さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › アサヒビール方針説明会で2020年は主力生ビール・スーパードライに経営資源集中

2020年02月25日

アサヒビール方針説明会で2020年は主力生ビール・スーパードライに経営資源集中

アサヒビール方針説明会で2020年は主力生ビール・スーパードライに経営資源集中
今年注力の『アサヒスーパードライ』を手にする濱田専務(右)と門田本部長

アサヒビールは前年の事業実績及び今年の活動戦略などを報告する方針説明会を2月18日、札幌プリンスホテル国際館パミールで実施。今年は同社がビールメーカーとして唯一、2020東京五輪のゴールドパートナー(カテゴリーはビール&ワイン)を務めるほか、10月にはビール減税が控えるということもあって、主力の生ビール『アサヒスーパードライ』の販促に特化していく戦略を鮮明にした。

全社の動向については同社の濱田賢司専務取締役営業本部長。北海道に関しては門田高明北海道統括本部長がプレゼンを担当した同説明会。
このうち濱田専務は酒類業界全体の景況について、「飲酒人口の減少などで、市場の微減傾向は2020年も変わらないと思われる」といった見通しを提示。そうした厳しい事業環境を踏まえて、「過去の延長線や経験則に頼った思考では、消費環境の変化の兆しを見落としかねない。既存ニーズが消費価値や価格に対してシビアになっている中、若年層や女性層といった新規ニーズ拡大に向けた提案が重要になってくる」とした。
「とかくビール業界は数量シェアや販売箱数に固執してきた歴史が長く、他社との競争を意識するあまりお客様へ提供すべき価値を見失うことが多々あった。
我々が競うべきはお客様の満足や感動の追求であり、注力すべきは期待を超えるおいしさの創出に向けた潜在ニーズの具現化だ」(濱田専務)

アサヒビール方針説明会で2020年は主力生ビール・スーパードライに経営資源集中
方針説明会の会場の様子

2020年の具体的な方針について濱田専務は、「最も多くのお客様との接点を有している『アサヒスーパードライ』に経営資源を集中し、ブランド価値の強化に取り組む」と明言。
「ビールがうまい。この瞬間がたまらない。」の新ブランドメッセージのもと、全ての販売チャネルでコト消費を刺激する同品の需要喚起を展開していく構えだ。
 
こうした取り組みを後押ししそうなのが東京五輪と、10月のビール減税。東京都の推計で全国における経済効果が32兆円と見込まれている同大会で、アサヒビールはビールメーカーで唯一のゴールドパートナー。スタジアムなどで楽しむビールが『アサヒスーパードライ』をはじめとする同社商品になるというメリットは大きい。
そして10月のビール類税率改定だが、これは2026年までに発泡酒や新ジャンルを含む“ビール類”の税率を一本化する施策の第1弾にあたるもの。発泡酒・新ジャンルの税率は上がるがビールは下がり、ビールの値頃感を訴求する好機となる。
こと東京五輪に関しては「スーパードライの品質と世界観を感じていただく絶好の機会(濱田専務)」という位置付けだ。

アサヒビール方針説明会で2020年は主力生ビール・スーパードライに経営資源集中
年2回展開する方針の『アサヒスーパードライ 北海道工場限定醸造』(写真は350ml6缶パック)

北海道におけるスーパードライの販促に関しては、胆振東部地震の復興支援として昨年11月に販売し好評を得た、原料の一部に被災地・厚真町産の米を使って製造した『アサヒスーパードライ 北海道工場限定醸造』を、今年は4月と11月の2回販売する計画。同品にはラベルなどに大きく「がんばろう!北海道」と記されており、継続的な復興支援の構えを鮮明にする。




同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
機能性新ジャンル「サッポロ 北海道 OFF STYLE」の売上の一部を寄付。サッポロビールが北海道農業を支援
新感覚の青果店でススキノを元気に。水戸青果「ワタシノマルシェ」OPEN
「北海道舞踏フェスティバル2020」 新型コロナの影響で札幌公演を7月中旬に延期
富良野市内のホテルを応援する「ふらの観光協会&もりもとグループ ありがとうキャンペーン'20春」展開
道内最大規模の「北海道産品取引商談会」が、新型コロナ影響で初の中止に
鮮やかなクリアグリーン、網走ビール「知床ドラフト」が一新。より飲みやすく爽やかフルーティに
 機能性新ジャンル「サッポロ 北海道 OFF STYLE」の売上の一部を寄付。サッポロビールが北海道農業を支援 (2020-07-16 18:19)
 新感覚の青果店でススキノを元気に。水戸青果「ワタシノマルシェ」OPEN (2020-06-16 13:20)
 「北海道舞踏フェスティバル2020」 新型コロナの影響で札幌公演を7月中旬に延期 (2020-05-31 12:18)
 富良野市内のホテルを応援する「ふらの観光協会&もりもとグループ ありがとうキャンペーン'20春」展開 (2020-04-20 15:01)
 道内最大規模の「北海道産品取引商談会」が、新型コロナ影響で初の中止に (2020-04-10 10:53)
 鮮やかなクリアグリーン、網走ビール「知床ドラフト」が一新。より飲みやすく爽やかフルーティに (2020-04-02 17:13)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
アサヒビール方針説明会で2020年は主力生ビール・スーパードライに経営資源集中
    コメント(0)