向上に寄与する農工連携にも力を入れている。進化するエア・ウォーターグループの飲料事業をレポートする。(8月20日取材)

----------------------------------------------------------------------

【企業】“夜の街”も注目する新たな光触媒内装工事

ススキノ感染症対策の切り札⁉
広がるイオニアミストプロ施工

コロナ禍に立ち向かう地元工務店

北方ジャーナル2020年10月号
新規感染者の確認が連日途絶えること無く、予断を許さない状況が続いている新型コロナウイルス感染症問題。現在は感染拡大防止と社会経済活動の両立を目指すという国の指針のもと、経済回復に向けた取り組みが推し進められているが、新型コロナへの恐怖心は人々の行動を著しく変容させ、いわゆる“夜の街関連”に該当する事業者の客離れによるダメージは深刻だ。こうした中、高い抗菌・抗ウイルス効果を発揮する「イオニアミストプロ」という内装リフォームが、ススキノの飲食店などで注目を集めている。手掛ける北亀工務店(札幌市手稲区、齊藤太基社長)に詳細を訊いた。(髙橋貴充)

----------------------------------------------------------------------

【企業】コロナ禍での舵取りを担う北海道エアポート蒲生 猛 社長に訊く

かつてない苦難を乗り越え
北海道の空を守り抜く覚悟

航空需要復活を見据え地域と一丸


北方ジャーナル2020年10月号
発足したばかりの北海道エアポート(HAP・本社千歳・蒲生猛社長)をコロナ禍が揺さぶっている。新千歳空港をはじめ道内7空港の一括運営を担う同社は、北海道をさらに飛躍させる原動力と期待されて華々しく船出。しかし、この春以降は国際便ゼロ、国内便も激減状態で、まさしく「ゼロではなくマイナスからのスタート」(蒲生社長)に直面している状況だ。いずれにせよコロナ禍の収束が見通せない状況でもHAPの重要性に変わりはなく、将来に向けた基盤づくりは手を抜けない。この危機を乗り越えるためトップは何を考え、どう行動しているのか。国や地域との調整などで多忙を極める蒲生社長に胸の内を訊いた。(8月17日収録)

----------------------------------------------------------------------

【企業】

安心安全に向け迅速に対応
新千歳空港の感染防止対策

さらに付加価値を高め選ばれる空港へ


北方ジャーナル2020年10月号
今年1月18日、北海道エアポート(HAP)による道内7空港一括民間運営の開始を記念する式典が華々しく行なわれた新千歳空港ターミナルビル。だが、新時代を拓く“北海道の空の大変革”の始まりに予期せぬ冷や水を浴びせたのが新型コロナウイルス感染症のパンデミックだった。これにより訪日外国人客は蒸発。国内の空港利用者数も過去に例のないほど落ち込んだ。このような中、HAP傘下の空港ビル管理運営会社、新千歳空港ターミナルビルディング(阿部直志社長・以下新千歳空港TB)は感染防止対策にいち早く着手。かつてない苦境に見舞われながら、選ばれる空港に向け利用者に安心安全を提供する同社の取り組みをレポートする。(8月24日取材)

----------------------------------------------------------------------

【連載】〝農と食〟北の大地から

足寄発・放牧酪農とアニマルウェルフェア
──「ありがとう牧場」の吉川さんに聴く(前編)──
牛という動物の偉大さの理解と
生命に対する敬意が全ての基本


北方ジャーナル2020年10月号
のんびり草を食む牛たちと周りに広がる野山──都会の消費者がイメージする、こうした北海道酪農の姿は今や虚像に近い。酪農地帯で放牧された親牛を見つけることが難しくなったなかで自然体を崩さずに放牧酪農の王道を歩むのが十勝管内足寄町の芽登地区にある「ありがとう牧場」だ。代表の吉川友二さんは90年代の4年間、ニュージーランドで牧場実習を重ね、160頭の乳牛の飼育を任された経験もある。家畜と接するときの規範や心構えを意味する「ストックマンシップ」の重要性を学び、帰国後は自らの牧場で実践してきた。アニマルウェルフェア酪農への一番の近道は放牧に取り組むこと──その考え方や現状に対する意見を聞いた。(7月23日、同牧場で収録。ルポライター 滝川 康治)

----------------------------------------------------------------------

【連載】ルポ「ひきこもり」61──「ひきこもりながら生きる道」の現在

皆が同じ方向を向く必要はない
53歳男性が選んだ新たな生き方


北方ジャーナル2020年10月号
ウィズコロナ時代。新型コロナの感染拡大はひきこもり当事者の生き方にどのような影響を及ぼしたのだろう。当事者会などが休止され外出の機会を失った人もいれば、バイトを失い経済的苦境に陥った人もいるようだ。ふと、2年前、自分に忠実に生きるため「ひきこもりながら生きる道」を模索していた吉川修司さん(53)が今、どのように暮らしているのか気になった。ピアスタッフの活動に一区切りつけたとは聞いていたからだ。8月下旬、吉川さんの自宅を訪ねた。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】戦争遺産をめぐる旅 【63】

悲惨な沖縄戦を生々しく伝える
首里城地下の第32軍司令部壕跡

“歴史の証言者”の保存公開を


北方ジャーナル2020年10月号
2019年10月の火災で主要施設が焼けた沖縄県那覇市の首里城。先の大戦末期、その付近の地下で秘密裡に建設されたのが旧陸軍の第32軍司令部壕だ。その司令部壕が常時公開へ向けて動き出している。県はこれまで安全性を理由に消極的だったが、「戦争の歴史を知らせるべきだ」との声が専門家や市民の間で高まっているからだ。コロナ禍で沖縄県下に緊急事態宣言が出される直前の8月1日、首里城公園を訪れ司令部壕跡を取材した。その姿は悲惨な沖縄戦を生々しく伝えるものだった。(ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【フォトレポート・トピックス】

●ホクレン大収穫祭、催事は中止だがギフト継続で特別通信販売も実施
●ニトリレディスで笹生優花が優勝 賞金総額を倍増、ネット生配信にも挑戦
●秋の行楽は「有珠山ロープウェイ」を拠点に紅葉の名所「洞爺湖有珠山エリア」へ!
●カドウフーズ開発の賞味期限5年、厚沢部産メークイン保存食が好評
●ぼそっと池井多さんを講師に招きかでる2・7で当事者と「ひきこもりの老い」を考える

----------------------------------------------------------------------

【連載コラムなど】
*北海道フォトエッセイ
*根掛かり人生
*視点 公共交通をどうする?
*シネマ
*スポーツ筆刀両断
*あなたの知らない老境
*新設企業情報
*人物株価
*古本屋女房の“古本的日常"
*デンタルエッセイ
*夏井功の「夜を駈ける車イス」
*このプラモ、凄い!
*北海道妄想紀行
----------------------------------------------------------------------
【今月の表紙】鈴木翁二画
『故郷のいいなづけ』

同じカテゴリー(バックナンバー)の記事画像
北方ジャーナル2021年1月号
北方ジャーナル2020年12月号
北方ジャーナル2020年11月号
北方ジャーナル2020年9月号
北方ジャーナル2020年8月号
北方ジャーナル2020年7月号
同じカテゴリー(バックナンバー)の記事
 北方ジャーナル2021年1月号 (2020-12-14 00:00)
 北方ジャーナル2020年12月号 (2020-11-14 00:00)
 北方ジャーナル2020年11月号 (2020-10-15 00:00)
 北方ジャーナル2020年9月号 (2020-08-14 00:00)
 北方ジャーナル2020年8月号 (2020-07-15 00:00)
 北方ジャーナル2020年7月号 (2020-06-15 00:00)

Posted by 北方ジャーナル at 00:00│Comments(0)バックナンバー
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
北方ジャーナル2020年10月号
    コメント(0)