さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 【北見市発】日本一のタマネギを支える北見通運

2019年11月13日

【北見市発】日本一のタマネギを支える北見通運

【北見市発】日本一のタマネギを支える北見通運
北見通運が導入した積載量1.5倍の新トレーラー

北見市の物流老舗・北見通運(舛川誠社長)は、生産量日本一を誇るまちの特産品タマネギの選果場への輸送が活発化する時期に合わせて、従来の1・5倍となる18基のコンテナを積載可能な新トレーラーを2台導入し、10月7日より運用を開始。タマネギ輸送の効率化に寄与するこの取り組みは日刊紙でも大きく紹介されたが、同社は今年春に同市西相内地区でJAきたみらい(本所・北見市、西川孝範組合長)が建設した国内最大規模のタマネギ集出荷選別施設においても運営管理全般を受託。また同社は圃場集荷も行なっていて、畑から選別、箱詰めを経て消費地まで至るタマネギ流通の一連の行程を一手に担うことで、北見産タマネギの商品価値向上に長年にわたり大きく貢献している。

1日当たり400~500トンの選果作業が可能となった西相内の新しいタマネギ集出荷選別施設。ここには120人を超える北見通運のスタッフが従事している。同施設に先立ち完成した同じ敷地内の冷蔵貯蔵施設の機能も併せて、この施設の稼働で出荷期間を従来よりも大幅に伸ばすことが可能となり、北見産タマネギの安定供給を実現させた。このタイミングに合わせて、輸送の効率化も図ろうと実施されたのが、先に触れた積載量1・5倍の新トレーラー導入だ。費用は2台でおよそ2500万円。

【北見市発】日本一のタマネギを支える北見通運
国内最大規模のタマネギ集出荷選別施設における管理・運営を受託。北見産タマネギの高付加価値化にも貢献する

なお北見地域におけるタマネギ選果施設の運送事業者への運営委託は、30年以上も前から行なわれていたもので、同社のほか日本通運が訓子府や端野地区の選果場の業務を受託している。だが同社の選果場管理運営のノウハウはほかの作物にも活かされ、現在は小麦の大規模乾燥調製施設の運営全般も受託している。
 

その北見通運だが来年9月に創業70年の節目を迎える。これに先立つ今年11月1日には舛川誠社長が北見商工会議所の新会頭に就任。北見経済全体を盛り上げる顔役になった。新たな動きが相次ぐ同社のこれからの展開も注視していきたい。


タグ :北見市


Posted by 北方ジャーナル at 08:45│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
【北見市発】日本一のタマネギを支える北見通運
    コメント(0)