さぽろぐ

  新聞・ニュース  |  札幌市東区

ログインヘルプ


 › 月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ › 生活(医療・教育・食・イベント・お得情報) › サッポロ、アークスが黒ラベル「花火缶」を通じシマフクロウ保護

2019年09月13日

サッポロ、アークスが黒ラベル「花火缶」を通じシマフクロウ保護

サッポロ、アークスが黒ラベル「花火缶」を通じシマフクロウ保護
寄付金目録贈呈後の記念撮影(左から横内龍三・北海道シマフクロウの会理事長、猫宮一久・ラルズ社長、住吉徳文・サッポロビール博物館館長)

国内ビール大手のサッポロビール(髙島英也社長)と同スーパーマーケット大手のアークス(横山清社長)は連携して、絶滅危惧種に指定されている天然記念物で北海道を象徴する鳥でもあるシマフクロウの保護に寄与する活動を実施。4月22日から6月30日まで北海道及び北東北のアークスグループ330店舗で、1缶販売するごとに1円をNPO法人北海道シマフクロウの会への寄付金に充てる限定商品サッポロ生ビール黒ラベル「花火缶」(350ml)を販売した。
この取り組み終了からおよそ2カ月が経過した9月11日、両社は同NPOが事務局を置く札幌市中央区の北海道二十一世紀総合研究所で、「花火缶」の60万本販売に伴う寄付金60万円の贈呈式を行なった。

サッポロ、アークスが黒ラベル「花火缶」を通じシマフクロウ保護
両社に謝意を示す横内理事長

プレゼンターとして出席したのは、サッポロビール側からサッポロビール博物館の住吉徳文館長、アークス側は子会社ラルズの猫宮一久社長。贈呈先の北海道シマフクロウの会からは横内龍三理事長が出席した。
寄付対象商品の「花火缶」は、アークスのコーポレートカラーである黄色とオレンジを基調とした花火を背景に、ひょっとこのお面を頭にのせたニッコリとした表情のシマフクロウをあしらったもの。アークス横山清社長のアイディアを基に札幌出身のアートディレクター野村ソウ氏がデザインした。

サッポロ、アークスが黒ラベル「花火缶」を通じシマフクロウ保護
4月23日にサッポロファクトリーで行なわれた、「花火缶」キックオフセレモニーの様子

寄付金贈呈式では、猫宮社長が「サッポロビールとはこういった取り組みを機会にオール北海道でしっかり手を組み、地域愛着の精神で発展並びにお客様の幸せづくりに寄与していきたい」、住吉館長は「(アークスとは)共に北海道で根付いた企業ということで、今後も北海道に貢献できる事業を進めていきたい」、横内理事長からは「両社のご厚意を励みにして、生物多様性の保全に一層努力していきたい」と、それぞれ挨拶で心境を述べた。





同じカテゴリー(生活(医療・教育・食・イベント・お得情報))の記事画像
北海道を応援するアサヒビール、二つの寄付金贈呈式
東京在住の川柳作家・乱鬼龍さんが札幌などでお正月興行
テーマは「半農半Xな生き方」。北海道有機農業研究会が2月4日、札幌市「かでる2・7」で学習会
ホテルオークラ札幌が館内全体で釧路の魅力を発信する1カ月。令和初の年明け 1月からは「釧路フェア」を盛り上げる
ホクレン創立100年を機にオリジナルアニメ「from North Field」を制作。12月19日よりYouTube配信
豊かなオホーツク海の恵み、牧場や大自然の恵みが盛り沢山。札幌市での「興部町物産展」が大賑わい
 北海道を応援するアサヒビール、二つの寄付金贈呈式 (2020-01-20 16:55)
 東京在住の川柳作家・乱鬼龍さんが札幌などでお正月興行 (2020-01-08 14:07)
 テーマは「半農半Xな生き方」。北海道有機農業研究会が2月4日、札幌市「かでる2・7」で学習会 (2020-01-06 13:06)
 ホテルオークラ札幌が館内全体で釧路の魅力を発信する1カ月。令和初の年明け 1月からは「釧路フェア」を盛り上げる (2019-12-27 18:01)
 ホクレン創立100年を機にオリジナルアニメ「from North Field」を制作。12月19日よりYouTube配信 (2019-12-23 08:40)
 豊かなオホーツク海の恵み、牧場や大自然の恵みが盛り沢山。札幌市での「興部町物産展」が大賑わい (2019-12-19 10:46)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

QRコード
QRCODE
削除
サッポロ、アークスが黒ラベル「花火缶」を通じシマフクロウ保護
    コメント(0)