さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › バックナンバー › 北方ジャーナル2020年6月号

2020年05月15日

北方ジャーナル2020年6月号

北方ジャーナル2020年6月号



5月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【特集 新型コロナショック】道内市町村に緊急アンケート

全力で“わがまち”を守る──
自治体、懸命のコロナ対策

いま試される地方行政の独自救済


北方ジャーナル2020年6月号
昨年11月に発生が確認されてからおよそ半年。新型コロナウイルスは社会生活の根幹たる人同士の関わり合いを、ことごとく破壊した。感染拡大防止のため、人が集まることを実質禁じられ、外出にも大きな制限を求められた社会で起こったさまざまな機能不全。また感染への恐れから生じた疑心暗鬼は、高齢者の介護すらままならない状態にまで追いやった。“破壊無き有事”とも言えるこの非日常の中、道内各自治体は皆、コロナ禍から“わがまち”を守ろうと日夜奮闘している。本誌は全道179自治体に対して新型コロナ対策に関するアンケート調査を実施。その実情を探った──。(髙橋貴充)

----------------------------------------------------------------------

【特集 新型コロナショック】札幌市医師会・松家治道会長に訊く

医療従事者を差別から守り
“うつさない”行動の徹底を

危険と隣り合わせで職務を全う

北方ジャーナル2020年6月号
4月中旬以降、札幌市の新型コロナ感染者の増加は危機的水準に達した。事態緊迫化を受け道と札幌市の両トップ(鈴木直道知事・秋元克広市長)は4月30日、異例の共同会見を実施。鈴木知事はゴールデンウィーク中について、“都市封鎖相当”という強い表現で外出自粛を呼び掛けた。こうした中、いま札幌の医療従事者は対策の最前線でさまざまな苦境に立たされている。札幌市医師会の松家治道会長に現場の実情や山積する課題を訊いた。(聞き手=本誌編集長・工藤年泰、4月27日取材)

----------------------------------------------------------------------

【特集 新型コロナショック】北大名誉教授・橋本信夫氏に訊く 

宇宙船地球号の共同体で
生物災害へ備える体制を
ウイルス性人獣共通感染症の怖さと対策

北方ジャーナル2020年6月号
戦後のポリオから近年の新型インフルエンザに至るまで多くの感染症と闘ってきた日本。だが、今回の新型コロナウイルスで過去の経験を活かせず対策が後手に回るのは何故なのか。この中で「危険度の高いウイルスによるパンデミックは100年、1000年単位で起こる。コロナ禍はこれにどう備えていくかの試練」と説くのが人獣共通感染症を専門としてきた橋本信夫・北大名誉教授だ。この橋本氏に感染症対策の歴史や未知の病原体にどう向き合うべきかを訊いた。(武智敦子・4月20日取材)

----------------------------------------------------------------------

【特集 新型コロナショック】現地報告/在留邦人が見たフランスのロックダウン 

全仏都市封鎖の中を生きる
軋む「ひとつのヨーロッパ」


北方ジャーナル2020年6月号
4月末段階で感染者約12万5千人、死者約2万3千人。イタリアやスペインなどと同様に新型コロナウイルスの感染爆発に見舞われ、厳しい外出禁止措置が取られているのがフランスだ。そのフランスから生々しい現地報告が届いた。在留邦人が見た「全仏都市封鎖」のリアル、そしてコロナ禍によって軋み始めた「ひとつのヨーロッパ」とは──。(文と写真・橘 知親)


----------------------------------------------------------------------

【特集 新型コロナショック】航空業界を襲う新型コロナ禍

世界の空から消えた飛行機
日の丸エアラインの行方は


北方ジャーナル2020年6月号
新型コロナウイルスは感染者のみならず、社会システムも劇症化と言っていいスピードで蝕んでいる。多くの企業が危機に直面している中でとりわけダメージが深刻なのが航空業界だ。いま我々は“世界の空から飛行機が消えた日”を目の当たりにしている。本誌連載「視点 公共交通をどうする?」でお馴染みの中添真さんによる緊急レポートをお届けする。

----------------------------------------------------------------------

【特集 新型コロナショック】阿部欣司氏に訊くコロナ後の北海道観光

変容する旅行、浮揚の鍵は
アドベンチャーツーリズム


北方ジャーナル2020年6月号
好調に推移してきた北海道観光が新型コロナウイルスによって立ち往生してしまった。旅行需要が蒸発し、大勢訪れていたインバウンドはその影もない。収束が見えない中、業界への救済策は不可欠だが、今後を見据えておくことも重要だ。北海道観光に精通する阿部欣司氏に、コロナ禍で変容する旅行のありかた、浮揚のための鍵を訊いた。

----------------------------------------------------------------------

【特集 新型コロナショック】札幌・生活困窮者激増前夜

困窮爆発 遠からじ
道都札幌・貧困拡大元年
襲い来る「自粛」の余波


北方ジャーナル2020年6月号
ウイルスが「人を選ばない」という点で公平ならば、感染拡大とともに訪れる事態もまた、人々に公平に降りかかると言えるだろうか。経済自粛の継続で予想されるのは、生活が立ち行かなくなる人たちの増加。とくに大きく影響を受けるのは、もともと厳しい風に晒されている層だ。生活保護利用者、ネットカフェ難民、ホームレス…。“困窮爆発”前夜の札幌で、底辺の声に耳を傾けてみる。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【特集 新型コロナショック】緊急事態、囚われ人にも

刑事施設“自粛”中
閉鎖空間での感染対策急務
刑務作業では医療衣製作へ


北方ジャーナル2020年6月号
往々にして、不景気になれば治安が悪くなる。実際、生活苦ゆえの犯罪は少ないながらも一定程度発生し続けているが、これが新たな感染症の余波でどの程度増えることになるのかは知る由もない。今後の動向にかかわらず、罪を犯した人の身を預かる施設では、いくつかの感染対策を講じ始めた。“塀の外”への社会貢献に乗り出した刑務所の取り組みなども含め、中の動きを報告したい。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈41〉

相継ぎ免職・停職
道警不祥事 前年比2倍に増加
2020年“第1四半期”速報


北方ジャーナル2020年6月号
本誌面で報告を始めて5年めになる北海道警察の不祥事問題。本年最初の四半期となる1―3月の懲戒処分・監督上の措置は、しめて40件に上ることがわかった。年度が替わってからは女子児童への淫行などによる現職巡査部長の処分も伝えられ、早くも監察官室が謝罪する事態に。情報公開請求で得られた事実を中心に、現時点でわかっている事案の概要をお伝えする。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】「外出自粛」で起きた悲劇

“コロナDV”加害者は報道人
STVデスク、虐待で逮捕
過去には女性問題や横領も

北方ジャーナル2020年6月号
国や自治体の外出自粛要請が続く中、それを伝える立場の報道関係者が自宅で暴行事件を起こし、逮捕された。被害を受けたのは、同居する小学生の娘。事件を受け、加害者が勤務する民放局は「厳正に対処する」と表明したが、局の内部からは「別の問題で処分されたばかりなのに」との声が漏れ聴こえてくる。休校中の娘に手を上げたその人には、もともと複数の“余罪”があったというのだが…。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】中川町・エゾシカ解体加工事業の闇

残骸を現地に残し破産手続き
利用された町は交付金返還へ

色濃くなる公金不正流用の疑い


北方ジャーナル2020年6月号
エゾシカの駆除と有効活用を目的に上川管内中川町(石垣寿聰町長)で進められていた官・民・学の連携による「イノチヲツナグ・プロジェクト」が事実上、破綻した。5月号で既報のように放棄された加工施設で頭部などエゾシカの残骸が散乱しているのが発覚。事業会社も破産手続きに入るなど国の交付金や町の補助金はドブに捨てられる雲行きだ。一連の流れの中で公金不正流用の疑いも浮上し、全容解明が急がれている。(ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【ニュース】

■「一緒にウイルス禍を乗り越えよう」
 つしま医療福祉グループが職員支援

 ──介護施設と病院スタッフにインスタントラーメン約6万食を贈呈

■実践を通して浮かびあがった、ひき
 こもり支援に対する各地域の温度差

 ──NPO法人が昨年度のひきこもりサテライト・カフェ事業を報告

■小樽市が野外彫刻などの点検情報を
 データベース化。保存に向け活用へ

 ──所管する65点の維持管理ルールづくりに向け前進

■北海道のご当地ナンバープレート
 「苫小牧」「知床」が5月に初登場

 ──同月11日から交付開始。「知床」は周辺7町が交付対象


----------------------------------------------------------------------

【観光】特集 変わらぬ春の輝き

“その先”にある光


今年、かつてない困難に直面している道内の観光地。だが、北海道に訪れた春の輝きはいつもと変わらず素晴らしい。コロナ禍が落ち着くまでは、せめて誌上旅行はどうだろう。“その先”にある光を見る日は、きっと遠くないはずだ──。

----------------------------------------------------------------------

【医療】
北海道整形外科記念病院の
新院長・近藤真医師に訊く

連携を深め尊敬し合うチームで
全ての患者に最善の医療を提供


北方ジャーナル2020年6月号
国内有数の整形外科専門病院として知られる医療法人北海道整形外科記念病院(札幌市・225床)の新院長に前副院長・近藤真医師(58)が就任した。これまで院長を兼任していた加藤貞利理事長から抜擢され、次代のマネジメントを託されたかっこうだ。上肢治療を専門とする近藤院長は大学時代に準硬式野球のピッチャーとして活躍し、リトルシニアリーグのチームドクターも務めるスポーツマンでもある。「新しい風を吹き込みたい」と意気込む近藤院長に、トップとしての抱負をはじめ気になるウイルス防止対策、上肢疾患治療の実際を訊いた。(4月22日取材)

----------------------------------------------------------------------

【経済】札幌の“病院引越し”丸わかり情報

時代に合わせて施設を更新
続く“建て替えと移転新築”


北方ジャーナル2020年6月号
建設コストが高止まりする中、札幌市内で病院の建て替えや移転新築が相次いでいる。1960年代から80年代にかけて建設された施設が一斉に更新時期を迎えていることや施設基準の変更などで院内スペースの確保を迫られた結果だ。今年から2022年にかけて続く注目の“引越しデータ”を拾ってみた。(佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------

【経済】迷走続ける「札幌駅北口8・1再開発事業」

説明や同意なき権利変換計画
地権者の取消し訴訟で泥沼化


北方ジャーナル2020年6月号
JR札幌駅北口の北区北8西1地区(約2ha)で進められている市街地再開発事業は、市による昨年6月の組合設立認可、今年3月の権利変換計画認可によって進み始めたかに思えたが、ここにきて一部借地権者から権利変換計画の取り消しを求める訴訟が提起されることになった。市街地再開発事業でこうした訴訟が提起されるのは全国でも初めて。地権者と組合の争いが司法の場に持ち込まれれば、事業のさらなる遅延は避けられない。
(佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------

【連載】〝農と食〟北の大地から

障害者らと共に豆腐を製造販売
治療共同体の夢を北海道で追求

「農福連携」の可能性
──鶴居村「生活学舎のんき」の実践から──


北方ジャーナル2020年6月号
釧路管内鶴居村で障害者の就労支援事業所やグループホームなどを運営するNPO法人「生活学舎のんき」は、地元の農場で生産された大豆を使って豆腐などを製造・販売する事業を中心に、さまざまな「農福連携」の取り組みを続けている。軽トラックによる巡回販売をしたり、釧路市内に大豆料理の専門店を開設する一方で、地域の林業や酪農部門との連携も模索中だ。精力的な実践の屋台骨を担ってきたのは、若いころから精神医療の変革を求めて奮闘し、つるい養生邑病院の職員を経て、50代半ばでNPO法人を立ち上げた代表理事の大木博さんである。神奈川から丹頂の里・鶴居村に移り住み、「治療共同体」の実現をめざして生きてきた経緯も交え、その歩みにじっくり耳を傾けた。(ルポライター 滝川 康治)

----------------------------------------------------------------------

【連載】ルポ「ひきこもり」57──小樽の家族会元世話人が語る「私の体験」5

家族会を支え逝った母たち
あえてひきこもることで
回復してくる生きる意欲


北方ジャーナル2020年6月号
いじめという過去の傷を無かったことにすると、その後の困難を乗り越えられない。「小樽不登校・ひきこもり家族交流会」の元世話人・鈴木祐子さん(72)は、未来に希望を持てず自ら命を絶った幾人かの当事者の姿を見てきた。その背景に透けて見えるのは、学校や社会に戻そうと知らぬうちにプレッシャーをかける親とそれに必死で応えようとする子の姿だ。どうすれば最悪の悲劇は回避できるのか──。家族会を支えた親たちや鈴木さんの足跡からヒントを探った。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】戦争遺産をめぐる旅 【59】

最大の国立歴史民俗博物館で
本物の三八式歩兵銃に触れる

多くの兵が担いだ陸軍の主力銃


北方ジャーナル2020年6月号
三八式(さんぱちしき)歩兵銃を見たり聞いたりしたことはないだろうか。日露戦争から第二次世界大戦まで旧日本軍が主力にしていた小銃だ。戦後、その多くは連合国軍に接収されたが、各地の陸上自衛隊の駐屯地資料館などで見ることができる。我が国の民俗や文化を総合的に展示する国内最大のミュージアム、国立歴史民俗博物館(千葉県佐倉市)を訪れると保存状態のいい実物が展示され、手に触れることができた。(ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【フォトレポート・トピックス】

●ハイヤー協 総会で専務理事交代 12年務めた照井氏から畑中氏へ
●衛生マスク30万枚を札幌市に寄付 太陽グループに秋元市長が感謝状

----------------------------------------------------------------------

【連載コラムなど】
*北海道フォトエッセイ
*根掛かり人生
*視点 公共交通をどうする?
*シネマ
*スポーツ筆刀両断
*あなたの知らない老境
*新設企業情報
*人物株価
*よいどれブンガク夜話
*古本屋女房の“古本的日常"
*戦火の女
*デンタルエッセイ
*『永年住宅』の実現に向けて
*夏井功の「夜を駈ける車イス」
*このプラモ、凄い!
*北海道妄想紀行
----------------------------------------------------------------------
【今月の表紙】鈴木翁二画
『優しさで私の…』

同じカテゴリー(バックナンバー)の記事画像
北方ジャーナル2020年7月号
北方ジャーナル2020年5月号
北方ジャーナル2020年4月号
北方ジャーナル2020年3月号
北方ジャーナル2020年2月号
北方ジャーナル2020年1月号
同じカテゴリー(バックナンバー)の記事
 北方ジャーナル2020年7月号 (2020-06-15 00:00)
 北方ジャーナル2020年5月号 (2020-04-15 00:00)
 北方ジャーナル2020年4月号 (2020-03-14 00:00)
 北方ジャーナル2020年3月号 (2020-02-15 00:01)
 北方ジャーナル2020年2月号 (2020-01-14 00:00)
 北方ジャーナル2020年1月号 (2019-12-14 00:00)

Posted by 北方ジャーナル at 00:00│Comments(0)バックナンバー
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
北方ジャーナル2020年6月号
    コメント(0)