さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › 「北海道舞踏フェスティバル2020」 新型コロナの影響で札幌公演を7月中旬に延期

2020年05月31日

「北海道舞踏フェスティバル2020」 新型コロナの影響で札幌公演を7月中旬に延期

「北海道舞踏フェスティバル2020」 新型コロナの影響で札幌公演を7月中旬に延期
海外からも注目される田仲ハル氏の舞踏(北海道舞踏フェスティバル2020のHPより)

国内外の舞踏家が約2カ月間にわたり舞踏の魅力を発信する「北海道舞踏フェスティバル2020」(本誌5月号で紹介)が新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、大幅な日程変更を余儀なくされている。

同フェスは日本発祥の「舞踏」の文化的価値の見直しと普及を目的に2017年から年に1度開催。4年目となる今年は5月7日から7月12日までを会期とし、「フェスティバル」「オープンイベント」「滞在制作」「アジアとの連携」の4本を柱に札幌、小樽、岩見沢の3都市のほか台湾での提携公演も予定していた。同フェスを主催する北海道コンテンポラリーダンス普及委員会の森嶋拓・代表は「現段階で小劇場という閉鎖空間で公演を行なうことは難しいと判断した」としている。

5月7日から10日まで札幌市内で開催予定だった「舞踏展」は中止とし、6月末にオンライン形式で開催。また5月末に「扇谷記念スタジオ・シアターZOO」で開催を予定していた札幌公演は7月17日から19日に、6月5日から7日にかけての台湾での提携公演も11月に延期されることになった。

札幌公演は5月29日の前夜祭に続き30日、31日の2日間の公演で本道在住の舞踏家・田仲ハル氏をはじめ東京、アメリカ、イタリア、フランス、台湾のアーティストによるステージをプログラムしていた。同普及委は、感染拡大を受け劇場や全出演者、テクニカルスタッフなど関係者と協議を重ね「ギリギリまで悩んでの決断」として延期を決めたという。

6月21日の小樽公演(会場・市立小樽美術館)、7月12日の岩見沢公演(会場・そらち炭鉱の記憶マネジメントセンター)は現在のところ実施予定だが、内容の変更や状況によっては中止もあり得るという。

同普及委は「入国制限で来日の難しい海外の舞踏家については来年改めて招く」としており、今年のフェスについてはオンラインでの配信も検討している。(あ)

※問い合わせは北海道コンテンポラリーダンス普及委員会
(☎080・5591・0098)へ。





同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
「スズランキッチン」の樋口がコロナ対策製品で地域に恩返し
小樽の嶋影商店が4年ぶりにオリジナル純米吟醸酒「おたる島影」を販売 コロナ禍の中、火災を乗り越えた加賀の蔵元がエール
ホテルオークラ札幌の「桃花林」がテイクアウトサービスをスタート
コロナ換気対策にも寄与。ゼロエネルギーで常に空気を入れ替える、コスパも優秀な「グッドマン換気口」
ホテルオークラ札幌が食で魅力を伝える「オホーツクフェア」開催中
本道スポーツの聖地、札幌ドームを会場に「サッポロクラシック発売35周年記念缶」寄付金贈呈式
 「スズランキッチン」の樋口がコロナ対策製品で地域に恩返し (2021-01-13 09:00)
 小樽の嶋影商店が4年ぶりにオリジナル純米吟醸酒「おたる島影」を販売 コロナ禍の中、火災を乗り越えた加賀の蔵元がエール (2021-01-08 15:49)
 ホテルオークラ札幌の「桃花林」がテイクアウトサービスをスタート (2021-01-04 10:45)
 コロナ換気対策にも寄与。ゼロエネルギーで常に空気を入れ替える、コスパも優秀な「グッドマン換気口」 (2020-12-23 11:36)
 ホテルオークラ札幌が食で魅力を伝える「オホーツクフェア」開催中 (2020-11-03 10:26)
 本道スポーツの聖地、札幌ドームを会場に「サッポロクラシック発売35周年記念缶」寄付金贈呈式 (2020-10-20 17:49)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
「北海道舞踏フェスティバル2020」 新型コロナの影響で札幌公演を7月中旬に延期
    コメント(0)