さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › バックナンバー › 北方ジャーナル2020年4月号

2020年03月14日

北方ジャーナル2020年4月号

北方ジャーナル2020年4月号



3月14日発売。お求めは道内有名書店、セイコーマート、インターネットではAmazon、またはオンライン書店『Fujisan.co.jp』、あるいは直接当社(右サイドバーのメールボタンから)までお問い合わせください。

【緊急特集 新型コロナショック】札医大附属病院長 土橋和文教授に訊く

重篤な患者を拾い上げ
命を救う体制の構築を

“巧妙な新型コロナ”に冷静に立ち向かえ


北方ジャーナル2020年4月号
新型コロナウイルスとはいかなる脅威なのか。どうすれば爆発的な感染を抑止できるのか──。連日、膨大な情報がメディアに溢れる中で、札幌医科大学附属病院長の土橋和文教授は事態をいたずらに恐れる風潮に警鐘を鳴らし、「感染者増加のカーブを緩やかにし、重症者と死亡者を抑える時期に入った」と冷静な対応を呼びかける。市中感染の広がりと健康被害を最小化するための対応を訊いた。(本誌編集長・工藤年泰 3月5日最終取材)

----------------------------------------------------------------------

【緊急特集 新型コロナショック】札幌市保健所 対策の現状と葛藤

指定感染症故のジレンマ
コロナ対策最前線の葛藤

軽症者が自宅療養できるスキームを

札幌市保健所感染症総合対策課 古澤弥医師

北方ジャーナル2020年4月号
感染拡大に伴い、陽性患者を受け入れる市立札幌病院は事実上パンク状態。一方、感染を判定するPCR検査は重症者の確定診断を優先させる方針から「希望しても受けられない」など市民の不満が日増しに募っている。それらを調整する現場の最前線にいるひとりが札幌市保健所感染症総合対策課の古澤弥医師だ。道内の社会と経済に著しくブレーキをかけた新型コロナウイルスの猛威に、限られた人員で対応している同保健所対策チームの現状を取材した。(3月5日最終取材)

----------------------------------------------------------------------

【緊急特集 新型コロナショック】ヒト・モノ・カネの動きに急ブレーキをかけた新型コロナ 

経済を金縛りにした“外出自粛”
非日常が生んだデマとパニック


北方ジャーナル2020年4月号
札幌を代表する冬の一大イベント・さっぽろ雪まつりの今年の来場者数(1月31日~2月11日)は約202万人となり、前年比26・2%減、71万6千人減少の大きな落ち込みとなった。その大きな要因が新型コロナウイルス感染症による中国や韓国からの旅行客減少。この大幅減による観光業全般のダメージは深刻に受け止められたが、それでも新型コロナの影響は対岸の火事といった印象は否めなかった。当時、今日に至る日本の社会・経済活動そのものを麻痺させる事態にまで発展するとは誰が予想しただろう。この病魔は今や国内産業全般を蝕むものにもなっている。目下、経済分野においても新型コロナへの特効薬が求められている。(髙橋貴充)

----------------------------------------------------------------------

【報道】ザイ・コンファーム社 小林健治氏の不法行為を追う

逮捕された“偽装コンサル”
北署が貸金業法違反で身柄拘束
オープン前の保育事業にも暗雲


北方ジャーナル2020年4月号
自称コンサルタント会社役員、小林健治氏(60)が貸金業法違反の疑いで2月19日、道警に逮捕された。この小林氏と言えば株式会社ザイ・コンファーム(本社札幌・以下ザイコン社)の代表で、同社を舞台に不正融資や会社乗っ取りなどを繰り返していた疑惑を本誌が報じてきた人物だ。今回の逮捕により同氏が手がける国がらみの助成保育事業にも暗雲が漂い始めた。昨年6月の家宅捜索を踏まえ、道警が摘発に踏み切った理由とは──。 (本誌編集長・工藤年泰)


----------------------------------------------------------------------

【報道】首相批判封殺の波紋⑦

道警 謝罪せず
7カ月半経て“事実”報告
警察・検察 排除を不問に


北方ジャーナル2020年4月号
「必要な警察措置を講じたものであります」――。7カ月半を費やした“事実確認”の結果、現場の警察官たちの行為はすべて不問に附された。捜査にあたった検察もまた、告訴事件のすべてで不起訴を決めた。幕引きをはかる捜査機関に対し、もう一方の当事者たちが上げる声は、ここに来てむしろ勢いを増しつつある。北海道警察・首相演説野次排除問題は、まだ決して終わっていない。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道南・歴史的神社の変

古社、揺れる――
江差「姥神」関係者間に深い亀裂
神社庁の退職勧告、宮司が拒否

北方ジャーナル2020年4月号
北海道屈指の名社・姥神大神宮(檜山管内江差町)で目下、宮司と責任役員との深刻な対立が続いている。3年前に着任した現在の宮司が、経理の適正性や神事の作法に疑義を呈した役員と衝突、収拾をはかる神社庁から異例の「退職勧告」を受けることになったのだ。昨年初めには宮司に“解任”された役員らが地位確認訴訟を起こし、今も地元の裁判所で争いが続く。道南の古社を不意に襲った、穏やかならぬ事態。終熄の兆しは、今のところ見えてこない。末の役場の若手職員が自ら命を絶つというショッキングな出来事があり、選挙戦の最中も村は大揺れに揺れた。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】道警不祥事から考える〈40〉

「母の写真を待受に」
元巡査長の盗撮事件、初公判
下着盗では同僚女性が被害に


北方ジャーナル2020年4月号
「素敵な女性が多く、誘惑に敗けてしまいました」。昨年7月に盗撮で現行犯逮捕され、のち懲戒免職となった北海道警察本部自動車警ら隊の元巡査長(29)は、10年来の“趣味”を断つことができなかった理由を吐露した。裁かれたのは、4件の盗撮と1件の下着盗。だが実際の被害はそれに留まらず、立件されなかった犯行がこれまで何件に上るのかは確認しようもない。“デビュー”は、高校時代だったという。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】札幌・平岸 不動産店爆発事件⑤

「今も身の毛がよだつ思い」
被害住民「誠意」求め意見陳述
アパマン側は請求棄却求める


北方ジャーナル2020年4月号
「団欒の時間が、一瞬にして恐怖に変わりました」。一昨年暮れに札幌・豊平区の不動産仲介店で起きた爆発事件。現場至近のマンション住民が同店の管理会社を訴えた裁判が2月末、初の口頭弁論を迎えた。計約5000万円の賠償を求める30人の原告に対し、被告のアパマン北海道は改めて慰藉の意志を示しつつ、請求棄却を求めている。大量の未使用スプレー噴射が引き起こした事件は、法廷でどう裁かれることになるのか――。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】医療現場で散った命⑨

支援署名 2万7千筆に
看護師パワハラ死訴訟で弁論続く
証言求め「少しでも情報を」と遺族

北方ジャーナル2020年4月号
本誌面でこれまで3年弱にわたって報告を続けている、新人看護師のパワハラ疑い自殺事件。釧路市の病院に勤務していた長男を喪った遺族は2月中旬、労働災害の認定を求める訴訟で7度めの口頭弁論を迎え、ハラスメントの存在やそれに由来する仕事上のミス、重度の精神疾患などの事実関係に肉薄しつつある。全国2万7千人から寄せられた訴訟支援の署名を追い風に、長い闘いは佳境に差しかかり始めた。(小笠原 淳)

----------------------------------------------------------------------

【報道】係争中に長沼町が恵庭開発へ営業開始を勧告

命を守る責任を町が放棄?
マオイゴルフ訴訟が泥沼化


北方ジャーナル2020年4月号
(これで安全?)。左頁に掲載した写真を見て多くの読者はそう思うだろう。これは夕張郡長沼町(戸川雅光町長)の「マオイゴルフリゾート」コース内の昨年の様子だが、木製橋の欄干が腐食して抜け落ちている。ゴルファーたちはここを電動カートを運転して通る。しかも橋の直前はカーブのある急な下り坂。運転を誤ればカートごと転落してしまう危険性があるのは明らかで、こういう橋がコース内には17カ所もある。この状況を踏まえ指定管理者の恵庭開発(本社札幌)が「危険だから直して」と要求すると町は「危険じゃない」の繰り返し。この結果、指定管理者が「建物等修繕請求訴訟」を提起したのは先月号で報じた通り。その続報をお届けする。

----------------------------------------------------------------------

【ニュース】

■泊村若手職員が自殺する直前まで
 SNSに投稿した140ツイート

 ──「職場の人間は信用するな」など役場への露骨な不信感も

■新型コロナ影響で命脈を絶たれた
「くりやまコロッケ」の自己破産

 ──改装見送りのスーパーも。すでに経済被害は多方面へ拡大

■自衛隊派遣、国の開示なお不足
 PKO訴訟で原告側の批判強く

 ──裁判所「インカメラ」で検証の可能性も

----------------------------------------------------------------------

【春の全国交通安全運動】

9千日以上死亡事故ゼロを継続
西興部・村一丸の交通安全施策

村民同士高め合う注意喚起の意識


北方ジャーナル2020年4月号
1995年1月に起きた除雪車と乗用車との正面衝突事故以来、今年3月3日現在まで9163日間、交通事故死ゼロを継続中のオホーツク管内・西興部村(菊池博村長)。人口1000人余りの小規模自治体とはいえ、村を通る主要幹線・国道239号は西に紋別方面、東は名寄方面に通じており、車の交通量は決して少なくはない。そして物損など交通事故そのものが全く起きていないわけでもない。にも関わらずおよそ25年もの長い間、死亡事故ゼロが続いているというのは、偶然の産物とは考え難い。西興部村の交通安全に対する姿勢や取り組みには、いろいろと参考になることが多そうだ。

----------------------------------------------------------------------

【流通】GMSとSM一体型の流通企業が発足

「新生イオン北海道」が始動
道内流通業界に新時代到来


北方ジャーナル2020年4月号
北海道のイオングループである2社、イオン北海道(本社札幌・青栁英樹社長)とマックスバリュ北海道(同・出戸信成社長)が3月1日に経営統合し、新生イオン北海道が誕生した。1960年代から道内流通各社は合従連衡を繰り返してきたが、年間売上高3000億円を超える巨大企業の誕生で道内流通業界は未知のステージに入った。2社それぞれの歴史を振り返りながら「ベストローカル」を目指す統合新会社の今後を展望した。(佐久間康介)

----------------------------------------------------------------------

【金融】収益力トップの旭川信用金庫・原田直彦理事長に訊く

旭川物産協会と連携協定締結へ
「地域商社」機能の強化に前進

「しあわせ応援プラザ」で高める相談機能


北方ジャーナル2020年4月号
預金量8500億円を超える旭川信用金庫(本店旭川)は、2018年1月に3金庫合併で発足した北海道信用金庫(本店札幌)に預金量で追い抜かれたものの、収益力では道内ナンバーワンの地位を保っている。地盤の旭川は「旭川金利」と呼ばれるほど金利競争が激しかった地域だが、新規実効金利が上昇、貸出金利は下げ止まってきた。これを原田直彦理事長は「金融機関同士が勝手に金利競争をしていた」と振り返り、今後は事業性評価融資を伸ばし他の金融機関との差別化を徹底していく考えだ。原田理事長に2020年度の展望を訊いた。(2月14日、旭川市内の本店で収録)

----------------------------------------------------------------------

【連載】〝農と食〟北の大地から

「農業とコーヒー」の二足の草鞋
半生かけた生き方を次の世代に

「半農半X」を生きる人たち
──当麻町「自然農園ホタルファーム」の実践から──


北方ジャーナル2020年4月号
自給的な農業によって自分や家族の食べものを賄い、積極的に社会に関わる生き方を指す「半農半X」という造語がある。「X」は、その人の個性や特技などを活かし、社会に貢献しようとする志のこと。90年代半ばに提唱され始め、今では全国各地に「半農半X」を生きる人たちがいる。上川管内当麻町の「自然農園ホタルファーム」の主で、旭川市内で自家焙煎コーヒー店を営む伊藤和久さんもその一人。学生時代に原発や食の問題に出会って生き方を変え、30年ほどにわたって“農的暮らし”を続けてきた。「生きるために必要なことに向き合い、自分の手足を使って実践していこう」と語りかける伊藤さんの軌跡をたどりながら、その思いの一端を紹介したい。(ルポライター 滝川 康治)

----------------------------------------------------------------------

【原発】気骨の市民科学者・斉藤武一さんが鳴らす警鐘

「がんが泊村周辺と後志で急増」
原因は原発からの放射性物質か

「故郷には原発と“がん多発”だけが残った」


北方ジャーナル2020年4月号
泊原子力発電所稼働後の20年間で泊村周辺と後志全域で肺がんや膵臓がんが急増しているようだ。調査研究に取り組んできた岩内在住の市民科学者、斉藤武一さん(67)が新著で明らかにした。「北海道における主要死因の概要」から悪性新生物(肉腫などを含む全がん)、肺がん、乳がん、それに内臓がん5種類の8項目について原発稼働前後の膨大なデータを比較した。全がんでは泊村と岩内町が全道1位と2位を占めた。斉藤さんは「さまざまながんの多発は原発から放出されるトリチウムなどの放射性物質にあると考えざるを得ない」と警鐘を鳴らす。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】検証「泊原発は本当に必要なのか」㊾

就任後初の原発事故防災訓練
鈴木知事の胸中に危機感は?


北方ジャーナル2020年4月号
泊原発で厳寒期に重大事故が起きたことを想定した住民避難の実働訓練「北海道原子力防災訓練」が2月13日、行なわれた。これは原発から半径30キロ圏内の緊急時防護措置区域(UPZ)である後志管内13町村などを対象に、道などが実施しているもの。これに鈴木直道知事が就任後初めて参加。今回は雪崩と原子力災害の複合災害を初めて想定し、鈴木知事は雪上車を使った避難訓練などを自ら体験した。その後の会見で自らが口にした「臨機応変の対応」は、本当にできるのだろうか。 (ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【連載】ルポ「ひきこもり」55──小樽の家族会元世話人が語る「私の体験」3

大切なのは子供の目線
時代を先取りするアイデアで
事業を展開した家族会の歩み


北方ジャーナル2020年4月号
不登校やひきこもりに対する社会の偏見をなくし、自助の立場から孤立しがちな当事者と家族をサポートする。同じ悩みを持つ家族が苦しみを共有しながら子供の心のあり様や接し方を学ぶ家族会の役割は大きい。「小樽不登校・ひきこもり家族交流会」の元世話人、鈴木祐子さん(72)が23年前、小学6年の息子の不登校を機に同会の前身「海の会」(子どもの問題を共に語り合う会)を開いたのもそんな思いからだった。親と子へのはがき、子供のリクリエーション、ボランティア派遣、遊び場づくり。時代を先取りした活動は常に「子供の気持ち」と「目線」に寄り添ってきた。そこから四半世紀近くを経て変わるもの、変わらないものは何か。鈴木さんが精魂を傾けてきた家族会の足跡を辿った。  (武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【憲法】「赤狩り」被害を語り継ぐ元軍国少年

権力の理不尽を経験した戦中と戦後
嘘とごまかしは現政権も変わらない


北方ジャーナル2020年4月号
共産党員や支援者と見なされた人が公職や企業から追放されたレッドパージ――。戦後日本最大の人権侵害とされるこの事件の被害者の一人で、「レッドパージ被害者の名誉回復と補償を求める北海道懇話会」の事務局長・舛甚秀男さん(89、石狩市在住)が過去の体験を語り継ぐ活動を続けている。昨年9月に道警の野次排除問題が起き民主主義のあり方が問われる今の日本。舛甚さんは「思想信条の違いが認められない社会は憲法の精神が国民に定着していないためだ」と危機感を強める。(武智敦子)

----------------------------------------------------------------------

【連載】戦争遺産をめぐる旅 【57】

海峡を睨んでいた「掩蓋式観測所」
地上戦を免れた奄美が伝える遺産

過去も現在も日本の防衛拠点

北方ジャーナル2020年4月号
1945年4月、上陸したアメリカ軍と激しい地上戦の末にやがて沖縄が陥落。それ以降、本土防衛の最前線は沖縄本島から北へ約300キロの奄美大島に移った。ほどなく終戦を迎えたため沖縄のような惨禍は免れたが、奄美大島南端の先にある大島海峡は旧日本軍にとってかねてから戦略・戦術上の重要海域とされ、弾薬庫跡や敵艦を見張る観測所跡がいまもほぼ原形のまま残っている。現在は陸上自衛隊の南西諸島の守りの新たな拠点ともなっている鹿児島県の離島・奄美大島を訪れた。(ジャーナリスト 黒田 伸)

----------------------------------------------------------------------

【フォトレポート・トピックス】

●追悼 北海道きっての“国際派経済人”オーバーシーズ瀧澤社長が逝去
●「スーパードライ」に経営資源集中 2020年のアサヒビール方針説明会
●キリンの2020年道内事業方針は「一番搾り」「本麒麟」に集中投資
●ススキノ探訪 カジュアルな大人の隠れ家「BAR 黒の50」
●道外で好評のニトリ「デコホーム」創業の地、札幌に2月凱旋初出店

----------------------------------------------------------------------

【連載コラムなど】
*北海道フォトエッセイ
*根掛かり人生
*視点 公共交通をどうする?
*風俗嬢のonとoff
*シネマ
*スポーツ筆刀両断
*あなたの知らない老境
*新設企業情報
*人物株価
*よいどれブンガク夜話
*古本屋女房の“古本的日常"
*戦火の女
*デンタルエッセイ
*『永年住宅』の実現に向けて
*夏井功の「夜を駈ける車イス」
*このプラモ、凄い!
*北海道妄想紀行
----------------------------------------------------------------------
【今月の表紙】鈴木翁二画
『道頓堀春日』

同じカテゴリー(バックナンバー)の記事画像
北方ジャーナル2020年7月号
北方ジャーナル2020年6月号
北方ジャーナル2020年5月号
北方ジャーナル2020年3月号
北方ジャーナル2020年2月号
北方ジャーナル2020年1月号
同じカテゴリー(バックナンバー)の記事
 北方ジャーナル2020年7月号 (2020-06-15 00:00)
 北方ジャーナル2020年6月号 (2020-05-15 00:00)
 北方ジャーナル2020年5月号 (2020-04-15 00:00)
 北方ジャーナル2020年3月号 (2020-02-15 00:01)
 北方ジャーナル2020年2月号 (2020-01-14 00:00)
 北方ジャーナル2020年1月号 (2019-12-14 00:00)

Posted by 北方ジャーナル at 00:00│Comments(0)バックナンバー
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
北方ジャーナル2020年4月号
    コメント(0)