さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › バックナンバー › 北方ジャーナル2020年5月号

2020年04月15日

北方ジャーナル2020年5月号

北方ジャーナル2020年5月号



4月15日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【特集 新型コロナショック】自粛と景気回復努力の狭間で

道内経済は薄氷の上に──
社会を一気に凍り付かせた
道の“緊急事態宣言”の衝撃


北方ジャーナル2020年5月号
4月7日には政府の緊急事態宣言が発令されるまでに至った新型コロナウイルス問題。これに先立ち北海道では、2月28日に鈴木直道知事により出された法的根拠の無い緊急事態宣言が、“爆発的な感染拡大は回避された”として3月19日に解除。だが予断を許さない状況にあることは変わらず、道や札幌市の観光関連施設が4月1日付で相次ぎ営業再開に舵を切った一方で、著名なイベントや祭りの中止決定が連日のように発表されている。そして前述の緊急事態宣言は観光客・地元住民の区別なく人の動きをことごとく萎縮させ、関東以北最大の歓楽街ススキノに至っては今や青息吐息だ。ウイルスそのものは人の身体を蝕むが、ウイルスによる恐怖感や疑心暗鬼は、生きる上に必要な人と人との繋がりを断つ。全世界の人々にも言えることかもしれないが、いま我々は薄氷の上に立っているに等しい──。(取材=本誌編集部・構成=髙橋貴充)

----------------------------------------------------------------------

【特集 新型コロナショック】

未曾有の危機に直面するニセコで
成長の立役者が語る〝現状と今後〟


北方ジャーナル2020年5月号
スキーリゾートとして国際的な地位を確立しているニセコエリア。豊かな自然環境に美味しい食、スキー客を魅了するパウダースノーなどの地域資源が世界から投資を呼び込んでいる日本でも特異なまちだ。北海道全体の地域活性化や経済成長を論じる上でも同地域の存在は欠かせない。新型コロナウイルス禍は、そのニセコにも深刻な影響を及ぼしている。“日本の中の外国”とも言える場所で、この感染症はどのような混乱を引き起こしているのか。そして危機を乗り越えた後、地域はどう変化していくのか。ニセコの成長を支えてきた立役者とも言える2人の外国人経営者を取材した。(佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------

【特集 新型コロナショック】新型コロナ禍に見舞われる小樽観光 

観光バスもヒトも消えた異常さ
「市は独自支援策を盛り込んで」


北方ジャーナル2020年5月号
新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、道内有数の観光地である小樽でも影響が深刻化している。中国などアジア圏を中心とした外国人観光客に加え、2月末の道の緊急事態宣言以降は国内客や地元の出控えも広がっており、関係者は「この状況がさらに1~2カ月続けば経営は成り立たなくなる」と悲鳴を上げている。  (武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【特集 新型コロナショック】現地報告/留学生が見た台湾事情 

味わった“孤独と苦渋”がバネ
世界から注目集める防疫体制


北方ジャーナル2020年5月号
4月1日時点で新型コロナウイルス感染者322人、死者5人。感染爆発を起こした中国や欧米などに比べ、早期に打ち出した効果的な措置でウイルスの封じ込めに成功したと言われる台湾。本誌連載「戦火の女」などの挿絵を担当し、現在その台湾へ語学留学中の藤野羽衣子さんから現地レポートが届いた。留学生が見た台湾の防疫事情とは──。


----------------------------------------------------------------------

【報道】ザイ・コンファーム社 小林健治氏の不法行為を追う

裁かれる“偽装コンサル”
札幌地検が起訴した「ヤミ金業者」


北方ジャーナル2020年5月号
貸金業法違反と出資法違反の疑いで道警に逮捕された自称コンサルタント会社役員、小林健治氏(60)が3月中に両容疑で札幌地検に起訴された。株式会社ザイ・コンファーム(本社札幌・以下ザイコン社)の代表者として不正融資や会社乗っ取りなどを繰り返していたとされる小林氏。本人の逮捕・起訴を受けて同氏が手がける国がらみの企業主導型保育事業はどうなるのか。司直の手で裁かれることになった小林氏の周辺を追った。(本誌編集長・工藤年泰)

----------------------------------------------------------------------

【報道】首相批判封殺の波紋⑧

「荒唐無稽な説明」続出
道警 国賠訴訟も「適法」主張
排除正当化 根拠は「ヤフコメ」

北方ジャーナル2020年5月号
参議院議員選挙期間中の昨年7月に札幌で起きた、北海道警察による首相演説野次排除事件。当日の排除行為をすべて「適法な職務執行だった」と議会報告した道警は、2人の排除当事者が提起した裁判でも同じ主張を繰り返すことになる。年度初頭には2度めの弁論に併せて再びの刑事告訴と検審申し立てがあり、溯って3月には議会でまた新たな事実が明かされていた。「適法」である筈の警察措置に、疑念の声が止むことはない。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】留学生急増の背景に

「全員受かるようにしろ」
札幌国際大で不適切入試の疑い
留学生受け入れで前学長が告発


北方ジャーナル2020年5月号
創立半世紀を超えた札幌国際大学(札幌市清田区、蔵満保幸学長)で昨年度末、留学生の受け入れをめぐる学内の対立があきらかになった。複数の新聞が伝えたのは、日本語能力が一定水準に達していない学生を大量に入学させ、定員充足をはかっていた疑い。報道を受けた運営法人と当時の学長は同じ日に記者会見を設け、互いの認識を強く批判し合う事態に。複数の所管庁が実態調査に乗り出す動きも伝わり、新年度以降も混乱が続く様相を呈している。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】泊村若手職員練炭自殺事件を追う

事件に直面した牧野前村長を直撃
「いじめなどは一切ない」


北方ジャーナル2020年5月号
泊村の男性職員Sさん(当時24歳)が昨年末に練炭自殺した事件について当時村長だった牧野浩臣氏(73)が3月10日、村内の自宅前で取材に応じた。牧野前村長は「職員の間でいじめなどは一切なかった」として役場内のパワハラが自殺の原因だったという一部の指摘を否定した。一方、Sさんの知人らは議会での真相究明を求めている。(ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【経済】ホーム企画センターがサン建築設計に事業譲渡へ

最後まで貫いた“青木イズム”
V字回復を花道に全株式を無償譲渡

北方ジャーナル2020年5月号
道内の戸建て住宅販売大手、ホーム企画センター(札幌市北区・青木雅典会長兼社長)が、道内賃貸マンション建設大手のサン建築設計(札幌市東区・中村靖哉社長)に7月1日付で事業譲渡される。北海道銀行を仲介役に、このほど同じく道銀をメーンバンクとするサン建築設計に全株式の無償譲渡が決まったもの。「ホーム企画センター」の社名は残り社員全員の雇用も継続される。創業から52年、今年6月で85歳を迎える青木氏の“男の引き際”を追った。(佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------

【ニュース】

■現場にエゾシカの頭部や肉が散乱
 中川町の加工事業、最悪の結末か

 ──雪解けで露呈した「イノチヲツナグ」杜撰処理の実態

■新篠津の村有地売却に非難轟々
「4・5 haが25万円」に住民不信

 ──紛糾した説明会で取得業者は工事中断を表明

■新人看護師襲った悲劇から8年
 職場と争い続く遺族、決意新た

 ──病院は国の判断に反し「過重労働」否定の主張

■コロナ禍に苦しむ地元北海道を支援
 ニトリHDがマスク50万枚を寄贈

 ──鈴木知事が受けた“北海道の父”似鳥会長からの力強いエール

■函館消防で夜間のシフト制廃止
 改善委で不正受給対策まとまる

 ──本年度から新ルール実施、消防長には前次長が昇格

----------------------------------------------------------------------

【医療】
北大前クリニックが3月末に閉院
本間行彦院長が医療人生に区切り

間質性肺炎の漢方治療に功績
貫いた患者本位の医療と運営


北方ジャーナル2020年5月号
我が国における漢方治療の第一人者として知られる本間行彦氏(83)が2000年に開設した「北海道漢方医学センター附属 医療法人社団 北大前クリニック」(札幌市北区)が、さる3月末で20年の歴史に幕を閉じた。難病である間質性肺炎を中心に慢性疾患治療に人生を捧げてきた本間院長は、今も膨大なデータに基づいた論文を学会専門誌に発表するなど「1人でも多くの患者を救いたい」との熱い思いを抱き続けている。自身の医療人生にひと区切りつけた本間院長にこれまでを振り返ってもらい、今後の夢などを訊いた。(3月31日最終取材)

----------------------------------------------------------------------

【企業】コープさっぽろがSDGsにつながる事業を積極展開

世帯加入率6割の基盤を生かし
“持続可能な地域づくり”に尽力


北方ジャーナル2020年5月号
生活協同組合コープさっぽろ(札幌市西区・大見英明理事長)の組合員数が2020年1月で180万人を超えた。道内の総世帯数は約278万世帯。1世帯で平均1人が組合員に加入しているとすれば約6割の世帯加入率となり、その存在感は極めて大きい。こうした基盤を活かしてコープさっぽろは、SDGs(持続可能な開発目標)につながる事業を積極的に進めている。人口減少と少子高齢化が急速に進む北海道で、持続可能な地域づくりを目指すコープさっぽろの取り組みに注目した。

----------------------------------------------------------------------

【企業】北海道エネルギーから学ぶ災害対策の在り方

直営SSの9割で非常用発電機設置
人々の生活を守る徹底した責任意識

大規模災害にも強い燃料供給体制を整備


北方ジャーナル2020年5月号
道内ガソリンスタンド大手の北海道エネルギー(本社札幌、勝木紀昭社長)は、4月1日時点で自社直営SS(サービスステーション)190カ所のうち173カ所で非常用自家発電機の設置を完了。設置率は約91%となり、万が一大規模災害が発生した際にも消費者の不安を軽減するような燃料の供給体制が整備された。道内全戸停電というまさに未曾有の事態に見舞われ、どこのSSも燃料を求める車列で大混雑が発生した胆振東部地震の災禍からおよそ1年7カ月。その比較的短期間と言える間に前述のような大規模災害対策を講じた背景には、人々の日々の生活に直結するライフラインを担う事業者として社会的責任を果たしていく、という強い使命感があったようだ。(髙橋貴充)

----------------------------------------------------------------------

【連載】〝農と食〟北の大地から

労働運動に半生を捧げ新規就農
今はブドウ栽培や奉仕活動に汗


「半農半X」を生きる人たち Part2
──余市町「シリパの丘農園」・富塚廣さんの歩みから──


北方ジャーナル2020年5月号
農的な暮らしを営みながら社会と積極的に関わる人たちを紹介する「半農半X」シリーズの2回目は、後志管内余市町でワイン用ブドウを栽培するかたわら、子ども食堂の運営などのボランティア活動に取り組む富塚廣さんの歩みに耳を傾けた。ジャーナリスト志向が強く、業界紙・誌の記者や編集者を経て、1980年代初めから30年間ほど労組運動や市民活動に奔走。定年後に関わった福祉関係のボランティア活動などのなかで、若いころ抱いた新規就農の夢が実現し、今秋には自家産ブドウのワインも誕生する。デスクワークの多い人生だったが、農作業に汗を流すことで労働に対する価値観も変わった──そんな軌跡を振り返りつつ、生きることの意味を考えてみた。(ルポライター 滝川 康治)

----------------------------------------------------------------------

【連載】ルポ「ひきこもり」56──小樽の家族会元世話人が語る「私の体験」4

家族会が辿った苦難の歩み
不登校、ひきこもりに対する
“地域の偏見や誤解”との闘い


北方ジャーナル2020年5月号
2017年に施行された「教育機会確保法」は、学校以外の学びの場の重要性を示した初めての法律だ。同法によりじっくり休養させ、学校復帰を無理強いしないという意識は広がりつつあるが、いまだに「学校ありき」の考えの学校現場は少なくない。だが、23年前に小樽に家族会ができた頃の状況はもっと厳しかった。不登校の子供の気持ちを理解し回復するまでゆっくり休ませる。いわゆる「学校に行かない」という選択肢は狭いコミュニティの中では容易に受け入れられることはなかった。鈴木祐子さん(72)が主宰してきた家族会。その歩みは周囲の偏見や誤解との闘いでもあった。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【人】
“地元発Butoh”の可能性を模索する
舞踏家 田仲 ハルさん

表現者として舞い戻った
古巣の舞踏の世界
いま、北海道の文化を発信したい


北方ジャーナル2020年5月号
白塗りのいでたちで四肢をくねらせ内なる情感を表現する「舞踏」──。1960年代に土方巽(1927―86年)らが生み出した先鋭的な文化は「Butoh」として世界に広がっているが、日本では奇怪、難解といったイメージから人気は低迷している。そうした中、2017年に始まった「北海道舞踏フェスティバル」(北海道コンテンポラリーダンス普及委員会主催)を契機に舞踏を見直す機運が高まっている。同フェスの中心メンバーで「地域の人とどっぷり関わりながら魅力を広めていきたい」と語る舞踏家の田仲ハルさん(55)に、北海道発の舞踏の可能性と5月から始まるフェスティバルの見どころを聞いた。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】戦争遺産をめぐる旅 【58】

世界遺産・姫路城が先の大戦で
焼け落ちなかった“本当の理由”

L字型の釘が語る擬装網の跡


北方ジャーナル2020年5月号
ユネスコの世界遺産として法隆寺とともに国内で最初に登録された姫路城は、2015年3月に平成の大改修を終え、年間約300万人もの観光客が訪れる日本を代表する観光地として知られる。先の大戦で2度の空襲に見舞われながら、この名城がほぼ原形のまま残ったのは、空襲の目標を避けるための擬装網のおかげとみられていたが、実際は偶然が重なった結果だった。新型コロナウイルスの感染防止で見学中止となる直前に姫路城に行くと、城内を偽装網で隠した75年以上前のL字型の釘が残っていた。(ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【フォトレポート・トピックス】

●女子刑務所で新たな取り組み 薬物再犯「回復センター」始動
●ホクレンの農業応援アンバサダーにTEAM NACS・森崎博之リーダーが就任
●より飲みやすく爽やかフルーティに網走ビール「知床ドラフト」を一新
●ススキノピックアップガール 「クラブ ジェネルー」まりな
●ススキノ探訪 至福の一杯、ここに健在「THE NIKKA BAR」

----------------------------------------------------------------------

【連載コラムなど】
*北海道フォトエッセイ
*根掛かり人生
*視点 公共交通をどうする?
*シネマ
*スポーツ筆刀両断
*あなたの知らない老境
*新設企業情報
*人物株価
*よいどれブンガク夜話
*古本屋女房の“古本的日常"
*戦火の女
*デンタルエッセイ
*『永年住宅』の実現に向けて
*夏井功の「夜を駈ける車イス」
*このプラモ、凄い!
*北海道妄想紀行
----------------------------------------------------------------------
【今月の表紙】鈴木翁二画
『青葉の声』

同じカテゴリー(バックナンバー)の記事画像
北方ジャーナル2020年7月号
北方ジャーナル2020年6月号
北方ジャーナル2020年4月号
北方ジャーナル2020年3月号
北方ジャーナル2020年2月号
北方ジャーナル2020年1月号
同じカテゴリー(バックナンバー)の記事
 北方ジャーナル2020年7月号 (2020-06-15 00:00)
 北方ジャーナル2020年6月号 (2020-05-15 00:00)
 北方ジャーナル2020年4月号 (2020-03-14 00:00)
 北方ジャーナル2020年3月号 (2020-02-15 00:01)
 北方ジャーナル2020年2月号 (2020-01-14 00:00)
 北方ジャーナル2020年1月号 (2019-12-14 00:00)

Posted by 北方ジャーナル at 00:00│Comments(0)バックナンバー
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
北方ジャーナル2020年5月号
    コメント(0)